関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

装飾は流転する 「今」と向きあう7つの方法 【東京都庭園美術館】

今回は写真多めです。先週の日曜日に目黒の東京都庭園美術館で、装飾は流転する 「今」と向きあう7つの方法 Decoration never dies, anyway を観てきました。この展示は撮影可能でしたので、写真を使ってご紹介していこうと思います。

DSC02999.jpg

【展覧名】
 装飾は流転する 「今」と向きあう7つの方法 Decoration never dies, anyway 

【公式サイト】
 http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/171118-180225_decoration.html

【会場】東京都庭園美術館
【最寄】白金台駅・目黒駅

【会期】2017年11月18日(土)~2018年2月25日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間00分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_4_⑤_満足

【感想】
意外と空いていて快適に鑑賞することができました。

さて、庭園美術館はリニューアルが完了してこの展示が最初の展示となります。数年前にもリニューアルしたばかりなのに、またリニューアルかよ!?とツッコミを入れた美術ファンも多かったのではないかと思いますが、まだ西洋庭園や入口付近などは何やら工事をしているので全面的に終わるのはまだ先になりそうです。とりあえず展覧会をやってくれるようになったのは非常に嬉しい限りです。
そして今回の展示は装飾をテーマにした内容で7人のアーティストが紹介されていて、旧朝香宮邸と一体化するような展示方法となっていました。冒頭にも書いたように撮影可能となっていましたので、写真を使ってご紹介しようと思いますが、特に解説などは無く、作品名もメモしていないので簡単な感想のみとなります。

まずはこの美術館の外装。
DSC02904_20171204214858c62.jpg
アール・デコ様式のモダンな建物で、この建物で写真が撮れるだけでも今回の展示はテンションが上がります。
 参考記事:アールデコの館 旧朝香宮邸編(東京都庭園美術館)

こちらが撮影の条件
DSC02926.jpg
当たり前の条件ですが、結構守ってない人もいるのが残念。

入口から早速作品がありました。これは山縣良和 氏の作品。
DSC03001.jpg
この方は服の装飾作品かな。部屋のせいかシックな雰囲気があります。

大広間にもトランクみたいなのと輪っかのような作品があります。ヴィム・デルヴォワという人の作品かな。
DSC02915_201712042148578f9.jpg
この大広間の照明が凄く好きなので、久々に写真が撮れたでもとにかく嬉しいのですw

私がアイコンにしている香水塔もあります。(これは常に置いてあります)
20171126 141430
アールデコの美の極みって感じです。こんなに美しい邸宅って海外でも滅多にないと思います。

先程の香水塔の右後ろに見えていた部屋の中にも作品がありました。こちらもヴィム・デルヴォワの作品です。
DSC02920.jpg
オウムガイのような形をレース状の金属で表しているのが見事! ゴシック建築のような優美さと勢いを感じます。

こちらもヴィム・デルヴォワの作品かな。
DSC02936.jpg
列車を先程の作品と同じような手法で作っています。

どうも建物自体に目が行きがちですw
20171126 141739
手前に作品が写っていますが、多分ニンケ・コスターという人の作品かな。もうちょっと全体が入るように写せたら良かった…。

小食堂にはテーブルセットがありました。
DSC02964.jpg
床に何かが散らばっているのも作品のうちだと思いますが、詳しいことはよく分からずw

続いて2階。

こちらは書庫にあったミニチュアの本のような作品。
20171126 143028
この辺はどれが誰の作品か分かりませんが、書庫にマッチした作品で面白いです。それに書庫に入ったのは初めてかも??

こちらは殿下居間にあった作品。これも山縣良和 氏の作品かな?
20171126 143040
部屋に入った瞬間、存在感にたじろぎましたw 

書斎の中は流石に入れませんでしたが、2つの作品がありました。
20171126 143048
レースでできた地球儀みたいなのが面白いです。

こちらは殿下寝室にあった地球型の作品。
20171126 143129
雲がモコモコしてる感じw これも繊維でできてるのかな?

今回最も面白かったのがこちらの展示方法。
20171126 143212
バスルームと一体となって展示されているのがユーモアがあります。

バスルームの前にも作品があります。
20171126 143246
これは何だか分かりませんが、ちょっと棺みたいに見えるかな。

北の間はアジアの仏像のような作品がありました。七服神とかいう名前だったと思います。
20171126 143416
これも面白い展示方法です。

これはどこの部屋化忘れましたが、2階の暖炉の中にあった作品。恐らく高田安規子・政子 氏らによるもの。
20171126 143644
暖炉の内部が部屋のようになっている発想が素晴らしい!

妃殿下居間には小さなカード方の絨毯のような作品がありました。
20171126 143500
1枚1枚トランプと繊維で出来ています。

姫宮居間にはタンスに入った作品もありました。
20171126 143700
まさに会場と一体化した作品です。

他にも色々ありますが、本館はこの辺にしておきます。続いて新館へ。


こちらはニンケ・コスターの作品。こちらは実際に座ることができます。
20171126 144006
ゴム製なので結構柔らかく、意外と座りやすいかも。

反対側にはコア・ポアというイギリスの作家の作品が並びます。
20171126 144021
父親が絨毯の修復職人だったイラン系の人らしく、この作品も絨毯で絵画を描いたような感じでした。

この奥の部屋の映像では身元不明の遺体に恋物語を歌いかけるアラヤー・ラートチャムルーンスックという作家の映像作品がありました。普通に遺体が出てくるので閲覧注意の部屋です。


ということで、1つ1つの作品の詳しい意味は分かりませんが、会場と一体化していて直感的に楽しいと思える展示でした。単純に作品を並べるだけでなく空間自体を楽しめるのがこの美術館の最大の特徴である上、今回はそれを撮影できる機会になっているのでお勧めの展示です。非常に満足できました。


おまけ:
今回のリニューアル工事はこのエレベーターを取り付ける為のものでした。
20171126 144405
一部の部屋を改築したそうです。これでバリアフリーの美術館になったと言えそうです。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

ピックアップ
オランジュリー美術館展
 前編 後編

コートールド美術館展
 前編 後編

ゴッホ展
 前編 後編

ハプスブルク展
 前編 後編
展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
6位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。