関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

自由学園明日館のカフェ 【自由学園明日館 館内のお店】

前回のご紹介した自由学園明日館の本館を観ている途中で、館内の食堂にあるカフェでお茶をしてきました。食堂内でも撮影可能となっていましたので、食堂のインテリアと共にご紹介していこうと思います。

 → 食堂以外の写真はこちら

DSC_0061_enc.jpg

【店名】
 自由学園明日館 

【ジャンル】
 カフェ 

【公式サイト】
 https://jiyu.jp/tour/ 
 食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13061399/
 ※営業時間・休日・地図などは公式サイトでご確認下さい。

【最寄駅】
 池袋駅 

【近くの美術館】
 自由学園明日館(館内のカフェです)

【この日にかかった1人の費用】
 200円程度(+入館料400円)

【味】
 不味_1_2_3_④_5_美味

【接客・雰囲気】
 不快_1_2_3_4_⑤_快適

【混み具合・混雑状況(日曜日15時頃です)】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【総合満足度】
 地雷_1_2_3_④_5_名店

【感想】
結構多くのお客さんがいましたが席は割と好きに選べる程度でした。

さて、このお店は自由学園明日館(みょうにちかん)の中にある食堂をカフェにしたもので、お店の名前は特にないようです。特徴としては館内で会計するのではなく、建物の入口で入館料を払う際にカフェ付きかどうか聞かれるので、入館料400円に200円追加するとカフェメニューを選べます。(カフェメニューについては後述) 2017年にはNIKKEI STYLEが選ぶ「NIKKEI 文化財カフェ」で東日本1位になったそうで、その魅力は何と言っても世界的な建築家であるフランク・ロイド・ライトによる設計の建物の中でお茶できる点だと思います。勿論、写真を撮ってきたので まずは店内の様子をご紹介していこうと思います。
 参考リンク:NIKKEI STYLE

こちらが食堂。左右対称に出来た幾何学的な部屋となっていますが元々の設計とは異なっているようです。
DSC_0128_enc_20181210230739795.jpg DSC_0064_enc.jpg
ライトが設計した時点ではメインフロアのみで、左側に写っている北の小部屋と、奥の東の小部屋、そしてこの背後の西の小部屋は手狭になったので弟子の遠藤新が増築したものだそうです。元々は窓の外はテラスだったらしく、当時の写真も飾られていました。

ちなみに加工して隠していますが、立って話している人たちは恐らくウェディングの相談をしているようでした。ここは結婚式場としても利用できるので、こちらも使われるんでしょうね。
 参考リンク:ウェディング


続いてこちらは北の小部屋。カフェメニューはここでオーダーします。
DSC_0076_enc_2018121023100157e.jpg
昔はこのフロアの下の階に台所があったそうで、当番の生徒が作ってダムウェーター(昇降機)で上にあげてたそうですが、実際には面倒でバケツリレーしてたというエピソードもあるのだとかw 

こちらは先程写っていなかった西の小部屋。
DSC_0247_enc.jpg
この日はここに座ることにしました。遠藤新の設計ですが、テイストは完全にフランク・ロイド・ライト風です。

西の小部屋の窓。
DSC_0088_enc_201812102310074a8.jpg
この建物はお金をかけずに美しさを演出しているのが特徴で、この幾何学的な模様が何とも優美です。

こちらはテーブルと椅子。
DSC_0085_enc_20181210231010ac0.jpg
この背もたれが六角形の椅子は遠藤新による設計です。前回ご紹介したホールの椅子とも違ってるようです。

椅子のアップ。
DSC_0070_enc.jpg
座り心地は普通の木の椅子ですが、所々のオレンジ色の線がアクセントになって落ち着きの中に華やいだ雰囲気があります。

この食堂でもう1つの見どころがこの天井と照明です。
DSC_0080_enc.jpg DSC_0079_enc_201812102310032ef.jpg
元々は食堂の四隅に照明を取り付ける予定だったのですが、ライトが建設途中に現場を訪れて、少女たちが座って食事する様子を思い浮かべた際、天井までに間が抜けた空間ができてしまうと感じたそうです。そしてその晩に吊り具を設計し、翌日にも現場にきて遠藤新に吊り具を付けさせたというエピソードもあるのだとか。こんな大胆な吊り具を一晩で考えて作ってしまうとは天才過ぎますねw

こちらは暖炉。薪が置かれていました。
DSC_0072_enc.jpg
焦げ跡もあるし、ここもイベント時には暖炉を使うのかな? この建築は暖炉があちこちあるのも特徴なので、探してみるのも面白いです。

大体撮影して気が済んだので、お茶にしましたw

ここでカフェメニューを頼みます。メニューはコーヒーと紅茶のいずれかと焼き菓子です。見学者と施設利用者では値段が違います。
DSC_0059_enc_2018121023125099b.jpg
焼き菓子は2種類だったので、奥さんと1つずつ頼んでみました。これ、200円ってむちゃくちゃお得感があります。

私はコーヒー、奥さんは紅茶にしました。焼き菓子も半分ずつ食べてみました。
DSC_0066_enc.jpg
200円ではそれほど期待できないのでは?と思ったら、コクも香りもしっかりしていて驚きました。お菓子も甘さ控えめでちょうど良い感じです。流石は東日本1位だけあって、ちゃんとしてますw (上野の某遺産の中のカフェも何とかならないものでしょうか…w)

せっかくなので、ミュージアムショップでクッキーも買って一緒に食べてみました。(カフェでは売ってません)
DSC_0091_enc_20181210231253da1.jpg
こちらもゴマや紅茶などの香りが効いていて上品な味でした。お土産に買うのも良さそうです。

ちなみに、この食堂は「明日館レストラン」として年4回ほどレストランメニューとなる日があるようです。
HPを確認すると、
 ・春・4月下旬─5月上旬、夏:8月、秋:2018年10月28日、冬:2019年2月3日
 ・日時限定、年4回、メニュー1回3種
 ・詳細は開催日の3週間くらい前に載せる
と書いてありました。そのタイミングを狙ってみるのも良いかもしれません。
 参考リンク:イベント


ということで、フランク・ロイド・ライトと遠藤新の美しい建物・インテリアに囲まれてお茶できるという非常に贅沢な空間となっていました。入館料と合わせて600円(カフェ分は200円)という破格のサービスにも驚きです。今はそれほど混んでいませんが、池袋のラーメン屋に押し寄せている外国人観光客の波がここに気づくのも時間の問題かも…w 建物好きの方は是非足を運んでみてはと思います。

次回は自由学園明日館の最終回で、講堂と無料コンサートについてご紹介しようと思います。
  参考記事:遠藤新 「自由学園明日館 講堂」(2018年12月)

おまけ:ミュージアムショップで売ってた食堂の椅子のミニチュア
20181202 151839
3500円くらいだったかな。クオリティが高くて かなり迷った末に買いませんでしたが、未だに後ろ髪を引かれる思いですw



記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



カフェ 麦わらぼうし (2018年11月)【三鷹の森ジブリ美術館のお店】

今日でジブリ美術館については最後です。常設・企画展を観た後、美術館の中にあるカフェ 麦わらぼうしというお店で軽い食事を摂ってきました。

DSC07896_20181124011514bff.jpg

【店名】
 カフェ 麦わらぼうし

【ジャンル】
 レストラン・カフェ

【公式サイト】
 http://www.ghibli-museum.jp/cafe/
 食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132002/13010001/
 ※営業時間・休日・地図などは公式サイトでご確認下さい。

【最寄駅】
 吉祥寺駅・三鷹駅

【近くの美術館】
 三鷹の森ジブリ美術館(館内のレストランです)

【この日にかかった1人の費用】
 1500円程度

【味】
 不味_1_2_3_④_5_美味

【接客・雰囲気】
 不快_1_2_3_④_5_快適

【混み具合・混雑状況(日曜日17時頃です)】
 混雑_①_2_3_4_5_快適

【総合満足度】
 地雷_1_2_3_④_5_名店

【感想】
非常に混んでいて、時間によっては入店1時間待ちくらいだったので夕方に再訪したら30分待ちくらいとなっていました。いつも混んでいるようですが閉館近くは流石に減ってくるようです(うっかりするとラストオーダーになってしまうリスクがありますがw)

さて、このお店はジブリ美術館の中にあるカフェで、トトロのメイの麦わら帽子を思わせるロゴがあります。家庭料理が基本となっているようで、季節ごとにメニューも変わるようです。手作り感と温かみのある料理がジブリ作品のイメージに合った感じです。残念ながら店内は撮影不可でしたが、料理はOKとのことでしたので内観以外をご紹介していこうと思います。

こちらは店の前の待合所。この日は11月でやや寒かったですが毛布があったりストーブを炊いていて心配りが感じられました。
DSC07906.jpg
ちなみにこの美術館には麦わら帽子のカフェ以外にテイクアウトできるお店もあります。そっちはそれほど並ばなそうでした。

待合には本もおいてあります。
DSC07909.jpg
絵本から うつほ物語のような作品などもあって、ちょっとジブリっぽいテイストのチョイスです。

奥さんのチョイスはこちらのグリム童話
DSC07918.jpg
読もうとしたら呼ばれましたw 最初に言われていた30分待ちに比べるとやや早かったように思います。

内観は暖炉(本物かは不明)や帽子掛けなどの装飾がありますが基本的には結構シンプルで、屋根の一部がガラスになっていることもあって開放感がありました。

メニューは公式サイトにも載っているのですが、軽食、デザート、飲み物などがあり アルコールも少しだけあるようです。この日はパスタとパイと飲み物を頼みました。

まず最初に来たのがこちらの「よくばりさんのチキンクリームパスタ(1500円)」 お皿にトトロがいます。
DSC07919.jpg
これが予想以上の美味しさで、中に黒いチキンが入っています。恐らく宮崎料理とかにある燻製のチキンで、香ばしさとクリームの取り合わせが絶品でした。

こちらは「ふわふわミルク入りコーヒー(500円)」 麦わら帽子のラテ・アートをしてくれます。
DSC07921_20181124011521ee9.jpg
コーヒーはブラックとこちらを選べます。私はブラック派ですがラテ・アートがこの店のシンボルなのでラテをチョイスw ミルクたっぷりであまり苦さを感じず柔らかい味となっていました。 写真を撮り忘れましたが奥さんはアールグレイ ノヴァ(450円)を頼んでいて、こちらも香りが良かったそうです。

最後にデザートの こんがりふんわりチーズパイ(650円) こちらのお皿はジジでした。
DSC07924_20181124011523409.jpg
こちらは やや焼き目のついたチーズパイで、チーズケーキのような味です。ふんわりして風味が軽やかで美味しいですが、パイ生地が結構固くて苦戦しましたw 付け合せは桃だったかな。 


ということで、ラテ・アートやジブリ作品をモチーフにした皿などもあり こちらでもジブリっぽい世界観を大事にしているようでした。かなり混んでいるのが難点ですが、せっかくの機会に美味しい料理を食べられて満足でした。ここも時間を取ることになると思いますので、ジブリ美術館に行かれる際にはスケジュールに余裕を持って行くことをおすすめします。


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



カフェ レクセル 東京国際フォーラム店  【有楽町界隈のお店】

前回ご紹介した展示を観る前に、東京国際フォーラムの中にあるカフェ レクセル 東京国際フォーラム店というお店でお茶をしてきました。

20181028 145530

【店名】
 カフェ レクセル 東京国際フォーラム店

【ジャンル】
 カフェ

【公式サイト】
 https://www.doutor.co.jp/lex/
 食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13199386/
 ※営業時間・休日・地図などは公式サイトでご確認下さい。

【最寄駅】
 有楽町駅

【近くの美術館】
 出光美術館、相田みつを美術館、三菱一号館美術館など

【この日にかかった1人の費用】
 800円程度

【味】
 不味_1_2_3_④_5_美味

【接客・雰囲気】
 不快_1_2_③_4_5_快適

【混み具合・混雑状況(日曜日15時頃です)】
 混雑_1_2_③_4_5_快適

【総合満足度】
 地雷_1_2_3_④_5_名店

【感想】
意外とお客さんが多かったですが、待たずに座れました。

さて、このお店は東京国際フォーラムの地下にあるお店で、以前はエクセルシオールカフェがあった場所に出来たカフェです。見た目もエクセルシオールっぽいと思ったら同じドトール系列のお店みたいなので、正直全く期待していませんでしたw どうせエクセルシオールに毛が生えた程度だろ?と思いながら他にお店を探すのも時間がかかるので、とりあえず入ってみた感じです。

先にレジで注文と会計を済ますシステムなのはドトールやエクセルシオールと同じで、終わったらセルフで片付けるところまでシステムは同じです。店内だけでなく、店外にもいくつかの席がありました。元々建物の中なので、どちらでも大差ないかも。

この日はグアテマラ(680円)を頼みました。この手の店でストレートがあるのにちょっと驚きましたw
20181028 144614 20181028 144136
ストレートとは言え、ドトールのくせにやたら高いなと思いながら飲んでみたら… あれっ??これ美味しいぞ?? と、飲んだ瞬間に予想外の展開で正直面食らいましたw 右の写真のようにやけにこだわりを感じるようなカードがあって大袈裟な…と思っていましたが、ちゃんと味もそれに見合っていた感じです。いや、ほんとナメてましたw 驚いて調べてみたところ、どうやらコンセプトはサードウェーブの店を目指しているようなので、ブルーボトルコーヒーと似たような路線のようです。期待値が低かったこともあって、やけに美味しく感じましたw

奥さんは水出しコーヒー(430円)を頼んでいました。
20181028 144127
こちらもちゃんとした水出しコーヒーで、ただのアイスコーヒーじゃありませんでしたw まろやかで冷たくても香りも豊かです。

ついでにティラミス(530円)も頼んでいました。
20181028 144118
エスプレッソを使ったティラミスで、甘さ控えめでこちらも予想外の出来栄えですw


ということで、お店の雰囲気自体は普通のエクセルシオールみたいなのが玉に瑕ですが、意外や意外と言った感じでした。まだ店舗数も多くないようですが、これなら気軽に美味しいお茶が出来そうです。場所も良いので、様々なシーンで使えそうなお店です。



記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



ル・ジャルダン (2018年10月)【世田谷美術館のお店】

先週の日曜日に世田谷美術館に行ってきたのですが、その際にまずは併設のレストランでお昼を摂りました。このお店は以前もご紹介したことがありますが、だいぶ前なので改めて記事にしておこうと思います。

DSC05242.jpg

【店名】
 ル・ジャルダン

【ジャンル】
 レストラン・カフェ

【公式サイト】
 http://www.setagaya.co.jp/le_jardin/
 食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131707/13013764/
 ※営業時間・休日・地図などは公式サイトでご確認下さい。

【最寄駅】
 用賀駅

【近くの美術館】
 世田谷美術館(館内のレストランです)

【この日にかかった1人の費用】
 2200円程度

【味】
 不味_1_2_3_④_5_美味

【接客・雰囲気】
 不快_1_2_3_④_5_快適

【混み具合・混雑状況(土曜日15時頃です)】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【総合満足度】
 地雷_1_2_3_④_5_名店

【感想】
この日は美術館自体がそれほど混んでいなかったこともあって、すぐに入ることが出来ました。(人気の展示の時は結構混んでる時もあります。)

さて、このお店は世田谷美術館の奥の方にあるレストランで、14時以降はカフェとなります。(公式サイトでは14時半からと書いてあります) さらに夜はディナータイムもあるそうで、ディナーは予約制のようです。以前にご紹介した際はカフェタイムについてご紹介していたのですが、この日はレストランとして利用してみました。
 参考記事:ル・ジャルダン (世田谷美術館のお店)

美術館から長い通路を抜けて行くことが多いけど、お店のすぐ横からも中に入ることができます。
DSC05243.jpg
美術館に併設されていることもあって2017年7月~2018年1月の改修の際には休業していたようです。

中はこんな感じ。全面ガラス張りで非常に開放感があります。
DSC05257.jpg
この日は日差しが強いということで、やや内側の席を勧めてくれました。心配りが素晴らしいお店です。

外の景色はこんな感じ。
DSC05244.jpg
公園を眺めながらランチを摂りました。

この日のランチは2200円のコースのみとなっていました。以前は違うのもあったように記憶しているので、時期によって変わるのかも。たまにコラボメニューとかやってるし。

こちらはコースのサラダ。
DSC05245.jpg
まあ、これは普通でしたw ちょっとドレッシングが多すぎて酸っぱいかなw

続いてこちらは前菜。多分、前菜の内容も固定ではないと思います。
DSC05246.jpg
赤いのはちょっと忘れましたがリンゴだったかな。真ん中にある木の葉みたいなのはイカスミのサブレです。

サブレの下にはイカが隠れていました。
DSC05250.jpg
黄色いのはカレー風味のソースです。イカは生臭さが一切なく、ソースに馴染んで美味しかったです。

付け合せのパン。
DSC05248_2018101801032986c.jpg
こちらもサクサクした食感で温かくて美味しかったです。ついでにカレーやココアを塗って楽しめました。

メインは魚か肉を選べたので肉にしました。ラムのハンバーグです。
DSC05252.jpg
こちらは濃厚なラムの味と香りが口に広がって非常に美味しかったです。ラム好きにはたまりません。結構、肉の食感も楽しめるしソースも肉の味を引き立てていました。

食後にはコーヒーもつきました。
DSC05255.jpg
コーヒーはスッキリして軽やかな感じです。苦味も少なめで、まろやかで飲みやすかったです。


ということで、ちょっと高めのランチでしたが それに見合った内容で今回もクオリティの高い料理と雰囲気を楽しんできました。この日は晴れて気持ちも良かったので、心地よく過ごすことができました。店員さんの心配りも細やかで素晴らしかったです。この後、世田谷美術館の特別展と常設展を観てきましたので、次回以降はそれらについてご紹介しようと思います。


おまけ:
レストランから美術館に向かう回廊がちょっと面白い光景なので、写真を撮ってみました。
DSC05258.jpg
一点透視図法の見本みたいな光景ですw

美術館からレストラン方向。
DSC05260.jpg
ここの椅子で外を眺めるのも良いかも。


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



オン・サンデーズ(2018年10月)【ワタリウム美術館のお店】

前回ご紹介したワタリウム美術館の展示を観た後、美術館の地下にあるオン・サンデーズというお店で一息ついてきました。このお店は以前もご紹介したことがありますが、だいぶ前なので改めて記事にしておこうと思います。

DSC04683.jpg

【店名】
 オン・サンデーズ

【ジャンル】
 カフェ

【公式サイト】
 http://www.watarium.co.jp/onsundays/event/event&cafe.html
 食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13054624/
 ※営業時間・休日・地図などは公式サイトでご確認下さい。

【最寄駅】
 外苑前駅

【近くの美術館】
 ワタリウム美術館(美術館内のカフェです)

【この日にかかった1人の費用】
 600円程度

【味】
 不味_1_2_③_4_5_美味

【接客・雰囲気】
 不快_1_2_3_④_5_快適

【混み具合・混雑状況(平日20時頃です)】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【総合満足度】
 地雷_1_2_3_④_5_名店

【感想】
平日の夜だったこともあって、空いていて快適に過ごすことができました。

さて、このお店はワタリウム美術館のミュージアムショップの一角にあるカフェで、冒頭の写真のように現代アートと書庫が融合したような空間を観ながらお茶できるアート好きや本好きの方には非常に魅力的な雰囲気となっています。
 参考記事:on sundays' 【外苑前界隈のお店】
  
しかし、このカフェに行っても店員さんはいないので、入口にあるこのベルを鳴らすと注文を聞きに来てくれます。
DSC04686_20181011011220f38.jpg
ベルで呼ぶ→注文→注文品が来ると同時にテーブル会計という流れです。

改めて店内の様子
DSC04689_20181011011221b54.jpg
壁際にもアート作品が並んでいます。簡素ながらロフトみたいでワクワクしますw

こちらは逆側(入口側)
DSC04682.jpg
ここにもアートグッズなんかを紹介していました。

店内には現代アートに関する品だけでなく、伝統的な美術の本もあります。
DSC04697.jpg
カフェに入る前に本を買って持ち込んだら一層楽しるかも。アートグッズは他の美術館のショップよりも多彩です。写真は撮りませんでしたが、1Fにもアートグッズが並んでいて、季節ごとに特集を組んだりしているようです。

この日は夜だったのでお茶ではなく自家製ジンジャーエール(600円)を頼みました。
DSC04693.jpg
シロップが予め入っていて炭酸水で割る形式です。よくかき混ぜないとムラが出るのでじっくりかき混ぜてのみましたw ミントとレモンの香りの方が強めでしたが、ジンジャーも後味に来る感じでした。結構甘くて、辛口好きとしてはもうちょっと辛くても良かったw


ということで、魅力的な空間でのんびり休むことができました。このお店はカフェメニューだけでなくアートグッズを見て回るのも楽しいので、ワタリウム美術館の展示と共に楽しめるのではないかと思います。特に現代アート好きの方にオススメのお店です。





記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

ピックアップ
フェルメール展  前編 後編 ムンク展     前編 後編
展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
5位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。