HOME   »  映画  »  映画「ノウイング」を観た (ネタバレなし)

映画「ノウイング」を観た (ネタバレなし)

ファミリーセールに行った日の夜に、レイトショーで映画「ノウイング」を観てきました。世間はあまり注目していないようで、公開したばかりなのに結構空いていました。(私も最初は大して期待してなかったですがw)
一応リンクを貼っていますが、公式サイトに強烈なネタバレ(特に予告はヤバイw)がありますので、もし観に行こうと思っている方は公式サイトは観ないことをお勧めします。

【作品名】
 ノウイング

【公式サイト】
 http://knowing.jp/

【時間】
 2時間00分程度

【ストーリー】
 退屈_1_2_3_④_5_面白

【映像・役者】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【総合満足度】
 駄作_1_2_3_④_5_名作

【感想】
1000円で観たせいか、ほぼ予備知識ゼロで観たら思った以上に面白かったです。この作品はアイ・ロボットの監督が作っているようで、あの作品もそうでしたが、謎解きが含まれた進み方が面白さを感じさせます。また、伏線ってほどではないですが、広げた風呂敷は後半でしっかり畳んでくれるので、平凡ながらもストーリーに満足できました。(でも、人によっては最後の方は納得できないって人もいるかも。)
そして、もう一つこの映画で印象的なのが、映像です。色々と怖いw 不気味さ漂うシーンや、リアルすぎてある意味ホラーやスプラッターより怖い衝撃映像もあり、軽く悪夢になりそうw また、西洋社会でこれって大丈夫なのかな?という描写もあったりしました。

ということで、この映画は予備知識を持たずに観るとまずまず面白いと思います。役者も良かったし、満足できました。


おまけ:映画館を出たら満月が綺麗でした。 朧月になっていて、周りの雲が虹状になっていました。
P1060228.jpg

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
3位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。