関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション展 (感想後編)【三菱一号館美術館】

今日は前回に引き続き三菱一号館美術館の「印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション展」についてです。前編は1章の印象派の前後についてご紹介しましたが、今日はそれ以降のフォーヴやエコール・ド・パリの時代の章についてです。まずは概要のおさらいです。
 
 → 前編はこちら

DSC08565.jpg

【展覧名】
 印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション展

【公式サイト】
 https://mimt.jp/ygc/

【会場】三菱一号館美術館
【最寄】東京駅/有楽町駅

【会期】2019年10月30日(水)~2020年1月20日(月)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 2時間30分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_③_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
後半も引き続き各章ごとに気に入った作品と共にご紹介していこうと思います。


<2章 フォーヴから抽象へ ~モダン・アートの諸相~>
2章は色彩が野獣のようだと言われたフォーヴィスム、幾何学的で多面的な作風のキュビスム、平坦な色面などを用いる総合主義、既存の美術に囚われない素朴派など印象派以降の作品が並んでいました。こちらも有名な画家の作品ばかりとなっています。

41 アンリ・マティス 「緑と白のストライプのブラウスを着た読書する若い女」 ★こちらで観られます
こちらは緑と白のストライプの服の女性が額に手を当てて肘をついて読書をしている様子が描かれた作品です。全体的に色鮮やかで、全体的に単純化され背景に装飾的なカーテンが見えています。解説によるとこれはマティスのニース時代の作品のようで、フォーヴィスムを始めた頃に比べて色がぶつかりあうような強さではなく、調和の取れた色彩になっているように思えました。この頃のマティスの作品は本当に素晴らしい。

マティスは他にも「静物、花とコーヒーカップ」という静物(これもニース時代)などもありました。他にフォーヴィスムと交流があったけど穏やかな作風のマルケなども並んでいます。

49 アンリ・ルソー 「工場のある町」 ★こちらで観られます
こちらは煙突のある工場と、その周りの風景を描いた作品です。何故か煙突は手前の木に隠れ気味となっていて、手前は畑が広がり所々に人影らしきものが描かれています。人々はやけに小さくて、家や道ともサイズが合っていないのがルソーらしい素朴さですw 穏やかな光景だけどどこか超現実的な雰囲気を感じる作品でした。

この近くにはボナールの「靴下をはく若い女」もありました。後の妻のマルトを描いた作品です。

51 ジョアン・ミロ 「シウラナ村」
こちらは抽象画で有名なミロが初個展を開いた時の風景画で、当時はフォーヴやセザンヌ的な作風となっていたようです。病気療養したカタルーニャの風景で、家々・丘陵・木々などをちょっとぐにゃぐにゃした感じで強い色彩で描いています。ミロのこうした作風の時代は中々見る機会がないので、これは目新しく感じられました。

39 ジョルジュ・ルオー 「ジョルジュ・ルオー」
こちらは帽子にバラの髪飾りを付け、真珠のネックレスを身につけた目の大きな女性を描いた作品です。太い輪郭で描かれ、パッチリした目が印象的な美人で、唇とバラの赤が目を引きました。宗教的な画題が多い画家だけに少し珍しいようにも思えました。

ルオーはこれを入れて3点ほどありました。その先にはピカソやブラックのキュビスム作品もありました。

55 ワシリー・カンディンスキー 「結びつける緑」 ★こちらで観られます
こちらは円・楕円・三角・四角・線などの幾何学的なモチーフを組み合わせた抽象画です。組み合った部分の色が重なって見えたり、違う色になっていたりと色彩もリズムとバランスが取れていて、どこか宇宙的なものを感じます。解説によると、これはカンディンスキーがバウハウスで教鞭を摂っていた頃の作品とのことでした。カンディンスキーは音楽が好きだったので、絵にも音楽のような軽やかさが感じられると思います。

46 モーリス・ド・ヴラマンク 「大きな花瓶の花」
こちらは花瓶に入った花を描いた縦長の作品です。平坦で大きな筆跡がそのまま残っていて、原色で暗い色と明るい色を使い分けて力強く強烈な色彩となっています。花が迫りくるような雰囲気すらあるかな。まさにフォーヴといった感じの色彩感覚でした。

この辺はヴラマンクの作品があり、「村はずれの橋」という作品ではセザンヌからかなり影響を受けたのがよく分かりました。こうした画風の変遷過程が分かる作品も貴重ですね。
今回は三菱一号館美術館の所蔵品であるルドンの「グラン・ブーケ」も展示されていました。


<3章 エコール・ド・パリ~前衛と伝統のはざまで~>
最後の3章はエコール・ド・パリと呼ばれる主に外国からパリに集まった画家たちの作品が並んでいました。エコール・ド・パリは画風が統一された画派ではなく、それぞれが個性的な作風となっています。吉野石膏のコレクションはその中でも特にシャガールが充実しているようでした。

57 モーリス・ユトリロ 「モンマルトルのミュレ通り」 ★こちらで観られます
こちらはユトリロの中でも特に評価の高い「白の時代」に描かれた作品で、建物の上のほうから通りを見渡すように描いた風景画となっています。長い階段があり、画面上部には白いサクレクール寺院が堂々たる姿で描かれ、当時のモンマルトルの日常風景が目の前に広がるような感じです。どんよりした空がやや寂しく、道の質感などにユトリロの個性が感じられました。解説によると、この通りは今ではユトリロ通りと呼ばれてるようです。

この辺はユトリロの作品が並んでいました。色彩の時代の作品もありました。

59 マリー・ローランサン 「五人の奏者」
こちらは5人の女性の群像で、神話の中の人物のような格好でいずれも白く透き通るような肌をしています。淡く優美な色調で、手を挙げたりして動きのあるポーズをしています。ややメルヘンチックな画風で、ローランサンの特徴がよく現れているように思えました。

62 モイーズ・キスリング 「背中を向けた裸婦」
こちらは裸婦の背中を描いた肖像で、背景はオレンジ色となっています。頭を布で巻いてこちらをチラッと振り返っていて、妖艶な雰囲気に思えるかな。非常に滑らかな肌で背景の色と相まって、温もりまで伝わってくるような描写となっていました。

この近くにはドンゲンの作品もありました。

63 マルク・シャガール 「パイプを持つ男」
こちらはシャガールがパリに出てきた頃の作品で、パイプ(というよりはピストルのように見えるw)を持って首を傾げているような男性像となっています。目の周りが黒かったり割と沈んだ色調で、キュビスム的な印象を受ける画風です。ややぎこちなさも感じられ、荒削りな部分もあるように思えました。

この部屋は10点程度のシャガールの作品が並びます。お馴染みのモチーフが多用され、シャガール独特の世界が広がります。

67 マルク・シャガール 「夢」
こちらは第二次世界大戦でアメリカに亡命していた頃に完成させた作品です。テーブルに座る男性と、街の上に浮かぶウェディングドレスの女性が描かれ、空にはバイオリンを弾く馬や人、空飛ぶ絨毯みたいなものも描かれています。解説によると、これを完成させたのは最愛の妻ベラを亡くした直後だったそうで、そのせいか男性は1人ぽつんと佇んでいるようにも思えます。ウェディングドレスの女性は神々しく、恐らくベラの花嫁姿を回想しているのではないかと思えました。寂しくも美しい夢想の世界です。

72 マルク・シャガール 「グランド・パレード」 ★こちらで観られます
こちらは92歳頃の作品で、サーカスの舞台と客席が描かれ 周りにはヴァイオリンや笛を演奏する人たち、馬、裸婦、ブランコをする人、花束を持って浮かぶ男などの姿が描かれています。赤・緑・青・紫・オレンジといった色彩がブロックごとに分かれているような感じで、不思議と調和して温かみのある雰囲気です。様々な感情が1枚に表されたような晩年とは思えないほど生命感ある作品でした。


ということで、後半も素晴らしいコレクションの数々を観ることができました。本当に有名な画家の作品が多いので、美術に詳しくない方もこの展示を観れば近代以降の西洋絵画の主要な流れを知ることが出来るのではないかと思います。幅広い層にオススメの展示です。



記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション展 (感想前編)【三菱一号館美術館】

前回ご紹介したカフェに寄った後、三菱一号館美術館で「印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション展」を観てきました。メモを多めに取ってきましたので、前編・後編に分けてご紹介していこうと思います。

DSC08563_20191113015322f76.jpg

【展覧名】
 印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション展

【公式サイト】
 https://mimt.jp/ygc/

【会場】三菱一号館美術館
【最寄】東京駅/有楽町駅

【会期】2019年10月30日(水)~2020年1月20日(月)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 2時間30分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_③_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
多くのお客さんがいて場所によっては人だかりができるような感じでしたが、概ね自分のペースで観ることができました。

さて、この展示は吉野石膏株式会社の西洋画コレクションを一挙に公開する内容で、特に印象派前後の時代の作品が並んでいました。吉野石膏は社内の創造的環境作りを目的に1970年代に日本近代絵画を集め始め、1980年代後半からはフランス絵画の収集に力を入れたようです。1991年には創業の地である山形県の山形美術館に作品を寄託し、以降も寄託を続けています。特にモネとピサロは優品が多く、ルノワールも初期から晩年まで重要作品を所有しているようです。詳しくは各章ごとに気に入った作品と共にご紹介していこうと思います。


<1章 印象派、誕生 ~革新へと向かう絵画~>
まずは印象派を中心としたコーナーです。ここには印象派に先駆けて風景・風俗を描いたバルビゾン派の作品や、印象派に影響を受けたセザンヌ、ゴッホなどまで有名画家の作品ばかりが並んでいました。

1 ジャン=バティスト・カミーユ・コロー 「牧場の休息地、農婦と三頭の雌牛」
こちらはバルビゾン派のコローの作品で、縦長の画面の半分は並木が描かれ、手前の牧草地には3頭の牛たちと杖をついた農婦の姿が描かれています。ややぼんやりした描写はコローらしい叙情的な雰囲気を出していて、のんびりとした理想郷のようにも思えました。

この隣にも晩年のコローの作品がありました。写実的でもあり幻想的でもある作風です。

3 ジャン=フランソワ・ミレー 「群れを連れ帰る羊飼い」
こちらはバルビゾン派のミレーのパステル画です。夕暮れの中でマントと帽子姿の羊飼いが道を歩いていて、傍らには犬、後ろには沢山の羊たちの姿も描かれています。空には三日月があり、全体的にオレンジがかっていることもあって郷愁を誘う風景となっていました。1日の労働の終わりを感じさせる1枚です。

4 ジャン=フランソワ・ミレー 「バター作りの女」 ★こちらで観られます
こちらはミレーが最後にサロンに出品した作品で、ミルクを入れた桶に攪拌棒を入れてバターを作っている農婦が描かれています。足元には猫がすり寄って邪魔してるのが可愛いw また、右の背景には室内の様子をじっと伺う鶏の姿もあって微笑ましい印象を受けます。さらにその背景には向かいの建物や草原のような風景も見えていて、幾重にも空間が重なる構図も面白く思えました。一方、女性は堂々たる雰囲気で、労働讃歌を感じさせる主題です。

29 カミーユ・ピサロ 「ポントワーズの橋」
こちらは印象派のまとめ役だったピサロの作品で、橋の近くから川と川沿いの風景画描かれています。塀の上にもたれて川の様子を観る女性や、数人の人々の姿があり のんびりしているように見えるかな。背景の街は煙突から煙を上げていて工業化しつつある光景のようです。全体的に淡い色彩で優しい雰囲気となっていました。解説によると、これは第4回印象派展の出品作なのだとか。

28 カミーユ・ピサロ 「モンフーコーの冬の池、雪の効果」
こちらもピサロで、友人の画家リュドヴィク・ピエットの所有地だったモンフーコーの池を描いています。雪景色で全体的に青白い色彩となっていて、池で3頭の牛が水を飲み 牛飼いらしき人の姿もあります。中央に二股に分かれた木が大きく描かれているのが大胆な構図で、これは恐らく浮世絵からの影響と思われます。寒々しいけれど寂しいというよりは しんみりとした雰囲気に思えました。

この部屋はピサロの名品が並んでいました。点描を取り入れた時期の作品などもあります。

18 アルフレッド・シスレー 「ロワン川沿いの小屋、夕べ」
こちらは最も印象派らしい印象派と言われたシスレーの晩年(亡くなる3年前)の作品です。やや高い位置から川の流れを描いていて、川は大きくカーブし向かい側にはこんもりした木々が並びます。手前には小さな小屋がいくつかあって、のどかな光景です。明るい色彩で清々しい雰囲気となっていて、穏やかな光が感じられました。晩年まで印象派を貫いたのがよく分かる1枚です。

この部屋はシスレーの作品がいくつかありました。「モレ=シュル=ロワン、朝の光」なども良い作品です。

22 ピエール=オーギュスト・ルノワール 「シュザンヌ・アダン嬢の肖像」
DSC08573_20191113015327e9f.jpg
こちらは今回のポスターにもなっている作品で、写真は休憩室にあった撮影可能な複製画です。この娘は10歳の少女で、ブリジストン美術館が所蔵する「少女」と同じモデルとなっているようです。青い目が印象的で、微笑んでいるようにも見えるかな。ルノワールにしては輪郭がしっかりしていて「アングル様式」と呼んだ新古典主義に回帰した頃の作品のようです。肌の色が透き通るようで子供らしい瑞々しさを感じる一方で、大人のような理知的な雰囲気も持っているように思えました。
 参考記事:ルノワール-伝統と革新 感想前編 (国立新美術館)

26 エドガー・ドガ 「踊り子たち(ピンクと緑)」
DSC08567.jpg
写真は休憩室にあった撮影可能な複製画です。緑の服とピンクのスカートのバレリーナが2人描かれ、背を向けて舞台袖に立っているようです。1人は腰に両手を当てていて、もう1人は舞台を伺いながら手のひらを向けて制止しているように見えます。画面右の方で見切れているのも大胆な構図で、まるでこの場に居合わせたような臨場感と緊張感がありました。ドガらしい要素が詰まった1枚です。

21 ピエール=オーギュスト・ルノワール 「庭で犬を膝にのせて読書する少女」 ★こちらで観られます
こちらは膝に黒い犬を乗せて草むらで読書する少女が描かれた作品です。頬に手を当てて静かな雰囲気となっていて、ドレスは縞模様を流れるような筆致で描いています。これは第1回印象派展が開かれた年の作品のようで、まだ印象派としての画風が強めのように思えました。

この辺はルノワールの作品が並んでいました。肖像画が多めです。

9 クロード・モネ 「サン=ジェルマンの森の中で」
DSC08575.jpg
写真は休憩室にあった撮影可能な複製画です。こちらはトンネルのように木々に囲まれた森の風景で、奥へと続いていて色とりどりの葉っぱが明るく感じられます。筆跡がそのまま残っていて、原色の絵の具を混ぜないで重ねるという印象派の技法が特によく分かる作品じゃないかな。まるで抽象画のようにも思える点も斬新に思えます。

この辺にはモネのロンドンの霧を描いた作品などもありました。

12 クロード・モネ 「睡蓮」
DSC08571_201911130153255a1.jpg
写真は休憩室にあった撮影可能な複製画です。こちらはモネの代名詞的な水辺の睡蓮を描いた作品です。水面には鏡のように空の雲や周りの木々が写っていて、実景と反射が混じり合った画面となっています。割と具象的な感じが残っていて形がハッキリしているように思えるかな。柔らかく爽やかな色調の作品でした。

34 ポール・セザンヌ 「マルセイユ湾、レスタック近郊のサンタンリ村を望む」
こちらは近代絵画の父とも呼ばれるセザンヌの作品で、海辺の街を描いた風景画となっています。四角形の家々が立ち並び、教会やいくつかの煙突など幾何学的なモチーフが多めかな。平坦で全体的に青みがかった色調となっていて、短い線状の筆致などセザンヌ独特の表現も観られました。

35 フィンセント・ファン・ゴッホ 「雪原で薪を運ぶ人々」
こちらはゴッホがオランダにいた頃(ハーグ派に影響を受けていた頃)の作品で、雪原を4人の農民たちが薪を背負って歩いている様子が描かれています。やや項垂れていて疲れた感じが滲み出ていて労働のきつさが伺えます。背景には大きなオレンジの夕日があるものの、全体的に沈んだ色彩となっていて、人物はずんぐりした感じの描写となっていました。労働への畏敬や自然の厳しさを感じる作品です。

この近くにはマネの肖像画などもありました。


ということで、前半だけでも名品の数々を観ることが出来ました。割と展覧会で見慣れた作品が多いようにも思えますが、それだけ名品揃いだと言えます。これだけまとまって観られる機会は無かったので満足度も高めでした。後半はフォーヴやエコール・ド・パリの作品が並んでいましたので、次回はそれについてご紹介の予定です。



記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



Surface and Custom 【資生堂ギャラリー】

前回ご紹介した展示を観た後、資生堂ギャラリーで「Surface and Custom ジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダ、サーラ・ドゥラート、ピエール・ルギヨン、クララ・リーデン、カリッサ・ロドリゲス、竹岡雄二」という展示を観てきました。この展示は撮影可能となっていましたので写真と共にご紹介していこうと思います。

DSC08513_20191108011158be5.jpg

【展覧名】
 Surface and Custom
 ジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダ、サーラ・ドゥラート、ピエール・ルギヨン、クララ・リーデン、カリッサ・ロドリゲス、竹岡雄二

【公式サイト】
 https://www.shiseidogroup.jp/gallery/exhibition/index.html

【会場】資生堂ギャラリー
【最寄】銀座駅 新橋駅など

【会期】2019年10月18日(金)~12月22日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間20分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_②_3_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_③_4_5_満足

【感想】
空いていて快適に鑑賞することことができました。

さて、この展示はベルリンを拠点に活動する新進気鋭のアーティスト・デュオ「ジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダ」が選んだ5名のアーティスト、サーラ・ドゥラート、ピエール・ルギヨン、クララ・リーデン、カリッサ・ロドリゲス、竹岡雄二の作品が並ぶ内容となっています。と言ってもそれぞれ数点程度なので15分くらいで観られる小規模な展示です。ジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダは資生堂とも関係が深いようで、資生堂のビジュアルイメージの変遷などを交えた作品もありました。詳しくは写真と共にご紹介していこうと思います。

ジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダ 「Moulting」
DSC08541_201911080112080b2.jpg
こちらは階段付近にあった今回の展示のテーマとなる作品です。1923年~1959年までの資生堂の広告や雑誌から抜粋された80枚のスライドショーで、タイトルは脱皮や羽化を意味するそうです。このスライドではモダンな女性が映され、気品溢れる姿となっていました。

こちらもスライドの1つ
DSC08542.jpg
こちらは銀座の町かな。いくつもの写真をコラージュしたような感じで、サイズがまちまちでミニチュアみたいな印象を受けます。みんな洒落た格好で楽しげな雰囲気です。

こちらもスライドで、花椿の表紙
DSC08545_20191108011211bac.jpg
カンディンスキーの絵などを彷彿とさせる抽象となっています。躍動感があって生き生きとしたイメージとなっていました。

続いてメインフロアの展示です。

クララ・リーデン 「ライトボックス」
DSC08519_201911080111597f3.jpg
こちらは部屋の中央に置かれていた4点セットの立体作品。東京の路上で拾った素材で作っているらしく、椅子の足とか標識などをダンボールと組み合わせていました。ちょっと意味は分かりませんが、大量生産品を使っているけど割と手作り感があったように思えました。

竹岡雄二 「マルセル・デュシャン[自転車の車輪] 1913へのオマージュ」
DSC08521.jpg
こちらはマルセル・デュシャンの「自転車の車輪」の台座となった椅子を描いたもの。って、主役の車輪じゃないのかよ!とツッコミたくなりますが、このドローイングでは彫刻における台座の必要性・不必要性についてを考察しているそうです。あの作品は既製品を組み合わせているので、椅子も台座というより作品の一部のように思っていましたが…w 見た目以上に深い意味のある作品です。
 参考記事:マルセル・デュシャンと日本美術 (東京国立博物館 平成館)

竹岡雄二 「オーギュスト・ロダン[青銅時代]」
DSC08526_20191108011202e84.jpg
こちらもロダンの作品の台座を描いたもの。もはや只の平べったい段差みたいなw ちょっと可笑しく思えますが、彫刻家の中では私が思っている以上に台座の存在の論議は尽きることがないようです。

サーラ・ドゥラート 「ケルン大聖堂」
DSC08528_201911080117246c1.jpg
こちらはドイツの有名なケルン大聖堂の素描。濃淡のみで荘厳な尖塔を見事に表現しています。日本で言うと鎌倉時代くらいから明治時代くらいまでかけて作ってたとてつもない聖堂だけに装飾も複雑で圧倒的な存在感ですね。

ピエール・ルギヨン 「メリダ絵画(メートル毎の切り売り)」
DSC08534_2019110801120648d.jpg
こちらは5点ならんでいて、タイトルの通り1mごとに本当に切り売りしているようで、約7万円で買うことができるようですw(しかもどんどん値上がりしていく)今まで23枚売れたのだとか。

アップするとこんな感じ。八女市の絣(かすり)で作られたテキスタイルです。
DSC08530.jpg
作者はメキシコの都市メリダのバーで観た迷彩風の壁に魅了され、それを織物で再現しているようです。パターン化されているように見えるけど1つ1つ微妙に異なる模様らしく、和と洋の融合といった雰囲気です。それにしても今回の展示でも買う人は現れるのかな??

カリッサ・ロドリゲス 「The Maid」
DSC08531_201911080112055be.jpg
こちらはシェリー・レヴィーンの彫刻シリーズ「ニューボーン」を搬送している映像が移されていました。アート作品を取り巻く流通などを通して関係者を家族と見なしているとのことですが、ちょっと映像ではそうしたところまでは分からなかったかなw 卵みたいな形の美しい作品が如何に運ばれていくかは中々興味深いものがありました。


ということで、解説があっても中々難解な作品が多かったようにも思えますが、面白い発想の作品もありました。ここは無料で観られますので、銀座に行く機会があったら寄ってみるのもよろしいかと思います。



記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



日本のアートディレクション展 2019 【ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)】

今日は写真多めです。前回ご紹介した展示を観た後、ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)に移動して「日本のアートディレクション展 2019」を観てきました。この展示は撮影可能となっていましたので、写真を使ってご紹介していこうと思います。

DSC08361_20191107220455653.jpg

【展覧名】
 日本のアートディレクション展 2019

【公式サイト】
 http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=1&seq=00000741

【会場】ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
【最寄】銀座駅

【会期】2019年10月23日(水)~11月16日(土)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間40分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_③_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
意外と多くの人で賑わっていて、場所によっては人だかりができるような感じでした。

さて、この展示は日本を代表するアートディレクター79名により構成される「ADC」(正式名称:東京アートディレクターズクラブ)の全員が審査員となって行われる年次の公募展で、日本の広告やグラフィックデザインの先端の動向を反映するアートディレクション賞となっています。今年度は2018年5月から2019年4月までに発表・使用・掲載された約8,500点の中から受賞作品・優秀作品を紹介する内容となっていました。以前に観た日本グラフィックデザイナー協会の展示とはまた別のようですが、割と同じ作品もあったかな。詳しくは写真を使ってご紹介していこうと思います。なお、デザイナー等関係者の名前がかなり多いので、今回は作品名だけ記載しておきます。
 参考記事:日本のグラフィックデザイン2019 (東京ミッドタウン・デザインハブ)

「酔独楽のジェネラルグラフィック、パッケージデザイン、環境空間、マーク&ロゴタイプ」
DSC08367_20191107220456bc1.jpg
こちらは白と黒のサイコロを振って 飲む盃の大きさと酒の等級を決めるという体験型の作品。カラフルな盃が洒落ていて、確かに独楽みたいな形に見えるかな。デザインを使った面白いブランド作りに思えました。

「Yohji Yamamoto hommage M.Cubisme/Mon cher Azzedine のブック&エディトリアル」
DSC08370.jpg
こちらはヨウジヤマモト氏のブックレットかな。大胆な構図で高級感ある写真となっていて、服の魅力が伝わってくるようでした。

「Tartine」
DSC08381.jpg
こちらは菓子メーカープレジィールの新ブランド「Tartine(タルティン)」のパッケージ。ポップで可愛らしく心浮き立つような雰囲気があります。平面的でちょっと絵本のような絵柄が親しみやすい

「AUDREY」
DSC08384_20191107220501221.jpg
こちらも菓子メーカープレジィール「AUDREY(オードリー)」のパッケージ。こちらもテイストは似てるけど乙女チックな感じがするかな。どっちも食べてみたいものですw

「COMME des GARCONS SEIGEN ONO/日本コロムビアのポスター、ジェネラルグラフィック」
DSC08406_201911072205024df.jpg
こちらはADCグランプリ作品。鳥をアップに撮った写真で、特に左から2番目の鳥の顔がインパクト大! 威嚇するようであり叫ぶようであり何かを訴えているように思えました。この写真はポスター以外にCDのジャケットなどにも使われたようで、近くにそうした品も並んでいます。

「AUDIO ARCHITECTURE:音のアークテクチャ展」
DSC08416_20191107220503587.jpg
こちらは21_21 DESIGN SIGHTの展示風景を映像で紹介していました。この展示は斬新な映像と音楽が融合して かなり面白かったのでよく覚えていました。
 参考記事:AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展 (21_21 DESIGN SIGHT)

続いて地下の展示。

「デザインあ」
DSC08422_2019110722050504d.jpg
こちらはNHKの番組「デザインあ」の関連グッズ。「デザインあ展」なども行われ、根強い人気のある番組です。先程の音のアーキテクチャと同じく中村勇吾 氏や佐藤卓 氏、コーネリアスなんかが関わっているので共通するものがあるように思えます。

「JINS Inc.」
DSC08431_201911072205070f7.jpg
こちらは眼鏡のJINSの紙袋やメガネケースなど。だまし絵のように紐と絵が一体化したデザインで、ポップな雰囲気です。紙袋だけでも一気にオシャレなブランドに思えるんじゃないかなw

「コクヨ」
DSC08445_20191107220508ee7.jpg
こちらはコクヨのグラフィックマーカーで、芯を交換できるパステルみたいな商品です。パステルで絵を描くと結構手についたり 短くなって描きづらくなるので、こうしたプロダクトデザインは確かに描きやすそうです。画材も進化しているんですね。

「イッセイミヤケ」
DSC08457_201911072210401e4.jpg
こちらは佐藤卓 氏にようポスター。まるで蛸みたいw 他にもクラゲのように見えるポスターもあって発想が面白い。何度観ても傑作だと思います。

「Sense of Humor展」
DSC08461_20191107221042639.jpg
こちらも昨年の21_21 DESIGN SIGHTのポスター。割とカオスな展示だったけど、浅葉克己 氏のセンスを感じさせる内容でした。このカエルの玩具も表情豊かで迫ってくるようですねw
 参考記事:ユーモアてん。/SENSE OF HUMOR  (21_21 DESIGN SIGHT)

「輝く人のSTAR FLYER」
DSC08471.jpg
こちらは動きと表情が面白く感じられました。ジョジョ立ちみたいなw 右の写真にも小さく飛行機が写り込んでいるのが面白い。

「良品計画」
DSC08490_2019110722104449e.jpg
こちらも絵柄が気に入った作品。直線や三角錐など単純な形のみで自然とキャンプの様子を表していて、ちょっとぼやけた所がノスタルジックな雰囲気もだしているように思えました。それにしても無印のキャンプ場なんてあるんですね。

「東日本旅客鉄道」
DSC08503_20191107221046d20.jpg
こちらは「行くぜ東北」のポスター。遠近感を圧縮して絵画的な構図に思えるかな。電車に乗ったワクワク感が詰まったような光景です。JRのポスターは詩的でどれも傑作揃い。


ということで、見覚えのある品も多く 入選も納得の優れたデザインばかりとなっていました。商品や広告もデザインによって一層に価値が高まるのが見て取れると思います。ここは無料で観られますので、グラフィックデザインに興味がある方はチェックしてみるとよろしいかと思います。



記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



Colliu「ディア マイ プリンス―Dear My Plinth―」 【LIXILギャラリー】

今日は写真多めです。前回ご紹介したLIXILギャラリー1の展示を観た後、隣のギャラリー2でクリエイションの未来展 第20回 清水敏男監修 Colliu「ディア マイ プリンス―Dear My Plinth―」を観てきました。こちらも撮影可能となっていましたので、写真を使ってご紹介していこうと思います。

DSC08324_201911070134439d7.jpg

【展覧名】
 クリエイションの未来展 第20回 清水敏男監修 Colliu「ディア マイ プリンス―Dear My Plinth―」 

【公式サイト】
 https://www.livingculture.lixil/topics/gallery/g2-1910/

【会場】LIXILギャラリー
【最寄】京橋駅(東京)

【会期】2019年10月12日(土)~12月24日(火)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間15分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
空いていて快適に鑑賞することができました。

さて、この展示は清水敏男 氏(アートディレクター)、宮田亮平 氏(金工作家)、伊東豊雄 氏(建築家)、隈研吾 氏(建築家)という日本を代表するクリエイター4人を監修者に迎えて3ヶ月毎に行われる現代美術の展示で、今回は女性アーティストでモデルでもあるColliu(コリュ)氏が紹介されていました。Colliu氏は2009年に武蔵野美術大学を卒業して、個展を何度も開催し 六本木アートナイト2015では六本木交差点に作品を展示するなど、現在活躍中のアーティストです。一方では企業広告から雑誌、ファッションショーで活躍するモデルでもあり、多才な方のようです。その作品はドローイングや絵画、立体、インスタレーションなど様々なメディアに渡るようで、普遍的な親しみを感じる作風が特徴となっています。今回の展示では「台座」をテーマにしていて、楽しげな作品が並んでいました。解説と作品名は無かったので、簡単に感想のみを書いていこうと思います。

会場内はこんな感じ。
DSC08326_201911070134446fe.jpg
1部屋のみですが、明るく爽やかな色彩で楽しげな空間となっています。

こちらは踊る人々を表した作品。
DSC08327.jpg
台座をテーマにということですが、青いカーペットが台座なのかな? それも含めて作品だと思われます。平面的なのも含めてマティスのダンスが飛び出てきたような印象を受けました。動きがあって生き生きしていました。

こちらは赤い円形は背景で、緑の台座に白い瓶が乗っているような作品です。
DSC08328_20191107013447ac6.jpg
こうして写真にすると遠近感が分からなくなるような色面を使ったシンプルさが特徴と言えそうです。この色彩が軽やかでポップに感じられます。

こちらも形態と色彩感覚が好みの作品。
DSC08330_20191107013449594.jpg
この単純化にセンスを感じます。やはりマティスやブラックに通じる感性じゃないかな。

会場の隅に謎の人物像がw
DSC08333.jpg
ちょっとトボけた表情をしていて可愛い。

こちらは階段状に台座が並んでいました。
DSC08334.jpg
個々の作品だけでなく空間そのものを表現しているように思えます。この黄色い台座がリズムを生んでいますね。

こちらはもはや作品なのか台座なのか判別できませんw
DSC08336_20191107013453be2.jpg
白い床にシンプルな赤が美しい。会場自体がモンドリアンの絵のような引き算の美学を感じさせます。

こちらも独特な台座に座っている人物像
DSC08337_201911070134550ae.jpg
乗っているのは裸婦像かな? キュビスム的な幾何学性があって、昔の巨匠の作品を思い起こさせます。

こちらも台座に乗った立体作品。
DSC08340.jpg
いずれも台座の色と共に調和している感じがあります。ちょっとプリミティブな感じの人物像が特に面白い

こちらも人物像の作品
DSC08343.jpg
青い部分は台座ではなく壁に色が塗ってあります。即興的で自由闊達な雰囲気です。

人物像のアップ
DSC08344.jpg
こちらもキュビスム彫刻のようで平坦でもあるのが面白い。この単純化具合が特にセンスを感じました。


ということで、詳しいことは分かりませんでしたが単純に色や形のリズムが心地よい展示空間となっていました。かなり好みのツボだったので今後も個展があったら観てみたいアーティストです。ここは無料で観ることができるので、京橋・銀座に行く機会があったら ふらっと立ち寄ってみるのもよろしいかと思います。


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

ピックアップ
オランジュリー美術館展
 前編 後編

コートールド美術館展
 前編 後編

バスキア展
 前編 後編

ゴッホ展
 前編 後編

ハプスブルク展
 前編 後編
展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
3位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。