関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

ブラジルの大地に生きた写真家・大原治雄 (他2つ)【FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)】

1週間ほど前の日曜日に、六本木のFUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)で
 ブラジルの大地に生きた写真家・大原治雄」
 角田修一「はりねずみの『あずき と うに』」/ 平林美紀「ひつじめぐり」
 高橋和子写真展「大地のハーモニー」
という3つの写真展を観てきました。(10/29に観た為、既に終了している展示もあります。) いずれも小展でしたのでまとめてご紹介しようと思います。



【展覧名】
 知られざる移民写真家の物語
「ブラジルの大地に生きた写真家・大原治雄」

DSC00885.jpg


【公式サイト】
 http://fujifilmsquare.jp/detail/17100104.html

【会期】2017年10月1日(日)~12月28日(木)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。



【展覧名】
 コロッと、かわいい! フワッと、おもしろい! いやしの動物
 角田修一「はりねずみの『あずき と うに』」/ 平林美紀「ひつじめぐり」

DSC00891.jpg

【公式サイト】
 http://fujifilmsquare.jp/detail/17102702.html

【会期】2017年10月27日(金)~11月9日(木)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。



【展覧名】
 高橋和子写真展「大地のハーモニー」 

DSC00892.jpg

【公式サイト】
 http://fujifilmsquare.jp/photosalon/tokyo/s1/17102701.html

【会期】2017年10月27日(金)~11月2日(木)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。



【会場】FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)
【最寄】六本木駅/乃木坂駅

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間30分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
いずれの展示も結構お客さんはいましたが快適に鑑賞することができました。

さて、このフジフイルムスクエアはいつも3つ程度の展示を並行して行ってますが、今回も面白い内容となっていましたので、それぞれ簡単にご紹介しておこうと思います。

<ブラジルの大地に生きた写真家・大原治雄>
まずこちらは1930年代に開拓民としてブラジルに渡り、現地の生活を撮り続けた写真家 大原治雄についての展示です。無名のアマチュアカメラマンとして活動していましたが、1970年代あたりから地元の新聞で取り上げ始めると、ブラジル国内で高い評価を得るようになりました。2008年に亡くなった以降も2015年にNHKのドキュメンタリーや日曜美術館で取り上げられるなど母国日本でも評価が高まっているようで、今回が首都圏で初の個展となります。

写真は10点程度ですべて白黒ですが、厳しい労働の中にも幸せを感じられるような作品が並んでいました。実際には新天地を夢見て渡ったブラジルでは奴隷労働に近い過酷なものだったようで、それから逃れるために未開の地に入植し農園を切り開いたそうですが、写真からはそういった過酷な現実よりも温かみを感じます。大きな木の根の元でポーズを取った少年や、畑で遊ぶ子どもたち、開墾した地を眺める様子など、自然と格闘しつつも自然への敬意や、家族との時間を大切にしている様子が伺えます。構図は演出しているのかは分かりませんが、瞬間を切り取ったようなものや、雄大な自然を背景に象徴的なポーズをした人物が印象的でした。20点程度なのであっという間に見終わってしまいますが、もっと作品を観たいと思わせる魅力がありました。今後もチェックしていきたい写真家です。


<角田修一「はりねずみの『あずき と うに』」/ 平林美紀「ひつじめぐり」>
こちらは2人の写真家の展示で、2匹のハリネズミを撮った角田修一 氏と 世界各国の羊を撮った平林美紀 氏の作品が半々くらいで展示されています。
まず角田修一 氏はアメブロでもハリネズミの写真のブログをされているそうで、日々の生活に溶け込んだハリネズミの「あずき」と「うに」のキュートな姿が並んでいました。ハリネズミってこんなに丸っこいのかと思うと同時に、2匹の仲の良さが一層可愛く思えます。フロイトの「ヤマアラシのジレンマ」という言葉がエヴァンゲリオンで「ハリネズミのジレンマ」と言葉を変えて出てきますが、実際には2匹はかなりお互いくっついていて、針がどうなっているのか気になりましたw 丸まってると袋に入っているみたいに見えるし、知っていそうで知らなかったハリネズミの生態と魅力を教えてくれる写真でした。

平林美紀 氏の羊たちもモコモコした可愛らしい姿を見せてくれます。 人よりも羊のほうが多いと言われるニュージーランドでも撮ってきたようで、背景が外国だったりして美しい自然に戯れる様子も面白いです。羊というと大人しい印象を受けますが、結構元気でやんちゃな感じの羊もいるようでこれも観ていて和みました。

中では撮影できませんでしたが、こちらは記念撮影のコーナー。
DSC00887.jpg
もふもふの子羊が非常に可愛いです。

この展示は2人とも癒される動物たちの姿ばかりでした。最近は猫やウサギの写真が人気ですが、ハリネズミと羊も人気が出るかも?? 可愛い動物向けの展示です。


<高橋和子写真展「大地のハーモニー」>
最後にこちらの展示はこの記事を書いている時点で終わってしまいましたが、撮影できたのでご紹介しておこうと思います。この方は定年後に北海道の景色に魅せられて写真に撮るようになったそうで、北海道の四季の写真が並んでいました。

展示風景。四季それぞれの魅力を納めていますが、やはり冬の写真が北海道らしさを感じるかな。
DSC00893.jpg
フィルムにこだわっているそうで、こんな寒そうなところで一発勝負のフィルムで撮るのは大変なのでは…。

一番好みだったのはこちら。
DSC00902.jpg
北海道の冬の厳しさと神秘性がよく出ています。


ということで、三者三様の展示内容となっていましたが、いずれも楽しむことができました。このフジフイルムスクエアはミッドタウン内の表通りに面したところにあってアクセスも良いし、無料で観られるので、気軽に立ち寄って楽しめると思います。六本木に行く機会があったらチェックしてみてください。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
2位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。