関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで (感想前編)【森美術館】

再び「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」についてです。先日、国立新美術館で開催している同名の展示をご紹介しましたが、この展示は森美術館との共同開催となっています。この展示では撮影することもできましたので、写真を使ってご紹介していこうと思います。
 参考記事:
  サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで 感想前編(国立新美術館)
  サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで 感想後編(国立新美術館)
  サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで 感想前編(森美術館)
  サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで 感想後編(森美術館)

DSC07521.jpg

【展覧名】
 サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで

【公式サイト】
 http://sunshower2017.jp/
 http://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/sunshower2017/index.html

【会場】森美術館
【最寄】六本木駅

【会期】2017年7月5日(水)~10月23日(月)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 2時間00分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
金曜の夜に行ったのですが、空いていて快適に鑑賞することができました。

さて、この展示については国立新美術館の展示でも概要をご紹介しましたが、タイトル通り東南アジアの1980年代以降の現代アートを紹介するものです。今年はASEAN設立50周年だそうで、そうした国々の作家たちによる東南アジアの現代を映すような作品が並んでいました。こちらの展示も難解な作品も多いですが、作品を通して東南アジアのことを知ることもできましたので、詳しくは写真を使ってご紹介していこうと思います。


<発展とその影>
ASEANの総人口は現在6億人もいるそうで、これからも人口増加と市場の拡大が見込まれているそうです。しかし華やかな開発や経済発展が都市と地方の格差や環境問題といった歪みも生み出しているそうで、この章にはそれをテーマにした作品が並んでいました。

ズル・モハメド 「振動を、振動する」 シンガポール
DSC07531.jpg
展覧会入って早々にやかましい音がすると思ったらこの作品が発する音でした。これはパイプとスピーカーを使った作品で、シンガポールの高速道路の近くで録音された音が使われているそうです。

この装置が振動を作っています。ガタガタガタガタ凄い音です。
DSC07535.jpg
日本でも高度成長期には騒音が問題になっていたそうですが、この間この美術館で観たインドのアーティストも開発のネガティブな面を表現してたし、都市化と地元との軋轢はワンセットなのかも。都市化の負の側面を考えさせられる作品でした。

ジャカルタ・ウェイステッド・アーティスト(JWA) 「グラフィック・エクスチェンジ」 インドネシア
DSC07544.jpg
こちらは新しい看板と無料で交換することを提案して古い看板を集めたもの。映像ではその過程やインタビューなども流れています。消え行く風景をコレクションするような感じで、非常に興味深いです。日本でもノスタルジックな看板が消えていくのは寂しいものです。

ティス・カニータ 「天使の小屋」 カンボジア
DSC07548.jpg
これは企業開発によって立ち退きが迫る地域の住民から集めた品々を作家の家に並べたもの(の一部再現) タイトルはカンボジアの古い映画で、貧しくも幸せに暮す人々を描いた内容だそうです。ヨコハマトリエンナーレにも似た感じの意図の作品があったし、アジアの現代アートは豊かさとは何かを問う作品が多い気がします。

リュウ・クンユウ 「私の国への提案」 マレーシア
DSC07549.jpg
これはフォトコラージュで作られた作品。かなりの大型作品ですが、細部まで細かく都市の様子らしきものが表現されています。明るい未来に思えるところもあったりどこか滑稽な皮肉の効いてるようなところもあったりと、未来への期待と不安が混じっているような感じを受けました。

リム・ソクチャンリナ 「国道5号線」 カンボジア
DSC07570.jpg
これはハイウェイの建設地にある家々を撮影したものです。ハイウェイに適応?して変化した様子を捉えているそうで、直接的な開発への皮肉といった感じでした。ちなみにこの国道5号線には日本の資金援助も行われているのだとか。

アディティア・ノヴァリ 「NGACOプロジェクト--国家への提案」 インドネシア
DSC07581.jpg
会場内でスーパーマリオのコインの音みたいなのがすると思ったらこの作品でした。沢山の「NGACO」というブランドの建材が並び、モニタでCMのような動画を流しています。

よく見るとデタラメな品々ばかりで、目盛りの無い巻き尺など実際には役立たないものばかりです。「NGACO」はインドネシア語でデタラメさを意味する口語とのこと。
DSC07590.jpg
CM動画ではそれを叩き売りのようにどんどん値下げをしていました(コインの音はその値下げの時の音)最終的には90%オフだったかなw いい加減さに対する皮肉が面白い作品でした。

ホンサー・コッスワン 「反射の中の対比」 ラオス
DSC07605.jpg
こちらは一見すると普通の絵ですが、近づいてみると細かい新聞紙で出来ていることが分かります。

こちらがアップ。細い新聞紙がびっしり。
DSC07608.jpg
ラオスに押し寄せる「新しさ」に挑戦的に立ち向かう「伝統」の力を表現しているそうですが、この絵を観ると既に都市化に飲み込まれている感じがするかな。

ジョンペット・クスウィダナント 「言葉と動きの可能性」 インドネシア
DSC07616.jpg
こちらは30年間に渡ってインドネシアを独裁していたスハルト大統領の辞任スピーチを流しながら展示されていた作品。オートバイの上の旗はイスラームや学生のグループのもので、様々な思想が示されているそうです。独裁の終わりと民主主義の始まりを祝うという意味合いが込められているとのことでした。


<アートとは何か?なぜやるのか?>
東南アジアではアートが広く一般に浸透している訳ではないそうで、アーティストたちは現代性とは何かを問いながら広範な役割やアートの機能を模索しているようです。そして1990年代以降は社会関与型のアート(ソーシャリー・エンゲイジド・アート)の傾向が顕著になったそうで、それによって文化的な変革や制度の再構成を促すこともあったようです。また、2000年代にジャカルタに置かれたルアンルバという組織はアートや都市の公共スペースを奪還し拡張していくという目的に始まり、今は極めて重要な機関に成長したそうです。ここにはそうしたアートとは何かを考察するような時代の作品が並んでいました。

これはちょっと作品名が分かりませんでしたが、この辺りには村の美術学校や若手作家の育成に関する作品が並んでいたので、それに関する車だと思います。
DSC07639.jpg
割とつい最近になってようやくこうした動きが出来てきたというのが驚き。

ファジャール・アバディ・RDP 「ありがとうの拍手」 インドネシア
DSC07664.jpg
これは一種のドッキリ企画で、バスのない街の乗り合いタクシーに乗ってくる人に仕掛ける内容です。この乗り合いタクシーはサービスの悪さで有名なようですが、乗って10秒すると同乗者の仕掛け人達から厚い歓迎を受け、チョコレートまで貰えます。また、乗車料金も無料にしてもらえるというサプライズで、それをお互い楽しむというものでした。急に歓迎されて驚く様子はドッキリそのものw しかし晴れやかな顔をしているのが好印象でした。

ロラニタ・テオ 「妻たちのリスク」 インドネシア
DSC07667.jpg
こちらは映像作品で、ロウケツ染めをするインドネシアの女性たちが映されていました。

歌いながら作業をしているので楽しげに見えますが歌詞は中々に社会的で、働く女性の地位向上について歌っています。
DSC07674.jpg
また、男性の役割の変化なども歌っていて、経済発展による社会構造の変化も伺えました。

コラクリット・アルナーノンチャイ 「おかしな名前の人たちが集まった部屋の中で歴史で絵を描く3」 タイ、アメリカ
DSC07677.jpg
これは何故かみんなで寝っ転がって映像を観るという作品。私も寝っ転がって観てきましたw

アーティスト本人がラップを歌っていますw
DSC07681.jpg
正直、色々な映像があって難解でしたが様々な文化を断片的に描写しているようで情報資本主義社会を舞台にした神話を意図しているとのことでした。


ということで長くなってきたので今日はこの辺までにしようと思います。国立新美術館の展示に比べると、最近の社会問題をテーマにしたものが多かったように思います。後半にも大型作品や目新しい作品がありましたので、次回はそれをご紹介しようと思います。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

ピックアップ
オランジュリー美術館展
 前編 後編

コートールド美術館展
 前編 後編

バスキア展
 前編 後編

ゴッホ展
 前編 後編

ハプスブルク展
 前編 後編
展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
3位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。