関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

【番外編】野外民族博物館 リトルワールドの写真 後編(2013年12月)

今日は前回から引き続き、愛知の犬山にあるリトルワールドのついてです。前編をご覧になっていない方は前編からお読み頂けると嬉しいです。


  前編はこちら


【公式サイト】
 http://www.littleworld.jp/

【会場】
 野外民族博物館 リトルワールド

【最寄】
 犬山駅(愛知県)など ※バスで30分程度

前回はドイツの村までご紹介しましたが、今日はドイツの建物に隣接した所にあるフランスの建物から最後までご紹介していきます。

こちらはドイツとの国境あたりのフランス(東北部のアルザス地方)の家。
DSC_5529_20140109003252626.jpg
1582年に建てられた白漆喰と木組みで構成されるコロンバージュ(木骨構造)で、この地域によくみられる建築形式だそうです。麦や葡萄を栽培し牛を飼う農家のためこの母屋以外にも倉庫などもありました。屋根が急なのは積雪対策なのだとか。

こちらは家の中。
DSC_5536_20140109003251adf.jpg
ここは確か老夫の部屋だったかな。日当たりが良い部屋で、落ち着きがあります。ちなみに、この部屋の隣でフランスの民族衣装を着た人たちが何組かいたのですが、他の国の民族衣装と比べて人気があるようでした。特に女性の服は民族衣装体験の中で最も可愛いのは間違いないかとw

続いてこちらはイタリア半島南部(長靴のかかと辺り)のアルベルベッロの家。
DSC_5544_201401090032508eb.jpg
このとんがり帽子みたいな屋根が特徴的で、こうした屋根を複数持っている家屋をトゥルッリと呼ぶそうです。

こちらもトゥルッリ。民族衣装体験をしている女性も何人かいました。
DSC_5546_2014010900324932d.jpg
こちらの建物も白壁で、石灰岩で出来ていてモルタルなどは使っていないようです。壁が分厚いので暑くなっても中は快適なのだとか。

中はこんな感じ。
DSC_5548_20140109003248a64.jpg DSC_5552_20140109003247627.jpg
にんにくやトマトが干してあるのがイタリアっぽい感じでした。外から観るよりも意外と広いです。

少し歩いて行くと、テント村という大きめのドーム施設があり、その中にテント住宅が並んでいました。

こちらはシリアの遊牧民ベドウィンのテント
DSC_5558.jpg
ヤギの毛でできていて、中の衝立を境に男の場、女の場と分かれるそうです。こんな簡素な建物でもイスラムらしさが反映されているのが面白い。

こちらはモンゴルのテント。
DSC_5571.jpg
こちらは屋根棒と円形の輪を載せて上からフェルトを被せているそうです。このテントも男女それぞれの場に分かれているのだとか。

この他にも北アメリカのシャイアン族のテントなどもありました。

少し進んでこちらは東アフリカのタンザニア南西部の山地に住む農耕民ニャキュウサの家。
DSC_5576.jpg
竹で出来ているので、何となく日本の古民家に通じるものを感じます。一夫多妻制らしく、夫人たちはそれぞれの家を持ち、これは第二夫人の家です。円形の第一夫人の家もあったのですが、何故か第二夫人の家の方が広くて豪華でしたw

中はこんな感じ。
DSC_5582.jpg
かなり簡素で素っ気なかったw 四角い家は最近の様式らしく円形の家が伝統だそうです。

続いては南アフリカ共和国の内陸部に住むンデベレの家です。
DSC_5586_20140109004203a96.jpg
何と言っても近代芸術を思わせる装飾に驚きました。この幾何学的で原色に近い色合いはアートそのものです。こうした壁絵は女性の仕事らしく、定規や下絵も使わずに水性ペンキで器用に描いているようです。

続いてこちらは西アフリカのサハラ砂漠から南のサバンナ地帯にあるカッセーナの家。
DSC_5596.jpg
洞穴みたいなユニークな作りで、最初は窯かと思いましたが家です。中は半地下状になっています。

城壁のようなものに囲まれた中にこんな感じでいくつもあり、一つの敷地に兄弟や従兄弟関係の男たちとその妻達(一夫多妻制)が住んでいたようです。
DSC_5599_201401090043277fd.jpg
壁は分厚くて硬いので、結構涼しいのかも。

また少し進んでいくと、アジア風の大きな建物が見えてきました。
DSC_5607.jpg
これはネパールにあるチベット仏教ニンマ派の寺院をモデルにしているそうで、1946年に建てられたので比較的最近の建物かな。

近づくとこんな感じ。
DSC_5614.jpg
この近くにはマニ車や仏塔などもあり、チベット仏教らしい雰囲気となっていました。

続いては南インドのケララ州にある家。
DSC_5618.jpg
いくつかカーストによってタイプの違う家があったのですが、これはナヤール(地主)・カーストの屋敷。素朴ながらも結構裕福そうな家です。

さらに進むとトルコのイスタンブールの町がありました。
DSC_5624_20140109004324d67.jpg
ここは2013年に出来たばかりで15年ぶりの新施設のようです。

これは上の写真で左側に建っている家の内部。
DSC_5630_2014010900432330f.jpg DSC_5632.jpg
こちらは非常に洒落た内装で、現代的な雰囲気でした。この日回った家の中で一番住んでみたい家だったw

こちらはイスタンブールの町の中にあったイスラム寺院。
DSC_5642_20140109004943dcf.jpg
寺院というよりは学校みたいな感じかな。オスマン帝国時代の高等教育機関で、講義室と寄宿舎となっているようでした。

この辺で日が暮れてきたので、後は早足で回ってきました。

こちらはタイ北部のランナータイの家。
DSC_5644.jpg
高温多湿の亜熱帯のため、高床で窓が少ないのが特徴のようです。

最後はまた東アジアに戻ってきて、朝鮮の家などもありました。

こちらは日本の山形県の月山山麓の家。
DSC_5656.jpg
1767年に建てられてから明治に増築されたそうで、かなり立派な家です。L字型になっているのは中門づくりと呼ばれ秋田や新潟でよく見られる形式のようでした。


ということで、じっくり見ているうちに暗くなってしまい最後の方は駆け足となってしまいましたw 実はこの日はイルミネーションのために通常より遅い時間まで開園していたのですが、寒さが半端ではなかった(宿のチェックイン時間の兼ね合いもあった)ので、イルミネーションは断念しました。 とは言え、建物だけでだいぶ楽しめる施設で、予想以上の満足度でした。もし犬山に行く機会があったら、明治村と共にお勧めしたい施設です。


【犬山編(2013年)】
  野外民族博物館 リトルワールドの写真 前編(2013年12月)
  野外民族博物館 リトルワールドの写真 後編(2013年12月)
  有楽苑と犬山城の写真
  なり多 【愛知県犬山界隈のお店】
  博物館明治村の写真 前編 2013年12月
  博物館明治村の写真 後編 2013年12月

【名古屋編(2013年)】
  矢場とん 三越ラシック店【名古屋 栄界隈のお店】
  あつた蓬莱軒 松坂屋店【名古屋 栄界隈のお店】


【名古屋編(2019年)】
  熱田神宮の写真
  名古屋城周辺の写真
  アール・ヌーヴォーの伝道師 浅井忠と近代デザイン (ヤマザキマザック美術館)
  ヤマザキマザック美術館の案内 (名古屋編)
  ウィリアム・モリスと英国の壁紙展 -美しい生活をもとめて- (松坂屋美術館)
  リニア・鉄道館 前編
  リニア・鉄道館 後編
  徳川美術館の案内
  徳川園の写真
  文化のみち二葉館の写真
  文化のみち橦木館と周辺の写真

【長島編(2019年)】
  なばなの里のイルミネーション

【犬山編(2019年)】
  博物館明治村の写真 前編 2019年01月
  博物館明治村の写真 後編 2019年01月


関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
No title
世界中の有名な建築物を模したような場所が日本にあったとは驚きです(゜ロ゜)

トゥルッリは屋根も本物みたいに外れるんでしょうか?(´・ω・`)?
イスラム寺院は一瞬アルハンブラ宮殿のライオンの庭のようにも見えましたw

う~ん、けっこう興味はあるんですが愛知は遠いです…
2014/01/12(日) 23:49 | URL | 大阪 #-[ 編集]
Re: No title
>大阪さん
コメント頂きましてありがとうございます。

私もこの施設のことは行く直前まで知らなかったので、行ってみて驚きました。
しかもかなり前からある施設だというのも知ってさらに驚きw

トゥルッリの屋根は取れるのですか?? これは現地の本物を移築してきているみたいなので、
構造も同じだと思います。
イスラムの寺院は幾何学的な秩序があるので似た感じなのかも?

ここにご紹介していない建物も多数あり、建物好きの方には本当に楽しい所だと思います。
犬山には明治村もあります(近いうちに記事を書きます)ので、機会があったら調べてみてください^^
2014/01/13(月) 03:04 | URL | 21世紀のxxx者 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
2位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。