関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

明石虎雄 「日光駅」 【日光編】

お盆の休み中に、青春18切符を使って日光へ建物めぐりに行ってきました。今日から日光編として様々な建物をご紹介していこうと思います。まずはJRの日光駅についてです。

JR日光駅には勿論、電車で行きました。宇都宮からの日光線です。
DSC_0008_enc.jpg
行き先がレトロな字体になってました。 この電車は始点の宇都宮から観光客(特に欧米外国人)がぎっしりで、一切座れませんでしたw

ホームはこんな感じ。
DSC_0009_enc.jpg
ホームは2面で、線路の先はどん詰まりになっています。

駅に降りると貴賓室がありました。
DSC_0012_enc.jpg
残念ながらこちらは非公開。皇族などが使うようで、大理石の暖炉やシャンデリアが備え付けられているそうです。全く中が見えませんw

そしてこちらが今回のメインである日光駅の外観。
DSC_0033_enc.jpg
この駅舎は大正元年に完成しました。ネオ・ルネサンス様式という北ヨーロッパに見られる様式で、外壁ハーフティンバー(柱や梁、筋交いなどが外にむき出しになっている)の白壁で、白い貴婦人と呼ばれることもあったほど美しい姿をしています。しかし長らく設計者の名前がわからず、フランク・ロイド・ライトではないか?なんて説もあったほどだったそうです。

しかし2006年に郷土の研究家によって天井裏にあった棟札が見つかり、2012年頃についに設計者の名前が分かったそうです。
DSC_0028_enc_20170830000726ae1.jpg
ちょっと反射で分かりづらいですが、これが棟札の写真。これと当時の訃報記事により設計者は明石虎雄という鉄道院技手であることがほぼ確定したそうです。明石については宇和島出身で地元に彼の設計した病院が残っているようですが、30歳の若さで亡くなったこともあってか割と忘れられた存在となっていたようです。

早速、駅構内へ。元々2階は一等旅客専用の待合室だったそうですが、1989年(平成元年)より「ホワイトルーム」として一般に公開されています。
DSC_0015_enc.jpg
改札を出るとすぐにこの階段があり、無料で2階を見学できます。

階段を登るとこのような光景となっています。他の観光客がいないのが嬉しいような寂しいようなw
DSC_0016_enc.jpg
今は紹介パネルくらいしかないのでガランとした感じですが、格調高い雰囲気があります。

同じ場所から線路方面を観た様子。
DSC_0018_enc_20170829235712757.jpg

奥から階段方向を観た様子。
DSC_0021_enc.jpg
部屋自体は結構シンプルな印象で、豪華なシャンデリアが目を引きます。

シャンデリアと鏡付きのコート掛け
DSC_0020_enc_2017083000363898a.jpg DSC_0023_enc.jpg
このシャンデリアは開業当時のままだそうです。100年前も多くの外国人が訪れたそうで、それに恥じない駅としてこうした建物となりました。

帰り道に再び外観を撮りました。夕方は人が少ないので撮るなら夕方が良いかも。
DSC_0535_enc.jpg
こうして観ると白壁だけど柱や梁がピンクなので全体的にピンクっぽく見えるかも。しかし安っぽくないのがいい感じ。


ということで、あまり観光客もよく観ないで素通りしてしまう駅ですが、美しい駅舎です。日光に行く時にJRを使う人は多くないかもしれませんが、東武日光駅からもすぐ近くなので、建物好きな方は日光に行く際に足を伸ばしてみるのも良いかと思います。

おまけ:
こちらは東武日光駅。
DSC05364.jpg
山小屋みたいな建物で、これはこれで面白い。 ちなみに東照宮などに行くバスは始発がJRでその次が東武という順で、JRのバス停であっという間に満員になっていました。東武の駅でバスを待つよりJRまで一旦戻ったほうが座れるかもw

しかしバスに乗っても一向に進まない大渋滞でしたw
DSC_0035_enc.jpg
仕方ないのですぐにバスを降りて東照宮まで歩くことにしました。途中で湯葉のお昼をとったりした為、当初考えていた金谷ホテルの見学は時間の都合で行くのを断念しました…。

次回は最近リニューアルした日光東照宮をご紹介しようと思います。

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
3位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。