関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

ヨコハマトリエンナーレ2017 島と星座とガラパゴス 【横浜美術館】

前回に引き続き、「ヨコハマトリエンナーレ2017 島と星座とガラパゴス」についてです。今回は最も作品数の多い横浜美術館をご紹介しようと思います。 ※今回は写真多めです。

DSC_0003_enc.jpg

【展覧名】
 ヨコハマトリエンナーレ2017 島と星座とガラパゴス

【公式サイト】
 http://www.yokohamatriennale.jp/2017/

【会場】
  横浜美術館 (この記事ではこの会場についてのみ書いています)
  横浜赤レンガ倉庫1号館
  横浜市開港記念会館 地下
   ほか

【会期】2017年8月4日(金)~11月5日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

以下の情報は「横浜美術館」会場についてのみ書いています。
【最寄】みなとみらい駅 桜木町駅など

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間30分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_②_3_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
結構お客さんがいましたが、快適に鑑賞することができました。過去に行ったヨコハマトリエンナーレに比べるとそれほど混んでいない印象です。

さて、この展示については前回の記事にも書きましたが、3年に1度横浜で行われる芸術祭で 今回は「島と星座とガラパゴス」というサブタイトルのもと、「接続」と「孤立」をテーマに、世界のいまを考える というコンセプトとなっています。こちらの会場の展示はよりそれが鮮明な作品が多かったように思いますので、今回も写真を使って気に入った作品をご紹介していこうと思います(この展示ではフラッシュを使わなければ作品の撮影が可能で、スマートフォンアプリで解説をいつでも読むことができます)
 参考記事:
  ヨコハマトリエンナーレ2017 島と星座とガラパゴス (横浜赤レンガ倉庫1号館)
  ヨコハマトリエンナーレ2017 島と星座とガラパゴス (横浜市開港記念会館 地下)
  
  ヨコハマトリエンナーレ2011 (横浜美術館)
    (2014年はブログ休止中でした)



アイ・ウェイウェイ
DSC_0004_enc.jpg DSC_0010_enc.jpg
まず入口にゴムボートが並び、救命道具で出来た柱がありました。これはアイ・ウェイウェイがドイツに住むようになってから大きな問題になった難民問題に関するもので、実際に難民たちに使われた品で作られているそうです。今回のコンセプトにマッチした作品と言えそう。
 参考記事:アイ・ウェイウェイ展 何に因って? (森美術館)

ジョコ・アヴィアント 「善と悪の境界はひどく縮れている」
DSC_0018_enc.jpg
インドネシアの作家による竹でできた巨大な作品。自国で失われつつある伝統文化や人間と自然の共生についてをテーマにしているようです。とにかく大きくて最もインパクトがある作品でした。

マップオフィス(ローラン・グディエレス/ヴァレリー・ポルトフェ) 「アイアンド・リゾート」
DSC_0028_enc.jpg
今回のタイトルにもなっている島を表現している作品。貝で作ったミニチュアでちょっと楽しげに見えました。

ミスター 「ごめんなさい」
DSC_0053_enc.jpg
日本の独特のアニメはまさにガラパゴス化の象徴のようなものかも。私はこの手の絵柄のアニメは苦手です…。

「優美な信頼(盲目的集合体のコラボレーション)」
DSC_0057_enc.jpg
これは4人の作家によるコラボ作品。シュルレアリストたちが「優美な死骸」というリレーのようなゲームによる共同作品を作ったのになぞらえているそうです。この辺には横浜美術館のシュルレアリスム関連の作品もあって、それもコラボしている感じ。
 参考記事:シュルレアリスム展 感想前編(国立新美術館)  ※甘美な死骸という表現も使われます

ケイティ・パターソン「化石のネックレス」 「すべての死んだ星」
DSC_0088_enc.jpg DSC_0090_enc.jpg
ネックレスのほうは化石を集めて作ったもので、黒地に白い点で出来たものは超新星爆発が観測されたところをプロットした天球図です。化石とか宇宙とか大好きなので、この作家の作品をもっと観たくなりました。それにしても超新星爆発の数の多さに驚きます。

アン・サマット「酋長シリーズ」
DSC_0127_enc.jpg
マレーシアの作家で、自国の伝統的な織物に由来する作品のようです。近くで見ると日用品を組み合わせていて、箒とかザルみたいなものが使われています。4つくらいこうした作品が並び、遠目で観た時の荘厳さと、近くで観た時の素材のギャップが大きくて面白かったです。

ザ・プロペラ・グループ 「映画『インセプション』のコブに扮するレーニン」
DSC_0153_enc.jpg
どこかちょっと変わったレーニン像だと思ったら、インセプションのキャラクターと併せたような姿となっていました。この辺には同じようにタイタニックやジャンゴなど様々な映画のキャラに扮したレーニン像が並んでいて面白かったです。
 参考記事:映画「インセプション」 (ごく軽いネタバレあり) 


ザ・プロペラ・グループ 「AK-47 vs. M16」
DSC_0161_enc.jpg
これはタイトルになっているソ連とアメリカの銃(ベトナム戦争で使われた)をジェルブロックの中で撃ったもの。メイキングのような映像もありましたが、衝撃がそのまま残ったような痕跡が生々しかったです。

畠山直哉 「風景」
DSC_0172_enc.jpg
こちらは2011年の震災後の沿岸部の風景。つい最近のことのように思い出されます…。

瀬尾夏海 「空白を訪ねる」
DSC_0192_enc.jpg
こちらも震災関連の作品。絵と詩で当時の様子を表していました。

風間サチコ 「僕らは鼻歌で待機する」
DSC_0206_enc.jpg
木版画を用いることで有名な作家で、かなりインパクトのある画風です。この部屋は太平洋戦争を思わせるモチーフが描かれた作品が多く、皮肉も感じられます。大本営発表の検索とか信じて良いのだろうかw 

ブルームバーグ&チャナリン 「痕跡証拠」
DSC_0218_enc.jpg
カラフルな積み木のような作品。カーペットの中央の赤い十字に何か意味があるのかもしれませんが詳細は分かりませんでした。このカーペット以外の積み木は触ることができて、鑑賞者たちが積んだりしていました。

オリバー・チャナリン 「本日の地中海の波向」
DSC_0223_enc.jpg
こちらは42枚からなる作品。矢印が描かれた作品が多く波の向きを表しているようです。これは地中海を渡る難民と関係があるようでした。

ワエル・シャウキー 「十字軍芝居 聖地カルバラーの秘密」
DSC_0262_enc.jpg
こちらは操り人形を使った劇の映像と、人形の展示です。十字軍を題材にした話で、昨今のイスラム勢力との衝突とも関係があるかも。結構長いので一部だけ観てきましたが、操り人形の作りも凄くて驚くほどに表情豊かに演じていました。

マーク・フスティニアーニ 「無限への一節 トンネル」
DSC_0265_enc.jpg
こちらはこの会場で最も気に入った作品。延々と先の見えないトンネルの入口が開いている感じで、どこまでも続いていそう…。合わせ鏡のような仕組みだと思うのですが、リアリティがありました。

ザオ・ザオ 「プロジェクト・タクラマカン」
DSC_0270_enc.jpg
こちらはタクラマカン砂漠に冷蔵庫を運んでビールを飲むというプロジェクトに使った冷蔵庫が置かれていました。新疆ウイグル自治区は民族問題を抱えている場所なので、それも関係しているのかも。

オリファー・エリアソン 「Eye see you」
DSC_0283_enc.jpg
タイトルから察するに目を表現しているのかな?? 理屈は分かりませんが、見た目の面白さが好み。

オリファー・エリアソン 「アーティスティック・ワークショップ」
DSC_0293_enc.jpg
難民や地元民など様々な人がワークショプに一緒に参加して交流するというプロジェクトによるもの。これも理屈は分からないですが、幾何学的なデザインが好み(解説を読むと割と難しいこと言っています)

マーク・フスティニアーニ 「無限への一節 穴」
DSC_0300_enc.jpg
再びマーク・フスティニアーニの作品。こちらはどこまでも続くハシゴとなっていました。

「Why Are We? project」
DSC_0309_enc.jpg
こちらはネット検索のサジェスト機能を使った作品で、「why is 国名」に続くサジェストを各国ごとに出していました。各国のイメージが分かるかもw 日本は何で安全なのかが一番気になるようです。

アイ・ウェイウェイ
DSC_0310_enc.jpg
再びアイ・ウェイウェイ。このカニは中国語で調和・強調という意味と、ネット上の検閲の隠語との同音異義語とのことです。そう言われると中国への批判のようにも思えるけど、これだけ観ても分からないかもw

この後、カフェ小倉山に行ったら、その中にも作品が展示されていました、
 参考記事:Cafe 小倉山 【桜木町界隈のお店】 


ということで、盛りだくさんの内容となっていました。ヨコハマトリエンナーレに行くのであれば、この会場を外すことはありえませんのでまずはこの会場に訪れることをオススメします。

なお、横浜美術館の裏手から赤レンガ倉庫までは無料のバスが出ています。
DSC_0319_enc.jpg
私もこれに乗って赤レンガ倉庫に向かいました。次回は赤レンガ倉庫の会場をご紹介しようと思います。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
3位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。