関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

【平山郁夫シルクロード美術館】の案内 2017年08月 (山梨 北杜編)

前回に引き続き平山郁夫シルクロード美術館についてです。今日は常設されている仏像と平山郁夫の作品をご紹介しようと思います。常設も撮影してきましたので、写真を使ってご紹介していこうと思います。

 ※ここの常設はルールさえ守れば写真が撮れます。
 ※当サイトからの転載は画像・文章ともに一切禁止させていただいております。

まずは外観。
DSC05870.jpg
甲斐小泉駅の駅前にあります。しかし小海線というローカル線の駅なので、お昼頃は2時間に1本くらいしか電車が来ませんw 電車で行くよりは車で行くほうが良いかも。

こちらが入口。2階からも入れますが、1階のこちらでチケットを買います。
DSC06551.jpg
ミュージアムショップもありました。

入口のすぐ近くにはシルクロードの国々から出土した仏像のコレクションが並んでいました。

仏陀像頭部(パキスタン北西部4~5世紀 ストゥッコ)
DSC05874.jpg
日本の仏像とはちょっと趣が異なる感じのお顔立ち。解説によると仏像が等身大を超えて大きくなっていく初期の頃のもので、ガンダーラやアフガニスタン東部のハッダからの影響が見られるとのこと。また、おでこの辺りには恐らく貴石がはまっていたと思われるようです。

菩薩立像(パキスタン ガンダーラ 2~3世紀)
DSC05880.jpg
こちらは菩薩ですが、首に下げた首飾りには対になったエロス(キューピッド)が彫られています。ギリシャと仏教が2世紀には既に出会っていたというのが面白いです。

仏陀坐像(パキスタン ガンダーラ 3~4世紀)
DSC05891.jpg
精悍な雰囲気の顔に生身の人間っぽさを感じる仏像。よく見ると台座の両脇に獅子が彫られた坐像。坐法はヨガに由来しているのだとか。

弥勒菩薩交脚坐像(パキスタン ガンダーラ 2~3世紀)
DSC05904.jpg
これもギリシャからの影響が見られる仏像。この髪型はアポロン神像やアフロディーテ女神像に見られるものなのだとか。

アフガニスタン カピサ 2~3世紀
DSC05937.jpg
破損しているのが惜しいですが、非常に精巧な仏像が並んでいて驚き。

他にも素晴らしい仏像が並んでいました。そして、その後は前回ご紹介した展示と特別展が続き、最後に常設の平山郁夫の作品が展示されていました。

平山郁夫「小泉富士」
DSC06236.jpg
詳細は分かりませんが、平山郁夫らしい青色をした空が印象的な1枚。

平山郁夫「流水間断無(奥入瀬渓流)」
DSC06439.jpg
こちらは横長の絵のようで六曲の屏風。奥入瀬渓流の急な流れを描いたもので、緑、白、黒の色の取り合わせが非常に印象的でした。

この絵の近くには晩年に平山郁夫が使っていた画材道具が展示されていました。
DSC06445.jpg
描きかけで未完に終わった「病室の窓辺の花」も掛かっています。

こちらのテーブルは平山郁夫がアトリエで使用していたもの。
DSC06548.jpg
実際に椅子に座ることもできます。図録もあったのでそれを閲覧してきました。

続いて2階へ。2階にはこの美術館の目玉とも言える平山郁夫作品室があります。

こんな感じで大型作品が部屋をぐるっと囲む感じで並んでいて壮観です。
DSC06244.jpg
いずれも得意のシルクロードを主題にしているのですが、大型だけあって臨場感があります。これは観に行った甲斐がありました。

平山郁夫「シルクロード行くキャラバン(らくだ隊-西・月-)」
DSC06276.jpg
この部屋にあった作品で最も気に入ったのはこちら。月光の下、砂漠を歩く様子が神秘的で深い青が平山郁夫らしさを感じさせました。


ということで、仏像も平山郁夫の作品もクオリティの高いものばかりで非常に楽しむことができました。特にシルクロードの作品が並ぶ部屋はこの美術館に行くだけの価値があると思わせる光景となっていました。平山郁夫が好きな方はいずれ訪れてみるとよろしいかと思います。

次回はこの美術館で行われているた特別展についてご紹介しようと思います。


関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
4位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。