関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

ニースの写真と案内 【南仏編 ニース】

ここ数日に渡って南仏のニースについてご紹介しましたが、今回で一区切りとしてニースでの観光に役立つ情報などをご紹介しておこうと思います。

まずはニースの海岸。プロムナード・デ・ザングレという海岸沿いの大通りがあります。
DSC_8957_00894.jpg
6月半ばでも既に30度を超える気温で、十分に海水浴を楽しめます。パラセーリングのようなアクティビティもあるようです。高緯度で夏時間の為22時頃まで明るいのも楽しい理由の1つかな。夏の時期は基本的に晴れで雲すら無い感じ。

海岸は砂浜ではなく小石が転がっています。タオルとか敷いてもゴツゴツするので注意w
DSC01775.jpg
シャワーなどの設備はあるようでした。夏は日差しがかなり強いので対策が必要です。

この辺はこんなに平和な光景が広がっていますが、2016年の7月にトラックでのテロがあった所です。私の行ったのは2017年の6月でしたが、6月はイスラム教のラマダンの月で、信仰心の高まりからテロが起きやすいそうです。特に金曜日はイスラム教にとって特別な日なので要注意とのことです。

こちらは海岸沿いにあるホテルネグレクト。多分ニースで最も有名なホテルで世界中のセレブが泊まるところです。
DSC_8961_00898.jpg
ベル・エポックの頃の建物で、私も泊まりたかったのですが高いのですぐ近くの別のホテルにしましたw

こちらは旧市街に向かう通り。
DSC01780.jpg
世界的な観光地ということもあって、レストランや持ち帰り(take away)に事欠くことはありません。駅前から伸びる通りにはモノプリ(スーパー)やZARA、H&Mといった大型店もあるので足りないものは現地調達することもできます。サンドイッチ屋さんなどでは冷えていないのに3ユーロ(約370円)もするコーラとか売ってるので、スーパーで安く仕入れてホテルの冷蔵庫で冷やすとかしていましたw

ちなみに、フランスの小売店ではビニール袋をくれないことの方が多いです。(モノプリとかで沢山買うと貰えた記憶があります) 旅行中に何かと便利なのでエコバッグ的なものを常備していたほうが良いかも。

こちらはマセナ広場。
DSC_8988_00925.jpg
近くには噴水のある公園などもあり、非常に美しい広場です。線路があるのはトラム(路面電車)です。

こちらがトラム。
DSC_8985_00922.jpg
ニース・ヴィル駅近くも通るので、バスの代わりにもなりそう。

これはマセナ広場にほど近いオペラ座。
DSC_9002_00939.jpg
前の道があまり広くないので、引きの写真が撮りづらいw

こちらは花市。海岸通りから一本入ったところにある路上に市場です。
DSC_9005_00942.jpg
主に花を扱う店が並んでいますが、八百屋さんや雑貨も売っているところがありました。結構細長くて多くの店があり楽しいところです。

花市から東の方に歩いていくと、城塞のある丘に登ることができます。
DSC01819.jpg
ここからは海岸とニースの街が一望できるので、ニースに行ったら必ず寄るべきスポットです。この辺にデュフィやマティスも住んでいたことがあるようです。

丘から更に東に行くと港があります。
DSC_9041_00978.jpg
ここから観光船も出ているようでした。この港の奥の辺りからリビエラパスを使って2階建てバスに乗りました。

ニースで観光するのであれば、この「フレンチ・リビエラ・パス」がお得です。
DSC01755.jpg
ニースの各美術館や、2階建てバス、プチトラン、セグウェイ、レンタル自転車など様々なものの料金を払わなくてよくなります。パスは有効期限(24時間、48時間、72時間)で価格が異なるので滞在時間を考慮して選ぶとよろしいかと。観光局やオンラインで購入できます。
 参考リンク:リビエラパス公式サイト

ちなみに、たまにエラーがあるようで、私は初日に使えないことがありましたw (登録エラーだったようです) 観光局は日本語は通じないので何かあったら英語で質問文を作って渡すのが一番手っ取り早いかな。日本語が良いという方は「ようこそツアー」がオススメ。
 参考リンク:ようこそツアー

これがプチトラン
DSC_9045_00982.jpg
プロムナード・デ・ザングレ(海岸沿いのマクドナルドの辺り)から丘の上に行ってくれるようです。

こちらが2階建てバスのル・グラン・ツアー。
DSC_9053_00990.jpg
乗り場はあちこちにあるのですが、これと言ったバス停らしきものが無い乗り場もあるのが難点w 一番わかり易い乗り場は海岸沿いのアルベール公園かな。
↓ここです。


他のバス停が見つからなすぎで苦労したので検索で見つけた画像へのリンクを貼っておきます。
 参考リンク:ニースの2階建てバス(ル・グラン・ツアー)のルートと乗り場(2017年6月時点)

2階建てバスに乗る時にイヤホンを貰え、席に備え付けのジャックで日本語ガイドも聞くことが出来ます。これで東隣のヴィルフランシュの城塞などを観て回ってからマティス美術館までひたすら乗っていました。2階は視界が広く風を感じられて気持ち良いのですが、街路樹がぶつかりそうになったり日差しが強くて暑かったりとデメリットもありますw 

続いて、ニースでの鉄道事情についてご紹介。こちらは国鉄ニース・ヴィル駅
DSC_8095_00032.jpg
TGVも止まる大きな駅で、駅前には日本でもお馴染みのパン屋さん「Paul」などもありました。

勿論、駅で切符を買うのですが、自販機しか見当たらずフランス語で何が書いてあるのか全く分かりませんでしたw しかし、待合室からトイレに向かう辺りに黄色い自販機があり、これは英語対応していました。
DSC_8097_00034.jpg
こちらを使うにはクレジットカードが必要です。すぐ出発する場合の買い方は、
 すぐ出発か予約かの選択 → 行き先の検索 → 往復or片道の選択 → 購入人数 → ○人目のロイヤリティプログラム(割引みたいな)の有無 → ○人目の年齢層 → ○人目の割引の有無 → 2人目以降同様の操作 → 乗る便と1等2等などのクラスの選択 → クレジットカードの差し込み→ピンコードの入力
という感じです。フランス語では1ページ目も突破できなかったので、英語が母国語並に頼もしいw この黄色い自販機はエクスの駅でも使ったので、各地の大きな国鉄駅には置いてありそうです。ちなみに小さなカーニュ・シュル・メール駅には黄色自販機はありませんでしたが、駅員さんから直接買うことができました。英語が出来る駅員さんでラッキーでしたが、上記と大体同じことを聞かれました。

切符は航空券のように大きなやつで、自動改札というよりはタイムカードみたいな差込口のある機械(写真撮り忘れました)がホームに向かう入口にあるので、そこに差し込んで入場を記録します。結構多くの人がやってるので、それを観察して真似しましたw そして電光掲示板で列車番号から番線を確認してホームへ。この電光掲示板も適当というか時間が合ってないことがあるのもご愛嬌。どちらかと言うとAndroidが最近始めた駅情報(駅に着くとGPSで反応して時刻表とかを表示する機能)が非常に役立ちました。旅行ではiphoneよりgoogleサービス直結のAndroidのほうが確実に役に立ちます。

こちらはカーニュ・シュル・メールに行った時に乗った電車。
DSC_8106_00043.jpg
カンヌ行きだったかな。カンヌ辺りまで美しい海岸線を進むので、「世界の車窓から」でも取り上げられていたのを覚えていましたw

こちらはTGV。これに乗ってアヴィニョンまで行きました。
DSC01939.jpg
ここで注意なのですが、TGVは運転席のある車両同士が連結されているところがあり、前半部と後半部の行き来ができません。その為、号車を間違えると大変なのですが、私が乗った列車は何故か先頭が8号車で、7,6,5,4,3,2,1,通行不可,9,10,11…という並びになっていましたw しかも、この並びも8両編成だと1,2,3,4の順番だったりするので、TGV利用の際は早めに乗り場に行くことをオススメします。

TGVの中はこんな感じ。
DSC01940.jpg
今回の旅では2回ほどTGVに乗りましたが、当たりハズレがあるようで この列車は結構使い込んだ感がw 実は2017年時点ではニースにはTGVの専用線がなく、日本で言えば山形新幹線のように在来線に乗り入れる形となっています。その為、マルセイユ付近までは非常にゆっくり走っていて、近い距離でも割りと時間がかかります。(マルセイユからパリまでは高速で移動します) この車両の椅子は回転できないようで、後ろ向きで乗ることになりましたw


全車2階建てで連結部にはトランク置き場もあります(2階にもあります) また、席にはフランスのコンセントとゴミ箱が設置されているのが便利。
DSC01942.jpg DSC01965.jpg
勿論トイレもあるので長旅も安心です。

こちらはビュッフェ車両。
DSC01956.jpg
お菓子や軽食などが売られていました。それほど高くはなかったかな。


ということで、ニースは美しく見どころが多いところなので、パックツアーでなく個人で行った方が楽しいと思います。一方で日本のように細かくなく何かと大雑把なところが多いですが、高校レベルくらいの英語、スマートフォン、wifi、クレジットカードがあれば何とか行けるんじゃないかと。特にアート好きにオススメの街です。


フランス関連記事
 カーニュ・シュル・メール(2017年)
  ルノワール美術館 【南仏編 カーニュ・シュル・メール】
  グリマルディ城(地中海近代美術館) 【南仏編 カーニュ・シュル・メール】

 ニース(2017年)
  ニース美術館 【南仏編 ニース】
  マセナ美術館 【南仏編 ニース】
  マティス美術館 【南仏編 ニース】
  国立マルク・シャガール美術館  【南仏編 ニース】
  ニースの写真と案内 【南仏編 ニース】

 サン・レミ/アルル(2017年)
  ゴッホゆかりの地めぐり 【南仏編 サン・レミ/アルル】

 アヴィニョン(2017年)
  アングラドン美術館 【南仏編 アヴィニョン】
  世界遺産ポン・デュ・ガールとアヴィニョン近郊の村 【南仏編 アヴィニョン近郊】
  アヴィニョン教皇庁宮殿とサン・ベネゼ橋 【南仏編 アヴィニョン】
  プティ・パレ美術館 【南仏編 アヴィニョン】
  カルヴェ美術館 【南仏編 アヴィニョン】

 エクス(2017年)
  セザンヌゆかりの地めぐり 【南仏編 エクス】
  シスレー展 (コーモン芸術センター)【南仏編 エクス】
  グラネ美術館 本館 【南仏編 エクス】
  グラネ美術館 別館 【南仏編 エクス】

 マルセイユ(2017年)
  カンティーニ美術館 【南仏編 マルセイユ】
  マルセイユの写真と案内 【南仏編 マルセイユ】
  ル・コルビュジエ 「ラ・シテ・ラディユーズ(ユニテ・ダビタシオン)」 【南仏編 マルセイユ】

 パリと近郊(2012年)
  【番外編 フランス旅行】 オルセー美術館とセーヌ川
  【番外編 フランス旅行】 ルーヴル美術館
  【番外編 フランス旅行】 ポンピドゥー・センター(国立近代美術館)
  【番外編 フランス旅行】 パリ モンマルトル界隈
  【番外編 フランス旅行】 ジヴェルニー モネの家
  【番外編 フランス旅行】 ヴェルサイユ宮殿
  【番外編 フランス旅行】 バルビゾン村とフォンテーヌブロー宮殿
  【番外編 フランス旅行】 オランジュリー美術館とマルモッタン美術館
  【番外編 フランス旅行】 パリ市立プティ・パレ美術館
  【番外編 フランス旅行】 パリ市立近代美術館
  【番外編 フランス旅行】 パリ市街の写真

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
お知らせ
ブログをssl化してセキュリティ強化しました。feedly等を使ってご覧頂いている方は下記URLに変更をお願い致します。
https://21stcenturyxxxman.blog.fc2.com/?xml
また、SSL化に対応できない古い記事にアクセスできなくなることがあるようです。その場合、実際には危険はありませんが画面に警告が出ますので予めご了承ください。
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
15位
アクセスランキングを見る>>
twitter