関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

国立マルク・シャガール美術館  【南仏編 ニース】

今日も引き続き南仏編です。前回ご紹介したニースのマティス美術館に行った後、歩いて国立シャガール美術館に行ってきました。こちらの美術館はシャガールの創世記を題材にした大型作品群のコレクションで有名な美術館です。

DSC_9248_01185.jpg


日本語公式サイト:http://jp.france.fr/ja/discover/30148



こちらの美術館も「ニース・ル・グラン・ツアー」という街を周回している2階建てバスで行くことができますが、マティス美術館から歩いて15分くらいなのでせっかくなので歩いて行きました。両脇に豪邸が立ち並ぶ閑静な地区にあります。

入口は結構分かりづらいですが看板があるので迷うことはありませんでした。大通りからちょっと入ったところにあります。
DSC_9245_01182.jpg
こちらの建物でチケットを買いますが、美術館の本館は冒頭の写真の建物となります。この建物にはミュージアムショップなどもありました。(チケットは「リビエラパス」を使って交換することができます)

敷地内はオリーブの木なども生えている庭がありました。
DSC_9247_01184.jpg
この写真の右奥辺りに写っているのはカフェです。時間の関係で寄りませんでしたが、この辺で食事ができるのはここくらいかも。

美術館本館の入口では音声ガイド機を借りることができます。国立美術館だけあって日本語の解説機もありました! しかもかなり詳細です。なお、音声ガイドは無料だったと思いますが、パスポートを預ける必要があります。

まず入口付近はこんな感じで彫刻作品が並んでいます。
DSC_9249_01186.jpg
この美術館もフラッシュ無しなら撮影ができました。

これは石に彫った作品かな。
DSC_9270_01207.jpg
抱き合う人たちが彫られていました。

これは恐らくキリストの十字架降下のシーン。
DSC_9264_01201.jpg
シャガールはユダヤ人ですが、たまにキリスト教に関する作品もあります。(ガチガチのユダヤ教徒というわけでも無いようです)

奥の方の講堂にはステンドグラスがありました。
DSC_9288_01225.jpg
講堂の中には入れなかったので遠目でしか観られませんでしたが、非常に美しい色彩となっていました。

一旦入口の方に戻って逆側に進むと、この美術館が誇る創世記に関する大型作品が並ぶ展示室があります。
DSC_9293_01230.jpg
17点にのぼるこれらの大作がシャガール自身によって寄贈されたことによって、この美術館が建てられたそうです。シャガールはパリのイメージが強いですがニースにも晩年に20年くらい住んでいたので、この地が選ばれたようです。

こちらはアブラハムと3柱の天使たち。
DSC_9294_01231.jpg
旅人を歓待した所、実はその正体は天使たち(一人は神?)で高齢のはずのアブラハム(99歳)とサラ(89歳)の夫妻に子供が授かると予言されたシーンです。強い色彩ですが、響き合っています。

こちらはアブラハムがモリヤの丘で息子イサクを生贄にしようとするシーン。
DSC_9296_01233.jpg
せっかく生まれた一人息子を神に生贄として捧げるよう言われて命を絶とうとした瞬間、天使がそれを止めたという話です。大事な息子であっても神の言葉を果たそうとしたので、信仰の試練を乗り越えたと言えます。3色の色分けで劇的な雰囲気が出ていました。

こちらはヤコブの夢。
DSC_9312_01249.jpg
アブラハムの孫のヤコブが観た、天使が天まで続くハシゴを登っているという夢です。1枚で複数の場面があって、寝ている赤い人がヤコブかな。右上の方に磔にされているキリストらしき姿があるのは、天と地を結ぶ存在としてキリストはヤコブの梯子と同様であるという話を表しているのかも。しかし梯子はシャガールの好きだったサーカスのもののようで楽しそうw

見る順番を間違った気がしますが、これは楽園とアダムとイブ(エバ)。
DSC_9317_01254.jpg
後ろにいるのは知恵の実を食べるようにそそのかした蛇。1枚で複数の場面を物語っているようです。

一番奥にはソロモンの愛の部屋と呼ばれる六角形の部屋があり、「ソロモンの歌」を主題にした赤が印象的な作品群が並んでいます。
DSC_9326_01263.jpg

これはシャガールらしいモチーフが並んでいる作品。
DSC_9327_01264.jpg
花嫁と花婿、恐らく背景は故郷のヴィテブスクじゃないかな。色合いも相まって温かみを感じます。

幸せそうな表情を浮かべている裸婦。
DSC_9338_01275.jpg

この辺から折り返しとなり出入口に向かって戻っていきます。

窓からは壁画が見えました。
DSC_9353_01290.jpg
黄道十二宮のモチーフが円形に並んでいるようです。

最後は陶芸作品などやリトグラフが並んでいました。
DSC_9355_01292.jpg
絵画がそのまま立体になったような感じかなw


ということで、国立美術館だけあって素晴らしいコレクションが並んでいました。特に赤い作品の並ぶ部屋が印象的で最大の見所と言えそうです。ニースには沢山の美術館がありますが、ここは特に見応えのある美術館です。

フランス関連記事
 カーニュ・シュル・メール(2017年)
  ルノワール美術館 【南仏編 カーニュ・シュル・メール】
  グリマルディ城(地中海近代美術館) 【南仏編 カーニュ・シュル・メール】

 ニース(2017年)
  ニース美術館 【南仏編 ニース】
  マセナ美術館 【南仏編 ニース】
  マティス美術館 【南仏編 ニース】
  国立マルク・シャガール美術館  【南仏編 ニース】
  ニースの写真と案内 【南仏編 ニース】

 サン・レミ/アルル(2017年)
  ゴッホゆかりの地めぐり 【南仏編 サン・レミ/アルル】

 アヴィニョン(2017年)
  アングラドン美術館 【南仏編 アヴィニョン】
  世界遺産ポン・デュ・ガールとアヴィニョン近郊の村 【南仏編 アヴィニョン近郊】
  アヴィニョン教皇庁宮殿とサン・ベネゼ橋 【南仏編 アヴィニョン】
  プティ・パレ美術館 【南仏編 アヴィニョン】
  カルヴェ美術館 【南仏編 アヴィニョン】

 エクス(2017年)
  セザンヌゆかりの地めぐり 【南仏編 エクス】
  シスレー展 (コーモン芸術センター)【南仏編 エクス】
  グラネ美術館 本館 【南仏編 エクス】
  グラネ美術館 別館 【南仏編 エクス】

 マルセイユ(2017年)
  カンティーニ美術館 【南仏編 マルセイユ】
  マルセイユの写真と案内 【南仏編 マルセイユ】
  ル・コルビュジエ 「ラ・シテ・ラディユーズ(ユニテ・ダビタシオン)」 【南仏編 マルセイユ】

 パリと近郊(2012年)
  【番外編 フランス旅行】 オルセー美術館とセーヌ川
  【番外編 フランス旅行】 ルーヴル美術館
  【番外編 フランス旅行】 ポンピドゥー・センター(国立近代美術館)
  【番外編 フランス旅行】 パリ モンマルトル界隈
  【番外編 フランス旅行】 ジヴェルニー モネの家
  【番外編 フランス旅行】 ヴェルサイユ宮殿
  【番外編 フランス旅行】 バルビゾン村とフォンテーヌブロー宮殿
  【番外編 フランス旅行】 オランジュリー美術館とマルモッタン美術館
  【番外編 フランス旅行】 パリ市立プティ・パレ美術館
  【番外編 フランス旅行】 パリ市立近代美術館
  【番外編 フランス旅行】 パリ市街の写真

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
お知らせ
ブログをssl化してセキュリティ強化しました。feedly等を使ってご覧頂いている方は下記URLに変更をお願い致します。
https://21stcenturyxxxman.blog.fc2.com/?xml
また、SSL化に対応できない古い記事にアクセスできなくなることがあるようです。その場合、実際には危険はありませんが画面に警告が出ますので予めご了承ください。
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
17位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。