HOME   »  映画  »  映画「スパイダーマン ホームカミング」(ややネタバレあり)

映画「スパイダーマン ホームカミング」(ややネタバレあり)

お盆休み期間に、レイトショーで映画「スパイダーマン ホームカミング」を観てきました。この記事には設定に関する軽いネタバレが含まれておりますので、一切のネタバレを見たくない方はご注意ください。

20170813 212437

【作品名】
 スパイダーマン ホームカミング

【公式サイト】
 http://www.spiderman-movie.jp/ 

【時間】
 2時間10分程度


【ストーリー】
 退屈_1_2_3_④_5_面白

【映像・役者】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【総合満足度】
 駄作_1_2_3_④_5_名作

【感想】
公開して2~3日くらいでしたがレイトショーということもあり、それほど混んでいませんでした。

さて、この映画はアメコミで有名なスパイダーマンを映画化したもので、近年の映画化では6作目となります。しかし、最初の3部作(サム・ライミ版)、その次にリブートされた2部作(アメージング)とも異なり、2回めの再始動となっていて今までのスパイダーマンの映画との繋がりはありません。しかし一方でアイアンマンやアベンジャーズシリーズとの繋がりがあり、物語自体はキャプテン・アメリカのシビルウォーの続きとなっています。 この設定が割とストーリーに絡んでくるので、アベンジャーズを観ていないと分からない所もありそうです。(観てなくても楽しめるとは思いますが何の話か分からないところが出ると思います)

また、今回のスパイダーマンの能力に関してもこれまでのシリーズと異なるところがあり、どうして能力を身に着けたかは話でさらっと説明する程度となっています。流石に3回も同じ話をするのは観てる方も飽きるのでそこは気にならないのですが、最も違いを感じるのはスパイダーマンの年齢と相棒の存在かな。とにかく今まで観てきたスパイダーマンの中でもぶっちぎりで頼りないw 色々危なっかしくて、アイアンマンに認められたくて仕方ないというのが前面に出てる感じです。 なので、今までのスパイダーマンとは違った先の読めないハラハラするものがありましたw その辺が年齢に合ったリアルな感じがして面白いです。

ストーリーはそれほど複雑ではなく、スパイダーマン本人や友人・家族など多くの人物のキャラ付けが丁寧に描かれている感じでした。アクションシーンはハリウッドの人気作だけあって凄いの一言なので、それだけで楽しめるかと思います。

ということで、今までのスパイダーマンとは一味違った映画となっていました。アベンジャーズとの繋がりの部分は元々のファン向けですが、それを知らなくても大部分は楽しめると思います。続編もありそうだしこれからアベンジャーズとの絡みが増えそうなので、ファンは必見と言えそうです。
ちなみに映画内でマーヴェルの生みの親であるスタン・リーもカメオ出演(セリフもある)で出ていました。マニアはそういうのを探すのも楽しいかと。
 参考記事:マーベル展 時代が創造したヒーローの世界(六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー)
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
5位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。