関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

フィンランド・デザイン展 【府中市美術館】

1週間ほど前の日曜日に府中市美術館でフィンランド・デザイン展を観てきました。

DSC_0046_enc.jpg

【展覧名】
 フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展

【公式サイト】
 http://finnish-design2017.exhn.jp/
 https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/kikakuten/kikakuitiran/finland.html

【会場】府中市美術館
【最寄】府中駅

【会期】2017年9月9日(土)~10月22日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間30分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_②_3_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
たまたま入館無料の日に行ってしまい、非常に混んでいて観るのも一苦労といった感じでした。子供がダッシュしてたりして、いつもと雰囲気が違う中で鑑賞してきましたw

さて、この展示は日本でも人気のフィンランドのデザインに関する展示で、フィンランドの独立100周年を記念したものとなります。展示では独立前からフィンランドデザインの歴史をなぞる感じで構成されていて、非常に独創的な雑貨や家具などが並んでいました。この展示には作品リストが無かったので、簡単にメモしてきた内容を元に振り返ってみようと思います。


<1.フィンランド独立以前の装飾芸術>
まず最初は1900年頃の独立前のフィンランドデザインについてです。ここには陶器や木製家具、ガラス器などが並び、やや素朴なものからアール・ヌーヴォーやアールデコ的なものまでありました。フィンランドは1900年にパリ万国博覧会のフィンランド館への出品が独立の足がかりになったそうで、その時もモダンで一際目を引くデザインを披露していたそうです。この章では当時の様子を記録した映像なども紹介されていました。その後、ロシア革命の混乱に乗じて1917年にフィンランドは独立し、デザインにおいても独特の進化を遂げていきます。


<2.フィンランド・デザインの礎>
ここではフィンランドを代表する企業とデザイナーを紹介していました。食器のアラビア、テーブルウェアやガラスのイッタラ、インテリアのアルテックなどの品が並び、特にアラビアのデザイナー カイ・フランク、マリメッコのデザイナー マイヤ・イソラ、アルテックのデザイナー アルヴァ・アアルトの3人を取り上げています。
まずカイ・フランクはシンプルな形の食器やガラス器が並んでいて、色合いの可愛らしさもあれば 形のモダンさもある 飽きのこないデザインです。
次にマイヤ・イソラはド派手なテキスタイルが壁一面に展示されていて目を引きます。マリメッコの象徴とも言えるウニッコ(ケシの花)柄の鮮やかさは多くの人が心惹かれると思います。服も何着かあり、同様に明朗快活なデザインとなっていました。
アルヴァ・アアルトは北欧モダンデザインの父とも言われるほどの人物で、成型合板や曲げ木の技術を開発したそうで、曲げ木のレリーフや椅子などが並んでいます。有機的で滑らかなフォルムの作品が多く、合板以外にもガラスや金属の作品(ボウルや花瓶など)もありました。いずれも理知的な印象を受けます。さらにアルヴァ・アアルトは建築も手がけていたようで、建築の設計図などもありました。


<3.フィンランド・デザインの完成>
続いては独立後の成熟期についてのコーナーです。ここにはフィンランドモダンデザインの巨匠と呼ばれるタピオ・ヴィルカラ、ティモ・サルパネヴァ、イルマリ・タピオヴァーラなどの作品が並びます。
まずタピオ・ヴィルカラは氷を思わせるやや表面がボコボコしたガラス器が並びます。これはまさに氷柱からインスピレーションを得ているそうで、涼しげな印象を受けます。
次にティモ・サルパネヴァは丸みのあるガラス器が並び、優美な印象を受けます。こちらも素材感が面白い作品が多かったように思います。
イルマリ・タピオヴァーラは前述のアルヴァ・アアルトの弟子で、合板を使った椅子が展示されていました。合板ならではの形の自由さもあり、どこか温かみを感じる曲線が好みでした。


<4.フィンランド・デザインの異才たち>
続いては主流とは異なる独自のデザインを切り開いた4人の異才が紹介されていました。私が最も気に入ったのはこの章です。
まずフィンランドと聞いたら真っ先に思いつく人も多い「ムーミン」を生み出したトーベ・ヤンソンの作品が並びます。ムーミンの各国語版やグッズ、飛び出す絵本のようなものもありますが、それ以外にもグラフィックデザインやテキスタイルも手がけていたようです。いずれも可愛らしいデザインで幅広い人に愛されるのも納得のデザインです。ちなみに作者本人はスナフキンみたいな人柄なのか、無人島に近いところで制作していたというエピソードも紹介されていました。
そしてこの展示で一番好きになったのがエーリク・ブルーンのグラフィックデザインで、魚や果実といった自然をモチーフにしたポップな印象を受けるポスターが並んでいました。特にオレンジジュース「JEFFA(ヤッファパームツリー ヤッファジュースのポスター)」のデザインは秀逸で、オレンジジュースとオレンジの切り身がヤシの木の形となっているのが面白かったです。
続いてマリメッコのデザイナーであるヴォッコ・エスコリン・ヌルメスニエミのテキスタイルがあり、手書きのような温かみとモダンさが融合したゆったりした服(円形みたいな)が展示されていました。これは中々先進的です。
そしてもう1人はインテリアのエーロ・アールニオで、ポップな色合いの犬の形の椅子や、球体状の椅子などが並びます。この辺は有名なのでご存知の方も多いかな? 美術館の入口にもあったので、記事の最後に写真を載せておきます。


<5.フィンランド・デザインの飛躍>
こちらはWW2後から現在まで飛躍しつづけるデザインについてで、主に4人のデザイナーが紹介されていました。まずオイバ・トイッカは鳥の形のガラス器が多く並んでいて、これは以前に観たのをよく覚えていました。デフォルメされていて可愛らしさと柔らかみを感じました。
 参考記事:
  森と湖の国 フィンランド・デザイン 感想前編(サントリー美術館)
  森と湖の国 フィンランド・デザイン 感想後編(サントリー美術館)
  
続いて日本人でマリメッコのテキスタイルデザイナーの石本藤雄で、花をモチーフにした陶板が並びます。これもマリメッコらしい華やかさと優しい雰囲気があり目を引きました。勿論、テキスタイルも展示されていて独特の鮮やかな色彩感覚が流石でした。
続いてヘイッキ・オルボラはこの展示の中でも最も身近に感じたイッタラのキャンドルホルダーが並んでいました。厚みのあるガラス製で、色んなお店で観た覚えがあります。(というか家にもありますw) 定番になっているのは優れたデザインであることの証明みたいなものかな。
そしてもう1人、陶芸家でデザイナーのトーベ・スロッテはムーミンの書籍やマグカップ、スケッチなどが並んでいました。やはりフィンランドでは今でもムーミンが愛されているのがよく分かります。


<6.フィンランド・デザインのいま>
最後は現在のフィンランドデザインについてで、2人のデザイナーが紹介されていました。
まずハッリ・コスキネンはランタンやポット、ガラス器、椅子、テキスタイルなど様々な品が並び、洗練されたフィンランドデザインの精神を確実に引き継ぎならがさらに進化している感じを受けました。
もう1人はヘイニ・リータフフタで、花柄の陶器や人の形のキャンドルホルダー、陶板のリリーフなどが並んでいます。こちらは温かみのある雰囲気があり、心が安らぐ楽しさがありました。


ということで、満足度の高い内容となっていました。特にエーリク・ブルーンのポスターが気に入ったので、ポストカードを10枚くらい買ってきました。勿論、イッタラやマリメッコといったデザインが好きな方にもオススメです。もう会期末となっていますので、気になる方はすぐにでもどうぞ。 なお、この展示は10/28~12/24に宮城県美術館へと巡回するようです。

おまけ:
美術館の入り口にあったフィンランドデザインの数々。

エーロ・アールニオ「パピー」
DSC_0049_enc.jpg
名前の通り犬の置物のように見えて椅子とは思えないw

エーロ・アールニオ「ボールチェア」
DSC_0053_enc_20171016231258ae2.jpg DSC_0058_enc.jpg
この近未来感がたまらない。中に入ると防音効果があるのか、後方の音が少し聞こえなくなりますw

ムーミンとイルマリ・タピオヴァーラの椅子
DSC_0059_enc.jpg
近くのミュージアムショップではムーミングッズも売っていました。今回のミュージアムショップの品揃えは熱いです。

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

ピックアップ
ハプスブルク展
 前編 後編
展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
3位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。