関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

東京ロビー KITTE 丸の内 【丸の内界隈のお店】

前回ご紹介したインターメディアテクに行く前に同じKITTEにある東京ロビー KITTE 丸の内でお茶してきました。

DSC07961_20180616013215b80.jpg

【店名】
 東京ロビー KITTE 丸の内

【ジャンル】
 カフェ/バー

【公式サイト】
 http://jptower-kitte.jp/shop/110.html
 食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13153258/
 ※営業時間・休日・地図などは公式サイトでご確認下さい。

【最寄駅】
 東京駅

【近くの美術館】
 インターメディアテク
 東京ステーションギャラリー
 三菱一号館美術館

【この日にかかった1人の費用】
 1200円程度

【味】
 不味_1_2_3_④_5_美味

【接客・雰囲気】
 不快_1_2_3_④_5_快適

【混み具合・混雑状況(土曜日15時頃です)】
 混雑_1_②_3_4_5_快適

【総合満足度】
 地雷_1_2_3_④_5_名店

【感想】
結構混んでいて、入店待ちが15分くらいありました。

このお店はkitteの1階にありますが一旦kitteの外に出た所にあります。昼はカフェですが夜はバーになるようで、私は昼のカフェタイムで利用しました。

こちらが店内。
DSC07960.jpg
すっきりして開放感があります。お客さんが多くても割と落ち着いた雰囲気。

このお店はパンケーキが名物らしいので、飲み物とのセットを頼んでみました。連れはクレールというクレープとワッフルの間の子みたいなものを頼みました。

こちらが名物の鉄鍋パンケーキ。これを頼むとパンケーキを作るのに20分かかるけど大丈夫かと聞かれました。
DSC07952.jpg
あまりパンケーキを食べることがないので良し悪しが計りかねますが、こちらはしっとりしていて生地自体は甘さ控えめで美味しかったです。パンケーキは割とシロップ次第な気がします。

こちらがクレール。
DSC07957.jpg
見た目も味もクレープのようなワッフルのようなw ベリー系の赤実とチーズが入っていて全体的には結構しっかりした甘さがありました。

何とセットメニューに水出しコーヒーがあったので、頼んでみました。水出しは非常に時間がかかるのにセットで選べるとは驚きです。
DSC07956.jpg
滑らかで苦味はそれほどなく深いコクのあるコーヒーです。これは中々レベルが高いかも。

このお店はコーヒーにもこだわっているようで、ホットコーヒーは
 ・円錐ドリップ:豆の持つフルーティーな甘さと酸味が特徴
 ・ケメックス:フルーティーな酸味とコクが調和した味わい
 ・プレス:コーヒーを食べているような美味しさ
の3つの抽出方法が選べるようでした。いずれ違いを比較してみたいw


ということで、ちょっと変わった名物と美味しいコーヒーを楽しむことができました。東京駅の駅前で商業施設の1階ということもあっていつもお客さんの多いお店ですが、非常に便利な場所にあるので重宝しそうです。インターメディアテクや東京ステーションギャラリーに行った後、ゆっくり休むのも良さそうです。コーヒーにこだわりが感じられるのも面白いお店です。



記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



Café TEIEN(カフェ庭園) 【目黒/白金界隈のお店】

前回ご紹介した東京都庭園美術館の展示を観る前に、新館のCafé TEIEN(カフェ庭園)でお茶をしてきました。

DSC06548_2018060522493080f.jpg

【店名】
 Café TEIEN(カフェ庭園)

【ジャンル】
 カフェ

【公式サイト】
 https://www.museum-cafe-restaurant.com/teien
 http://www.teien-art-museum.ne.jp/cafe_shop/cafe.html
 ※営業時間・休日・地図などは公式サイトでご確認下さい。

【最寄駅】
 目黒駅(JR・東京メトロ) または 白金台駅(東京メトロ)

【近くの美術館】
 東京都庭園美術館(館内のお店です)
 松岡美術館

【この日にかかった1人の費用】
 1200円程度

【味】
 不味_1_2_3_④_5_美味

【接客・雰囲気】
 不快_1_2_3_④_5_快適

【混み具合・混雑状況(土曜日14時頃です)】
 混雑_1_2_③_4_5_快適

【総合満足度】
 地雷_1_2_3_④_5_名店

【感想】
ちょうど満席くらいで、この日は待つことなく入ることができました。しかし土日はいつも並んでいるイメージがあるので、日によっては待ち時間があるかもしれません。

このお店は何年か前の庭園美術館の長期休館後(新館の建て替えと共に)に新館にできたカフェで、カフェメニューの他に若干のアルコールメニューや軽食も少しだけあります。リニューアルの時はブログ休止中で、再開後もまだご紹介していなかったので、この機にご紹介しておこうと思います。

オープンテラスの席もあって、5月は特に気持ちの良い季節です。
DSC06540.jpg
とは言えテラス席は満席だったので中にしました。

テラス席からの眺めはだいたいこんな感じ。
DSC06542.jpg
眺めはもうちょっと何とかなりそうなもんですが…w 
店内の写真は取りませんでしたが、ガラス張りで開放感があります。

この日は私はイチゴのケーキ、連れはピスタチオのケーキにしました。日によってケーキの種類も変わるようです。

こちらがイチゴのケーキ。イチゴ自体も結構甘くて爽やかな味でした。
DSC06534.jpg
見た目も綺麗です。このお店はお皿もアール・デコ調になっていて建物に調和しています。

こちらはピスタチオのケーキ。
DSC06533.jpg
こちらも少し食べたのですが、中にベリー系のソースが入っていて、ピスタチオの風味とよく合っていました。こっちの方が好みでしたw

飲み物はアイスコーヒーにしました。
DSC06536.jpg
コクがあって軽い酸味もあります。こちらだけでも十分に美味しいです。


ということで、非常に爽やかな雰囲気の中でお茶することができました。このカフェが出来て以降、庭園美術館に来る際はほぼ毎回ここでお茶するようになりましたw 庭園美術館に行く際にはここで休憩するのもよろしいかと思います。


おまけ:
2018年3月21日に庭園美術館の入口にレストランカフェも新しくできたので、そちらも試してみたいかな。(恐らく、同じ系列のお店じゃないかと思います。)

DSC06827.jpg DSC06829.jpg

 店名:レストラン デュ バルク
 公式サイト:https://www.museum-cafe-restaurant.com/duparc

長らくこの場所のカフェが閉まっていただけに、待望のお店です。こっちは本格的なご飯も食べられそうです。
ちなみに以前のお店はこちらでした。



記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



ブルーノート東京(Blue Note Tokyo) 【南青山界隈のお店】

日付が変わって昨日となりましたが、土曜日の夕方に根津美術館のすぐ近くにあるブルーノート東京(Blue Note Tokyo)で食事をしながらコンサートを観てきました。

DSC07913_2018060301193041c.jpg

【店名】
 ブルーノート東京(Blue Note Tokyo)

【ジャンル】
 ジャズクラブ

【公式サイト】
 http://www.bluenote.co.jp/jp/
 食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13004790/
 ※営業時間・休日・地図などは公式サイトでご確認下さい。

【最寄駅】
 表参道駅

【近くの美術館】
 根津美術館
 山種美術館
 岡本太郎記念館
  など

【この日にかかった1人の費用】
 4000円程度(2人で8000円) + ミュージックチャージ1人9000円程度

【味】
 不味_1_2_3_④_5_美味

【接客・雰囲気】
 不快_1_2_3_④_5_快適

【混み具合・混雑状況(土曜日17時頃です)】
 混雑_1_②_3_4_5_快適

【総合満足度】
 地雷_1_2_3_④_5_名店

【感想】
いつもは自由席で行っていますが、今回はアリーナシートの指定席だったので余裕を持って入場することができました。今回は山種美術館の展示を観てから15分くらい歩いて行きましたが、根津美術館のすぐ近くにあるので普段は根津の展示と庭を観て時間調整して行くようにしています。

さて、このブルーノート東京は音楽好きの方なら一度は聞いたことがあるであろうジャズクラブで、お食事とジャズを楽しめるお店となっています。(ブルーノート・レコードというジャズレーベルがありますが、そことは直接関係は無いようです) ニューヨークに本店があるのですが、東京のこのお店はちょうど30年前に出来て以降、毎日のように様々なアーティストがコンサートを開いています。(海外だけでなく国内のアーティストもよく出ています) 

今回、私はイリアーヌ・イリアスという女性アーティストのコンサートを観に行ってきました。ピアノがメインのジャズで、2015年(2016だったかも)にも観に行ったのですが、非常に良かったので今回も楽しみにしていました。去年も来てたけどちょうど旅行に行ってて見逃してしまった…。
 参考リンク:イリアーヌ・イリアスの紹介

こちらは今回のポスター
DSC07914.jpg
ブラジル出身のアーティストで、歌とピアノが非常に表現力豊かです。2015年に出したアルバム「メイド・イン・ブラジル」でグラミー賞最優秀ラテン・ジャズ・アルバム賞も貰っています。今年もインスト曲のアルバムを出したばかりで今回のライブでもその中の曲も演奏していました。
 参考リンク:イリアーヌ・イリアス「メイド・イン・ブラジル」(amazon)


ブログでご紹介したことが無かったので、簡単にお店のシステムもご紹介。私は毎回 公式サイトでチケットを予約して行っています。ミュージックチャージ料はアーティストによって異なりますが、7000円~10000円くらいが多いかな。たまに20000円なんてコンサートもあります。席の種類によって+○円といった感じで上乗せされる感じです。

お店に入って、階段を下ったところにロビーがあります。クロークもこちらです。
DSC07916.jpg
ここで本人確認をするとレコード型のチケットを貰えます。自由席の場合は早くチェックインしたほうが呼び出しが早くなるので早めに行ったほうが良いかも。自由席だと最前列に行くこともできます。今回は指定席だったので、遅く行っても見やすい所でした。

こちらがコンサートが行われるフロア。これは終演後に撮ったので人がいませんが、今回もほぼ満員の盛況でした。大体は2部制で、1部のほうが空いているイメージ。(今回は1部でした)
DSC07946.jpg
お洒落な雰囲気ですがドレスコードはなく気軽な感じです。席の種類は色々ありますが、自由席は運次第な感じ。最前列で観た時は最高でしたが、一番後ろで観たこともありますw

多分、このペアシートが一番見やすいんじゃないかと思います。
DSC07921_2018060301275554d.jpg
ちょっとお値段が張るので、この席は行ったことがないですがw

席に着くと開演まで少し時間があるので、お食事を頂きました。(特に頼まなくても良いかもしれませんが、食事も楽しみの1つなのです。)

私は左のブルーベリー&カルダモンのノンアルコールカクテル(1050円)、連れは右のミモザムーンというお酒(1500円)で乾杯
DSC07928.jpg DSC07924.jpg
カルダモンは生姜の一種なので、ベリーの甘酸っぱさにヒリっとした感じのスパイスが効いていました。この他にも飲み物は色々あって、特にお酒が充実しています。

フードはスモークモッツァレラとトマト、レモンのピザ(2000円)にしました。
DSC07934_2018060301483680c.jpg
これが予想以上にレモンの香りがしましたが、チーズの香りと相まって爽やかで食欲をそそりました。結構サクサクした生地で美味しかったです。

ピザだけでは足りなかったので、小ヤリイカのフリット(1300円)も頼みました。
DSC07937_20180603014837dc8.jpg
これはあまり味付けが無いので、ライムをかけると美味しくなります。柔らかくて上品な味でした。

ちなみに開演すると暗くなって食べるのが大変になります。開演中は毎回おつまみ的なものを頼んで食べていますw

今回はオリーブのマリネ(750円)をちょびちょび食べながら聴いていました。
DSC07929.jpg
他にもミックスナッツとか、チーズなんかもあって、この辺が鑑賞のお供に良い感じ。

飲み物も足りなかったので追加で炭酸水(500mlで900円)を頼みました。
DSC07939.jpg
何という高級炭酸水!w まあちょっと外国風の硬水ベースなので高級感があります。

食べ物のお会計は終演後に出口付近のレジで行います。
DSC07922.jpg
このレコード型のチケットを渡して会計します。毎回結構並ぶので、このシステムだけは改善して欲しい。


勿論、今回のコンサートも非常に素晴らしい内容で1時間半ほどの演奏を心から楽しむことができました。ピアノ兼ボーカル、ベース、ドラムの3人しかいないのにこれだけ表現の幅があるのかと驚かされます。結構親密な空気感があるのもジャズクラブならではの楽しみ方じゃないかな。今回は最新アルバムがインスト曲で構成されているためかセットリストもインストが半分以上でしたが、その分 演奏の実力と表現力を楽しむことができました。明日、明後日(2018/6/3~6/4)のチケットもまだ買えるようなので、ジャズ好きで気になる方は是非チェックしてみて下さい。
ここは根津美術館・山種美術館からすぐ近くにあるので、日本美術もジャズも好きな方は機会があったら併せて行くと楽しさ倍増だと思います。



記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



珈琲譚(かぴたん) 【用賀界隈のお店】

久々にカフェの記事です。前回ご紹介した静嘉堂文庫の展示を観た後、用事があったので一旦 用賀駅に行って ついでに近くの珈琲譚(かぴたん)というお店でコーヒーを頂いてきました。

DSC05113.jpg

【店名】
 珈琲譚(かぴたん)

【ジャンル】
 カフェ

【紹介サイト】
 食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131707/13018246/
 ※営業時間・休日・地図などは公式サイトでご確認下さい。

【最寄駅】
 用賀駅

【近くの美術館】
 世田谷美術館
  など

【この日にかかった1人の費用】
 800円程度

【味】
 不味_1_2_3_④_5_美味

【接客・雰囲気】
 不快_1_2_3_④_5_快適

【混み具合・混雑状況(土曜日15時頃です)】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【総合満足度】
 地雷_1_2_3_④_5_名店

【感想】
満席ではなかったですが、結構お客さんがいました。それでも静かな雰囲気で非常に快適なお店です。

用賀には何回も行っているのですが、カフェは大体 世田谷美術館に行っているのでこちらに寄るのは初めてでした。店構えとストレートコーヒーのメニューを観て即決で入ってみました。

中はこんな感じ。
DSC05103.jpg
古き良き喫茶店でクラシックが流れる洒落たお店です。器も様々あって、私の好きな要素が満載でしたw

お店の入り口にはいい香りのするロースターがありました。
DSC05109.jpg
本格的なお店ですね。

この日、グアテマラ(500円)のストレートとハニートースト(310円)を頼みました。カップも洒落ています。
DSC05106.jpg
グアテマラは煎り方も選べたので中煎りにしました。酸味を含んだ良い香りが漂い、飲んでみると軽やかで口の中でさらに香りが広がりました。非常に美味しいコーヒーです。

ピンぼけしていますが、連れはアイスコーヒーでした。こちらはやや深煎り気味
DSC05108.jpg
こちらも少し頂きました。深いコクがあるけど苦味はそれほどなくまろやかさも感じます。これも美味しかったです。

こちらはハニートースト
DSC05104_2018052101302727f.jpg
ふんわりしたパンに甘さ控えめのはちみつが乗っています。コーヒーとも相性が良く、こちらも楽しめました。


ということで、非常に洒落た雰囲気の中で静かに美味しいコーヒーを頂くことができました。こういうお店、大好きですw 丁寧にコーヒーを淹れている感じも凄く良かったので、また用賀に行く際にリピートしたいお店です。用賀駅から近い(世田谷美術館とは逆方向ですが)ので、近くに行く機会がある方はチェックしてみてください。

この後、世田谷美術館に向かいました。次回はそれについてご紹介していこうと思います。


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



ドゥ マゴ パリ  (2018年3月)【渋谷界隈のお店】

前回ご紹介したbunkamuraの展示を観る前に、美術館の眼の前にあるドゥ マゴ パリでお茶をしてきました。このカフェは以前もご紹介したことがありますが、8年も前なので改めてご紹介しようと思います。

20180331 152448

【店名】
 ドゥ マゴ パリ

【ジャンル】
 レストラン/カフェ

【公式サイト】
 http://www.bunkamura.co.jp/magots/
 食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13001940/
 ※営業時間・休日・地図などは公式サイトでご確認下さい。

【最寄駅】
 渋谷駅/京王井の頭線神泉駅

【近くの美術館】
 Bunkamuraザ・ミュージアム
 松濤美術館
 戸栗美術館
  など

【この日にかかった1人の費用】
 1500円程度

【味】
 不味_1_2_3_④_5_美味

【接客・雰囲気】
 不快_1_2_3_④_5_快適

【混み具合・混雑状況(土曜日15時頃です)】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【総合満足度】
 地雷_1_2_3_④_5_名店

【感想】
結構お客さんがいましたが、満席になるほどでもなく待ち時間無しで入ることができました。

さて、このカフェは以前もご紹介しましたが、最近 運営会社が変わったようでいくつか以前と異なる点もあります。まず、このカフェは1885年にパリ(サン=ジェルマン・デ・プレ教会の前。ポンヌフやオルセー美術館からも近い所)に創業された「カフェドゥマゴ」の提携店です。本場のドゥマゴはピカソ、アンドレ・ブルトンらのシュルレアリスト、作家のヘミングウェイやアルベール・カミュ、哲学者のサルトルやボーヴォワールなども通った(時代はそれぞれ分かれています)文化人の集うお店で、今でもパリの観光地として繁盛しています。そんな有名店の雰囲気が渋谷で気軽に楽しめるので、bunkamuraに行く際には毎回のように利用しています。
 参考記事:ドゥ マゴ パリ  (渋谷界隈のお店)

席は屋内と屋外がありますが、花粉症なのでこの日は屋内にしました。お店の入口にはこのお店の名前の由来になった中国人形もあります。
20180331 150832
もちろんこちらは複製です。ドゥ=「2つの」 マゴ=「中国人形」です。

中はこんな感じ。ちょっと作者が分かりませんが、ここに飾ってある写真が非常に好みだったりします。
20180331 151329

この日は「猪熊弦一郎展 猫たち」と映画「しあわせの絵の具」とのコラボメニューもありました。(2018/3/3~4/18)
20180331 151224
せっかくなので、猫たちのコラボメニュー1450円を頼みました。半券を見せるとコーヒーまたは紅茶がついてきましたので、それもセットにしました。


こちらはポワソン・ダブリルというお菓子。4月の魚という意味で、フランスでは4/1に魚の形のお菓子を楽しむ習慣があるのだとか。
20180331 152359
目玉の部分はホワイトチョコで、胴体はパイ生地、鱗の部分はイチゴです。猫たち とのコラボなので猫型のパイも付いていました。パイなので若干切りづらかったですが、サクサクした生地と非常に甘くてジューシーなイチゴが美味しかったです。猫パイは食べるのがちょっと勿体無いような気もしましたw

飲み物はコーヒーにしました。
20180331 152404
香りが良くて、割と軽やかな口当たりかな。それでも苦味とコクはしっかりしていて酸味はそれほどもなかったように思います。中々好みの味で満足でした。ちなみに昔は飲み物にチョコレートがついてきましたが、今は無くなりました。また、以前はテーブル会計だったのですが、今は普通にレジ会計となっています。


ということで、今回はコラボメニューを楽しんできました。以前はフランスのカフェそのままといった感じでしたが、今は日本風のフレンチと融合させた「ネオ・クラシック」をコンセプトにしているようなので、多くの人が楽しめると思います。ちょっと値段が高めですが、bunkamuraに相応しい歴史あるカフェだと思います。bunkamuraに行かれる際には是非チェックしてみてください。


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。