関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

映画「ロケットマン」 (ネタバレあり)

平日のレイトショーで映画「ロケットマン」を観てきました。この記事にはネタバレが含まれていますので、ネタバレなしで観たい方はご注意ください。

DSC05031_20190905014944c9d.jpg

【作品名】
 ロケットマン

【公式サイト】
 https://rocketman.jp/

【時間】
 2時間00分程度

【ストーリー】
 退屈_1_2_3_④_5_面白

【映像・役者】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【総合満足度】
 駄作_1_2_3_④_5_名作

【感想】
レイトショーということもあって意外と空いていました。

さて、この映画はイギリスを代表するミュージシャンの1人であるエルトン・ジョンの半生記で、タイトルはシングル曲から取られたものとなっています。私はエルトン・ジョンについては有名な楽曲についてはよく聴いていますが、アーティスト自身についてはあまり知らない状態で鑑賞に挑みました。しかしエルトン・ジョンは同性婚したLGBTであるのは有名な話なので、イギリスの同性愛者の大物ミュージシャンの人生を描いた映画というと、あの映画の二番煎じにならないか?という一抹の不安がありましたw (監督もボヘミアン・ラプソディを途中から引き継いだ人です)
 参考記事:映画「ボヘミアン・ラプソディ」(ややネタバレあり)

ここからネタバレを含みますが、物語は依存症の更生施設で自分自身の過去について話すという形式で進んでいきます。偏屈な父親とヒステリックな母親の元で愛されていないと感じていた子供時代から始まり、天才的な音楽センスを持っていた事やロックと出会ってロックミュージシャンを目指していく様子などが描かれています。しかし時折ミュージカルのように歌い出して現実から離れたシーンとなるので、事細かに説明する感じではありません。むしろ史実よりもレジナルド(本名。レジー)の内面を重視したような感じかな。
やがてレコード会社の仲介で長年の友となる作詞家のバーニーと出会い、成功への道を進んでいきます。この辺は明るい雰囲気でヒット曲が多く流れてくるのでテンションが上がってきました。しかし成功と引き換えにまた孤独を感じる出来事もあり、やがて新しい出会いや過酷なスケジュールによって段々と心が荒れていく展開となります。エルトン・ジョンはエキセントリックなイメージがありましたが、これを観ていると非常に孤独感に苛まれていたことが伺え、特に両親からの愛を渇望していたのがよく伝わってきます。その反動で薬物や性を求めて行き、ますます泥沼にハマるという悪循環で、この辺りになると重苦しい雰囲気となっていました。派手な衣装で暴れまくるのが逆に痛々しいと言うか…。最後の方についてはネタバレはやめておきますが、終始エルトン・ジョンの孤独との戦いを描いている映画だと思います。

音楽については流石に素晴らしい楽曲で、シーンの雰囲気に合わせて使われています。(とは言え、時代のズレがあるようで、有名曲でも使われていない曲もあるように思います) タイトルの「Rocketman」より「Goodbye Yellow Brick Road」の方が印象的な使われ方をしている気がしないでもないw この映画の制作総指揮にエルトン・ジョンも名を連ねているものの劇中の歌は本人ではなく、エルトン・ジョン役のタロン・エガートンが歌っていますが、これが予想以上に見事でした。俳優とは言えこれだけ歌唱力があるとは。ちなみにタロン・エガートンはキングスマンでエルトン・ジョンと共演していて、そこで信頼を得ていたようです。
 参考記事:映画「キングスマン:ゴールデン・サークル」

と、全体的に良い感じの仕上がりになっている訳ですが、ボヘミアン・ラプソディほど注目されていないのは日本では馴染みが薄いからかも知れません。また、ライブシーンも前半は良かったけど 後半はストーリー的に素直に盛り上がれないかもw 割と話が深刻で後ろ向きなシーンが長めなのがちょっとネック。最後まで楽しめますが、ボヘミアンラプソディのようなカタルシスが欲しかったのは確かです。劇場もimaxが無かったし、色々と惜しい映画でした。


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



映画「天気の子」 (ややネタバレあり)

この間の土曜日に映画「天気の子」を観てきました。この記事にはややネタバレが含まれていますので、ネタバレなしで観たい方はご注意ください。

DSC02317.jpg

【作品名】
 天気の子

【公式サイト】
 https://tenkinoko.com/

【時間】
 2時間00分程度

【ストーリー】
 退屈_1_2_3_④_5_面白

【映像・役者】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【総合満足度】
 駄作_1_2_3_④_5_名作

【感想】
IMAX版で鑑賞しましたが、公開2日目だったこともありほぼ満席の盛況ぶりでした。

さて、この映画は2016年に大ヒットとなった「君の名は。」の新海誠監督が手がけたアニメ映画で、現代の日本を舞台にした内容となっています。
 参考記事:
  創刊40周年記念 ムー展 (パルコミュージアム)
  新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで (国立新美術館)

ここからはネタバレとなりますが、今回も前作の「君の名は。」やそれ以前の新海誠作品に共通する超常現象的な力が話の鍵となっていて、思春期の男女の恋愛も大きな要素となっています。とは言え、前作との共通点も多いけど安易に2匹めのドジョウを狙いに来た訳でもない感じで、これは一般受けしないのでは?という予測が事前にあったのも頷けます。(私は前作を観た時も、そんなにヒットするとは思わなかったのでアテになりませんが…w)

ストーリーは序盤から中盤にかけて大方の予想通りでしたが、それ以降は意外性がありました。私は結構楽しめたものの、納得できない人がいるのも理解できます。これまでの新海誠作品(特に前作)と比べて、共通点と思われるのは
 ・初々しい男女の純粋さを描く点
 ・前半はコメディ要素もある点
 ・現実世界をベースに超常現象が起きる点
 ・日本の神話や古典などを織り交ぜる点
 ・雑誌『ムー』が登場するなど新海誠のオカルト好きが濃く出ている点
 ・RADWIMPSが音楽を担当している点
 ・多彩な雨のシーンが描かれている点。(ちょうど公開された2019年の長梅雨がリンクします)
 ・電車や都内のリアルな描写と、輝くような光の表現
などが挙げられるかな。それ以外はネタバレの核心になりそうなので控えますが、ちょい役でサプライズがあったりして、新海誠の作品のファンなら楽しめる要素は多いと思います。
一方で、今回は主人公たちがあまり共感できない行動を多々引き起こすので、これが一般的なジュブナイル物とは異なる所だと思います。割と無駄に騒動を起こすのがどうなんだ?って気はしますw やってることが子供っぽという意味ではリアルさがあるのかも。

映像と音楽に関しては前作を踏襲している感があるので、この辺はファンにとって期待通りだと思います。今回は協賛企業が多いのかやけに商品やチェーン店舗等が出てくる気はしますが、入念なロケハンが伺えるシーンが多かったように思えます。また、事前に声優に関する不安の声もありましたが、全く違和感がなくてどのキャラも個性的で良かったです。何人か本人にしか聞こえない人もいるけどw


ということで、前作との共通点も多いものの テイストの違いも結構あったように思います。前作を観た時も大満足というほどでも無かったので、これに対して世間がどう反応するのか楽しみでもあります。ちなみに奥さんの反応は私より薄かったので、人によっては微妙に思うのかもしれません。割と賛否が分かれそうな予感がする作品です。

おまけ:
劇場で新海誠ヌードルというのを貰いました。日清も協賛してるのかな? 
DSC02322.jpg
中身は至って普通のシーフードのカップヌードルでした。

おまけ2:
注目の作品だけあってポスター等がいくつかパターンがありました。
DSC02319.jpg DSC02310_20190723020429d9e.jpg



記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



映画「アラジン」吹替版 (ややネタバレあり)

日付が変わって昨日となりましたが、映画「アラジン」を観てきました。この記事にはややネタバレが含まれていますので、ネタバレなしで観たい方はご注意ください。

DSC00219_2019063002193388d.jpg DSC00218_20190630021931995.jpg

【作品名】
 アラジン

【公式サイト】
 https://www.disney.co.jp/movie/aladdin.html

【時間】
 2時間10分程度

【ストーリー】
 退屈_1_2_3_④_5_面白

【映像・役者】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【総合満足度】
 駄作_1_2_3_④_5_名作

【感想】
公開から3週間以上経っているのに2~3時間前には満席という人気ぶりで、子供から大人まで幅広い年齢層が見に来ているようでした。私が観たのは吹替版となりますので、感想はそれについて書いていこうと思います。

この映画の原作は『千夜一夜物語』の『アラジンと魔法のランプ』ですが、どちらかというとディズニーアニメ映画の中でも人気の高い「アラジン」の実写リメイクとなっていて、ランプの魔人ジーニー役にウィル・スミスが起用されたことでも話題になっています。私はアニメの「アラジン」を観たことがあるものの、話は全く覚えておらず主題歌の「ホール・ニュー・ワールド」がアニメと同じというのだけ分かる程度でしたw ここからネタバレとなりますが、話はディズニー映画らしく子供が観ても理解できる分かりやすい展開となっています。恋愛要素もあってカップルで観るのに向いている話でもあると思います。ウィル・スミスのジーニー役がかなりハマっていて陽気で楽しい雰囲気となっていました。また、アニメ版との違いは分かりませんが、この物語のヒロインは待っているタイプではない所に時代を感じます。それ以外も概ね前向きなメッセージ性が強かったかな。ジーニーがちょいちょい挟む小ネタが笑えるし、大人でも十分に楽しめる内容です。

映像については、実写でも違和感がなく青くなってもウィル・スミスはウィル・スミスだったようなw 空飛ぶ絨毯の空中シーンやダンスシーンなどは特に見所で、パレードシーンなどもディズニーランドのショーを観ているような感覚になります。音楽もアニメから引き継いだ曲に加えて「ラ・ラ・ランド」や「グレイテスト・ショーマン」を手がけたチームの新曲もあって、ディズニーらしさを感じるクオリティです。(吹き替えなので歌は日本人が歌っていましたが、そちらも見事だったと思います)  ただ、大道具・小道具は安っぽいというか作り物感があるかな。あまりリアリティを出さないのはディズニーランドも作り物感が強いからそれに合わせているのかも?と勘ぐってみたりw この辺がディズニーと感性が合わない所だったりします…。

ちなみに吹き替え版のジーニー役は安定の山寺宏一 氏。他の映画でもウィル・スミスの吹き替えをやっているこの人以外にありえない人選なので、イメージぴったりでしたw

ということで、人気ぶりも納得のよく出来た映画となっていました。私は付いていく程度で観に行ったのですが、十分に満足できました。ディズニー好きの方はこれを観てディズニーランドに行くと一層楽しめるのだろうと思います。万人が楽しめる作品です。



記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」(ややネタバレあり)

先週の土曜日に映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」を観てきました。この記事にはややネタバレが含まれていますので、ネタバレなしで観たい方はご注意ください。

DSC00217.jpg

【作品名】
 X-MEN: ダーク・フェニックス

【公式サイト】
 http://www.foxmovies-jp.com/darkphoenix/

【時間】
 2時間00分程度

【ストーリー】
 退屈_1_2_③_4_5_面白

【映像・役者】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【総合満足度】
 駄作_1_2_③_4_5_名作

【感想】
公開2日目だけどそれほど混んでなかったかな。3Dも無かったし、アベンジャーズシリーズに比べるとやけに扱いが酷いw

さて、この映画はマーベル・コミックを原作にしたX-MENシリーズの最後となる作品(スピンオフはまだ続く見込み)で、時系列的には「X-MEN: アポカリプス」に続く作品となります。人間関係や設定などの説明は一切ないので、シリーズ通して観ていないと理解できない部分が多いと思われるので、完全にファン向けの映画です。ここからはネタバレとなりますが、フェニックスというのはジーン・グレイの能力全開の時(と制御不能な人格)を指しているのは前の3部作の「X-MEN:ファイナルディシジョン」でも出てきましたが、今回は「X-MEN:フューチャー&パスト」で歴史改変された時間軸での話で、また別物です。X-MENのコミックの原作に「ダーク・フェニックス・サーガ」という人気作があり、それを原作にしている …と言いたい所ですが割と違いが多そうです。 90年代のアニメ版でもダーク・フェニックスをやってたけど、それとも違っているように思います。まあフェニックス編辺りから宇宙人の帝国とか出てきてよく分からなくなった記憶があるので、そっちに寄り過ぎても話がSF要素強すぎになってしまいそうです…w そんな感じでストーリーは原作を引用しつつオリジナルな部分が多いように思えた訳ですが、今回はイマイチ盛り上がりが無かったように思えます。内面の葛藤やチャールズとの関係性を延々とやった上でジーンが暴走しているだけで、このシリーズにあった社会問題的な要素とか歴史的事件などを組み込んだストーリーというのはあまり感じられません。これで終わりで良いの?ってくらい微妙w ファイナルディシジョンの方が絶望感があったし、前作のアポカリプスでもフェニックスがヤバいってのをやってたので、改めてフェニックスを取り扱う割にはそれらを超えていないように思えました。調べたらシリーズで最低の興行成績になりそうとのことで、ちょっと納得w

映像に関しては今回は2Dしか選択肢が無かったのが残念だけど、映像そのものはこのシリーズ通しての安定感がありました。役者も前作を引き継いでる部分が多いので安心です。この辺のクオリティの高さは流石です。

と、つまらない訳ではないものの このシリーズが大好きで期待しすぎた部分があるので これで最後と云うのは少し寂しい感じでした。やはりブライアン・シンガー監督が問題を起こしてポシャった辺りからこのシリーズは衰退してしまった感があります。(前作も途中で解雇されてるし…) まだスピンオフなどは続いて、そのうちマーベル・シネマティック・ユニバース(アベンジャーズの世界)と合流するとの噂もあるので、今後に期待したいところです。



記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



映画「メン・イン・ブラック : インターナショナル」(ややネタバレあり)

日付が変わって昨日となりましたが、2D版の映画「メン・イン・ブラック : インターナショナル」を観てきました。この記事にはややネタバレが含まれていますので、ネタバレなしで観たい方はご注意ください。

DSC09983.jpg

【作品名】
 メン・イン・ブラック : インターナショナル

【公式サイト】
 http://www.meninblack.jp/

【時間】
 1時間55分程度

【ストーリー】
 退屈_1_2_③_4_5_面白

【映像・役者】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【総合満足度】
 駄作_1_2_③_4_5_名作

【感想】
映画の日だったこともあってかほぼ満員という盛況ぶりでした。

さて、この映画は「メン・イン・ブラック」シリーズの最新作で、約7年ぶりで映画としては4作目となります。しかし4とナンバリングされておらず、これは今までのキャラ(トミー・リー・ジョーンズやウィル・スミス)が出てこないことも関係しているかもしれません。ポスターで分かる程度の軽いネタバレすると、代わりに新人の黒人女性エージェントが主役となっていて1~3との繋がりは薄いように思えます。(このシリーズはドラマも4シーズンくらいあるようですが、それは観ていないので繋がりがあるのか私には分かりません) しかし、この作品から観始めるのは結構敷居が高いように思えます。というのも、MIBの組織や特殊な技術についての説明が少ないので、初めて見る人はこの辺の設定についていけるのか疑問です。
 参考記事:映画「メン・イン・ブラック3」(ややネタバレあり)

また、ストーリーについてはすぐに忘れそうなインパクトの無さで、つまらないという訳では無いけどありがちという感じでした。伏線みたいな振りがあったのに、それが回収されず腑に落ちない所もいくつかw また、この映画はコメディ要素も魅力だったのですが、その部分が減ったように思います。変な宇宙人がそれほどいないし、女性エージェントが優等生タイプで、あまり無茶苦茶なことをしないキャラになってるのもちょっと残念。これまでのシリーズとは毛色が変わった感じがします。

映像については2Dで観たのでフルスペックで体験した訳ではないですが、最近のハリウッド映画の標準はクリアしていると思います。乗り物のシーンなどは未来的な雰囲気もあって、この辺はシリーズ通して安定しているように思いました。演技やCGも世界観を自然に感じさせます。


ということで、7年ぶりということで楽しみにしていましたが、期待ほどでは無かったかな。つまらないという程ではなく、単に記憶に残らなそうな気がしますw 3の時も似たような感想を書いて見事に忘れたので、まあ前作同様と言えるかも。興行収入は好調みたいなので次作にまた期待したいところです。



記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

ピックアップ
オランジュリー美術館展
 前編 後編

コートールド美術館展
 前編 後編

バスキア展
 前編 後編

ゴッホ展
 前編 後編

ハプスブルク展
 前編 後編
展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
3位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。