関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

猫百態―朝倉彫塑館の猫たち― 【朝倉彫塑館】

今日、日暮里の朝倉彫塑館で開館50周年記念「猫百態―朝倉彫塑館の猫たち―」を観てきました。他の展示のネタも溜まっていますが、会期末が迫っているのでこの展示について先にご紹介しておこうと思います。

DSC04814_20171210233222542.jpg DSC04816_20171210233223c07.jpg

【展覧名】
 開館50周年記念「猫百態―朝倉彫塑館の猫たち―」 

【公式サイト】
 http://www.taitocity.net/zaidan/asakura/exhibitions/e_special/

【会場】朝倉彫塑館
【最寄】日暮里駅

【会期】2017年9月2日(土)~12月24日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 時間分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
結構多くのお客さんで賑わっていましたが、混んでいるという訳ではなく快適に鑑賞することができました。


さて、今回の展示はこの朝倉彫塑館の主である彫刻家 朝倉文夫による猫のブロンズ像と石膏像を集めた展示となっています。この朝倉彫塑館は何度か来ているのですがブログでは紹介していなかったので簡単にご説明すると、朝倉文夫は東京美術学校を卒業し第2回文部省美術展覧会の2等を皮切りに「墓守」等の代表作を制作し、文展審査委員を務めるなど幅広い活動を行いました。
 参考リンク:墓守〈朝倉文夫作/石膏原型〉(文化遺産オンライン) 
その後、アトリエだったこの場所を朝倉塾として開放し、後進の育成に励んだようです。残念ながらここは撮影できないのですが、建物自体が素晴らしくアトリエの他に 中庭の池をぐるっと囲む日本家屋や、屋上の庭園などがあり建物自体も見どころと言えます。元々のアトリエはそれほど大きくなかったのがどんどん増築していったようで、個人の邸宅とは思えないくらい(塾でもありですが)の大邸宅です。

そんな朝倉文夫ですが、非常に猫が好きだったようで、猫に関する作品を多々残しています。たまに東近美などでも観られますが、猫つかみされてる「吊された猫」が特に有名じゃないかな。猫も沢山飼っていたようで、今回はそうした猫たちを彫像にした作品が並びます。
 参考リンク:「吊された猫」(朝倉彫塑館)

百態といっても数えると60点くらいですが、実に様々な猫の姿を彫像にしています。やはり寝ている様子が一番多いものの、蝶を追いかける猫、餌を食べる猫、獲物を狙う猫、伸びをする猫、産後の猫、お乳をあげる猫、子猫の群れ、覗き込む猫 病める猫 などなど普段中々観ることができないような姿まであります。いくつか同じポーズの作品があるものの、似てるだけで別物だったり、石膏像とブロンズ像で同じものだったりします。それらを比べて鑑賞するのも面白く、質感の違いによって印象も変わってくるように思えます。それにしてもポーズが変わってもこれはさっきと同じ猫だと分かるのが凄いです。似たような猫でも特徴をよく観察していたのが伺えます。猫以外の彫像もいくつかあるのですが、人物像に関しては筋肉隆々で割とロダンっぽい印象なのに猫になると一気にしなやかさがあるのも特徴かもw

作品の大半はアトリエと書庫にありますが、いくつか家に溶け込むように展示されているのも面白いです。日向ぼっこでもしているかのように展示されていたのが特に可愛かったです。

館内は1部屋しか撮影できませんが、こちらは裏手にある本来の玄関
DSC04779.jpg
この朝倉彫塑館は靴を持って鑑賞するのですが、屋上とこの玄関では靴を履いて散策することができます。ここに出られることに気づかない人も多いかも。

こちらは唯一 撮影可能な蘭の間。
DSC04794.jpg
元々は蘭の栽培のための温室で、西向きのサンルームみたいな感じ。

これは恐らく屋上の写真じゃないかな。沢山の植物に囲まれています
DSC04798.jpg
蘭の間の近くから屋上に出られるのですが、屋上にはオリーヴの木まである菜園となっています。朝倉文夫の塾では園芸を必須科目にしていたようで、園芸を通じて自然を学んでいたようです。

こちらは朝倉文夫と猫たち
DSC04803.jpg
沢山の猫に囲まれて嬉しそうな笑顔。作品にもその愛情がにじみ出ています。

ついでにこちらは玄関前にある「群れ」という作品。
DSC04804_201712102332190a0.jpg
猫の群れは可愛いのにこれはキモいw

玄関の上からは謎の人物像が見下ろしています。
DSC04811.jpg
この後ろあたりが菜園になっています。スカイツリーも間近に見えます。


ということで、可愛い猫たちの彫像をたっぷり観ることができました。朝倉文夫の猫への愛情と観察眼には驚かされるばかりですが、建物とのコラボぶりも素晴らしい展示でした。もうすぐ会期が終わってしまいますが、猫好きの方にお勧めの展示です。


おまけ:
この朝倉彫塑館からほど近い谷中は猫の街としても有名です。
DSC04818.jpg
猫グッズの専門店や、あちこちの店で猫をモチーフにした商品が売られているので、猫好きの方は一度は訪れてみると良いかも。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。