関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

アルチンボルド展 【国立西洋美術館】

この展示は7/8の土曜日に観てきました。まだ会期の始めのほうですが既に人気で混みあっていました。

DSC04879.jpg

【展覧名】
 アルチンボルド展

【公式サイト】
 http://arcimboldo2017.jp/
 http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2017arcimboldo.html
 
【会場】国立西洋美術館
【最寄】上野駅

【会期】2017年6月20日(火)~9月24日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間30分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_②_3_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_4_⑤_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
チケット売り場は結構並んでいて、中は列を組んで見るくらいの混雑ぶりでした。奇想の絵画ということで親子連れが多く訪れているようです。この手の展示は会期末に特に混むのが予想されますので、興味がある方は早めに行くことをオススメします。

さて、この展覧会は日本でもトリックアート展などでちょくちょく出品されていたジュゼッペ・アルチンボルド(1526-1593年)の日本初の本格的なもので、油彩約10点を含む30点近い過去にない規模の展覧会となっています。アルチンボルドは奇想の画家として紹介されることが多く、神聖ローマ帝国のフェルディナント1世、マクシミリアン2世、ルドルフ2世の3代の皇帝に仕え、様々な知識を元に寄せ絵のような作品や戯画的な作品を作り宮廷を沸かせました。死後しばらくすると忘れられて行きましたが、20世紀に入りサルヴァドール・ダリを始めとするシュルレアリストたちによって再発見され、シュルレアリスムの父とまで賞賛されたようです。今回はそのアルチンボルドの貴重な作品に加え、絵画の背景となる当時の宮廷の文化なども合わせて紹介されていました。展覧会は7つの章に分かれていましたので、それに合わせて簡単にご紹介しておこうと思います。

<入口付近>
アルチンボルドメーカーという自分の顔をアルチンボルド風にして表示してくれる機械があり、ここだけ撮影可能となっていました。幾重にも行列が出来ていたので私はやらないで他人のを観ていましたが、元の顔の面影もない感じが…w いい記念にはなると思います。
2017-07-08 140115

<1章 アルチンボルドとミラノ>
この章は3代の皇帝に仕える前のミラノにいた頃についてと、自画像などが展示されていました。ミラノの頃についてはレオナルド・ダ・ヴィンチの素描などがあり、間接的に影響を受けていたのではないかと紹介されていました。自画像については恐らくこの時代のものではなく61歳頃のものでしたが、体が紙になったような表現となっていてアルチンボルドの機知を感じさせるものとなっていました。

<2章 ハプスブルク宮廷>
ここは今回のメインとなる章で、前半は様々な珍品を収集し博物館のような部屋を作っていた皇帝たちのコレクション、後半はアルチンボルドの代表作「四季」と「四大元素」がズラリと部屋の四方に並んでいます。四季はその名の通り四季を代表する草花や生き物が描かれ、それが集まって人の顔になっている作品で、四大元素は風・火・土・水の4要素にまつわる生き物や品々が集まって人の顔になっています。四季と四大元素はそれぞれ似た属性で対となっていて、春と風、夏と火、秋と土、冬と水の組み合わせでお互いが向き合うように展示されていました。年の始まりである冬を皇帝の顔にしたり、巧みにマクシミリアンの頭文字Mを服に組み込んだりと謎解きのような要素があり、皇帝を賞賛するような意図となっています。四季や四大元素をも皇帝が支配するというような意味合いもあるので、究極の皇帝ヨイショと言えそうですw それにしても見事な精密さと観察力で描かれていて、当時は非常に珍しかった新大陸の品が描かれるなどモチーフだけでも博識ぶりと皇帝の威光までも表現されているようでした。

また、その先に進むと皇帝が開催した槍試合の時の衣装デザインなどが並んでいました。アルチンボルドはアートディレクターとしての役割もあり、プロパガンダとして開催される槍試合を如何に華やかに見せるかという使命も負っていたようでした。

<3章 自然描写>
ここはアルチンボルドの追随者の作品や、当時の様々な生物の詳細な素描(主にその方面で名を馳せたヤーコポ・リゴッツィの作品)などが並んでいました。アルチンボルドの追随者の荒い描写を観ると、アルチンボルドが如何に繊細かつ正確な描写なのかよく分かりますw ヤーコポ・リゴッツィの素描はかなり細かく正確さを感じるもので、当時は珍しい生き物を集めるのが権力の象徴の1つとなっていたので、こうした作品が多く生まれたようです。(科学の進歩にも繋がって行くので良い時代だったのかも)

<4章 自然の奇跡>
こちらは実在した多毛症の人を描いた作品などが並んでいました。当時は珍しい人も好奇の対象で、顔まで毛むくじゃらの多毛症の人もコレクションとして宮廷に招かれ、贈答品として扱われていたようです。当時は人権意識とか無いので、滑稽に見えて残酷な気がします。

<5章 寄せ絵>
ここは古今東西で観られる寄せ絵についてです。寄せ絵というのはアルチンボルドの四季のように様々なものを並べて他のものに見せる表現で、日本でも歌川国芳などが多くの作品を残している よくある奇想の手法です。ここでは小部屋になったところに男根を集めて顔を表すという猥雑な作品がありましたw アルチンボルドは流石に下ネタみたいなのををそのまま使うことは無かったですが、割りとインスピレーションの源としてこういうものを観ていたのかもしれません。 他にも風景画のようで風刺が込められているような作品も並んでいました。

<6章 職業絵とカリカチュアの誕生>
ここは再びレオナルド・ダ・ヴィンチの素描なども交えながらカリカチュア(戯画)が並んでいました。アルチンボルドによる作品では、本が人になったような肖像があり、その人の職業を表しているようでした。一方では悪意すら感じる滑稽さも含まれている作品もあり、この時代の宮廷ではキツめの皮肉が受けてたようです。

<7章 上下絵から静物画ヘ>
ここはアルチンボルドによる上下ひっくり返すと別のものにみえる絵がありました。器に盛られた野菜を逆さにすると男の顔に見えるというもので、これは静物画の先駆けでもあるようなことを解説していました。ちょっと大袈裟な気もしますが、確かにこの頃に静物が独立して描かれているのは珍しいと思います。


ということで、アルチンボルドについて詳しく知ることができる内容でした。夏休みにはこうした奇想の絵を集めた展覧会が多く開催されますが、さすがは西洋美術館だけあって面白おかしいだけでなくクオリティが高い内容となっていました。美術初心者にも楽しめる展示だと思いますが、混むのが予想されますので時間に余裕を持っていくと良いかと思います。


おまけ:
こちらは5年くらい前にパリのルーヴル美術館で撮影したもの。この絵にはいくつかバージョンがあるようで、今回の出品作はルーヴル美術館所蔵品は無いようでした。
DSC_0086_00001.jpg
ちなみにこの絵はモナ・リザの部屋の近くにあったのですが、誰も見向きもせずに通り過ぎていましたw もしかして追随者のものなのかな
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
お知らせ
ブログをssl化してセキュリティ強化しました。feedly等を使ってご覧頂いている方は下記URLに変更をお願い致します。
https://21stcenturyxxxman.blog.fc2.com/?xml
また、SSL化に対応できない古い記事にアクセスできなくなることがあるようです。その場合、実際には危険はありませんが画面に警告が出ますので予めご了承ください。
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
17位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。