関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

佳人礼讃-うるわしの姿を描く- 【ホテルオークラ アスコットホール】

お盆休み期間の平日に、ホテルオークラの地下にあるアスコットホールで、「佳人礼讃-うるわしの姿を描く-」を観てきました。

DSC05378.jpg

【展覧名】
 秘蔵の名品 アートコレクション展
 佳人礼讃-うるわしの姿を描く-

【公式サイト】
 http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/events/art/

【会場】ホテルオークラ アスコットホール
【最寄】六本木一丁目/溜池山王/神谷町

【会期】2017年7月31日 (月) ~ 8月24日 (木)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間30分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
それほど混むこともなく、自分のペースで観ることができました。

さて、この展示は毎年この時期に行われているチャリティイベントで、今年は「佳人礼讃」というタイトルで9割くらいは美人画が占める内容となっていました。作品同士に特に繋がりがあるわけではなく単純に美人画を愛でるという分かりやすい内容で、3つのテーマで章分けされていましたので、各章ごとに簡単にご紹介しようと思います。

<第1章 肖像画のまなざし>
まず最初の章は洋画のコーナーで、多くは日本の近代画家によるものでした。最初にギョーム・セニャックによる写実的かつ明るい画風のミューズの肖像があり、瑞々しい印象を受けます。また、モディリアーニやキスリングといった有名画家の美人像も近くにあり、美人と一口に言ってもそれぞれ個性的な表現を楽しむことができます。
その後は黒田清輝や岡田三郎助といった白馬会の作品が並んでいます。黒田清輝の門下の画家達の作品は黒田清輝そっくりの画風でちょっと可笑しいくらい似ていました。 また、その先には小倉遊亀や東郷青児などの作品もあり、特に小倉遊亀の「若いひと」がこの章でも特に気に入りました。

<第2章 美人画にみるうるわしき佇まい>
続いては日本画のコーナーで、ここが一番充実しているかもしれません。上村松園5点、鏑木清方8点(清方は3章にもあります)、伊東深水3点、伊藤小坡2点といった感じで、明治以降の美人画の名手たちの共演となっています。やはり一番人気は上村松園かな。多くの人が集まって感嘆の声をあげていました。ここでちょっと面白かったのが伊東深水で、初期作品の「香衣」という作品がありました。妖艶なまでに白い肌をした女性が座っている様子が描かれていて、よく観る伊東深水の画風よりもリアルな細密描写となっています。これはこれでもっと多くの作品を観たいと思わせる画風でした。

<第3章 人物像の魅力に出会う>
最後は物語中の人物像や風俗画といった、人物の背景を感じさせる作品が並ぶコーナーで、日本画と洋画が並んでいました。まずは鏑木清方による雨月物語の一連のストーリーを8枚で表した作品があり、この展覧会でも見どころと言えそうです。宿を貸した美女と侍女が実は蛇の化身という妖しい話にぴったりの妖艶な雰囲気が出ていました。また、鏑木清方は他にも金色夜叉の舞台の看板用の作品などもあり、当時の人気作を題材にした作品も手がけていた様子が分かります。
この辺にはこの展覧会で唯一の風景画とも言えそうな洛中洛外図などもありました。

最後の部屋は再び洋画です。ラファエル前派のジョン・エヴァレット・ミレイや、エコール・ド・パリの藤田嗣治、マルク・シャガール、マリー・ローランサンなど豪華な面子が並びます。日本からも小磯良平の踊り子を描いた作品や多田北鳥によるキリンビールのポスターなど、様々な作品が並んでいました。


ということで、今年も充実の内容となっていました。毎年観てるので割と知っている作品も多かったですが、傑作も多く含まれていると思います。美人画という分かりやすい内容ですので、幅広い人が楽しめる内容だと思います。

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
4位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。