関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

映画「ダンケルク」(ややネタバレあり)

2週間ほど前にレイトショーで映画「ダンケルク」を観てきました。この映画は歴史的な作戦を題材にしているのでタイトル自体がネタバレと言えそうですが、記事内にも多少書いていますので、ネタバレを一切見たくない方はご注意ください。(私としては予習をお勧めします)

20170920 202138

【作品名】
 ダンケルク

【公式サイト】
 http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/
 
【時間】
 1時間40分程度

【ストーリー】
 退屈_1_2_③_4_5_面白

【映像・役者】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【総合満足度】
 駄作_1_2_3_④_5_名作

【感想】
レイトショーでしたが公開してすぐに行った為か割とお客さんが入っていました。

さて、この映画は「ダークナイト」や「メメント」、「インセプション」、「インターステラー」、といった人気作を手がけ新時代の巨匠と言われ始めたクリストファー・ノーラン監督の最新作です。私もこの監督の映画は大体観ているので今回も楽しみにしていましたが、タイトルを見てピンと来る人とそうでない人で評価が分かれると映画だったと言っても良いかもしれません。ダンケルクとはフランス北東にあるベルギー国境に近い海岸の街のことで、1940年にドイツ軍に包囲された多くのイギリス兵たちここから本国へと逃げて行きました。絶望的な状況において民間船舶を含めて多くの救出船が動員され、30万人以上が無事に生還した作戦で、今でもイギリスでは語り草になるほどだそうです。この作戦をきっかけにイギリス国民は団結しナチスに屈しない態度を強めたので歴史的にも大きな意味があるのですが、映画ではその前後の話はありません。
 参考リンク:ダイナモ作戦のwikipedia

映画の内容は3つの視点から描かれていて、脱出できずに海岸にいる兵士、イギリスから救出に向かう民間船、制空権を確保しにいくスピットファイアとなっています。それぞれの時系列が前後したりしながら、やがて1本になっていく感じで、リアルで見ごたえのある戦争映画となっています。
しかし、万人受けするとは思えない描写となっていて、特徴としては
 ・ストーリーはあまり起伏がなく同じようなシーンが多い
 ・映る人は沢山いるけど、主要な登場人物は少ない
 ・みんな疲れているのでセリフも少ない
 ・状況説明も無いので分かりづらい
 ・名前が中々出ないで顔が泥だらけだったりで人の区別が難しい
 ・戦闘シーンが地味(ドイツ兵は見えないし戦闘機も少ない…)
 ・音響がリアル
 ・緊張感と絶望感が凄い
等となっています。実際に戦場にいる人の状況に近いとも言えますが、娯楽映画として観るには厳しいかもw いちいち説明しない所はインターステラーでもそうだったように思いますが、もうちょっとストーリー性は欲しかったかな。女受けが悪い映画を作る監督としてネタにされがちですが、今作の連れの感想は「もうちょっと説明が欲しかった」でしたw

ということで、せめてウィキペディアを読むくらいの予習はしておいた方が良いと思います。私としてはもっと議会や国民の反応なども含めて当時の大局的な様子なども観たかったかなと思いました。追い込まれる感じはヒシヒシと伝わってくるので、それを味わう映画として考えればよく出来ていると思います。

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
4位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。