関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

東京国立近代美術館の案内 (2017年12月前編)

今回も写真多めです。前回ご紹介した東京国立近代美術館 工芸館の展示を観た後、本館所蔵品ギャラリーで常設作品も観てきました。今回は一気に作品が入れ替わり、まだご紹介したことがない作品が沢山ありましたので前編・後編に分けてご紹介していこうと思います。ここの常設は期間が設けられているので、まずは概要についてです。

【展覧名】
 所蔵作品展 MOMAT コレクション

【公式サイト】
 http://www.momat.go.jp/am/exhibition/permanent20171114/

【会場】
  東京国立近代美術館 本館所蔵品ギャラリー

【最寄】
  東京メトロ東西線 竹橋駅

【会期】2017年11月14日~2018年5月27日
  ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間00分程度

【感想】
今回も多くの人で賑わっていましたが、自分のペースで観ることが出来ました。今回も撮影してきましたので、写真を使ってご紹介していこうと思います。
 ※ここの常設はルールさえ守れば写真が撮れますが、撮影禁止の作品もあります。
 ※当サイトからの転載は画像・文章ともに一切禁止させていただいております。

参考記事:
 東京国立近代美術館の案内 (2017年09月)
 東京国立近代美術館の案内 (2014年01月)
 東京国立近代美術館の案内 (2013年09月)
 東京国立近代美術館の案内 (2013年03月)
 東京国立近代美術館の案内 (2012年02月)
 東京国立近代美術館の案内 (2011年12月)
 東京国立近代美術館の案内 (2011年06月)
 東京国立近代美術館の案内 (2010年12月)
 東京国立近代美術館の案内 (2010年09月)
 東京国立近代美術館の案内 (2010年05月)
 東京国立近代美術館の案内 (2010年04月)
 東京国立近代美術館の案内 (2010年02月)
 東京国立近代美術館の案内 (2009年12月)

平福百穂 「荒磯」
DSC04058.jpg
デフォルメされた描写と非常に深い青が印象的な作品。琳派っぽい雰囲気も感じます。

加山又造 「群鶴図」
DSC04062.jpg
こちらも琳派を研究していた加山又造の作品。酒井抱一の群鶴図に着想を得ているようです。揃って横を向く様子がデザイン的で面白く、銀地の抱一っぽさも好みでした。

坂本繁二郎 「水より上る馬」
DSC04072.jpg
繁二郎と言えば馬です。この色合、この構図、坂本繁二郎らしさが凝縮した1枚と言えるのではないでしょうか。

朝倉文夫 「墓守」
DSC04095.jpg
朝倉文夫の代表作で、文展で2等を取った作品です。こういうお爺さん今でもいそうw 猫の彫像も良いですが、人物も流石です。
 参考記事:猫百態―朝倉彫塑館の猫たち― (朝倉彫塑館)

青木繁 「運命」
DSC04105_20171225005756e9c.jpg
神話的な雰囲気漂う作品。海の中でしょうか。 青木らしい物語性・神秘性が感じられます

岸田劉生 「『帝国文学』表紙絵」(左)、「The Earth 大地」(中)、「<人類の意志>のための下絵」(右)
DSC04116_20171225005757903.jpg
太陽や土といった原初的なものを描いた3点。何か哲学的なメッセージが込められていそうな感じがします。

十亀広太郎 「東京新橋銀座通賑之景」
DSC04141.jpg
こちらは関東大震災の直後の新橋・銀座辺りの光景。他にも幾つか同様の作品がありましたが、やはり建物が無くなってガランとした街となっています。地震は今も昔も変わらず恐ろしいものです。

織田一磨 「東京風景より 駿河台」
DSC04127.jpg
大正時代に描かれたニコライ堂。画面下の方は日本風の家屋が建ち並んでいますが、お互いに違和感がなくて美しい街並みです。
 参考記事:ニコライ堂と神田明神の写真

織田一磨 「画集新宿より 新宿カフエー街」
DSC04163.jpg
こちらはカフェの並ぶ街を描いた作品。今の新宿と同様に活気に満ちた雰囲気と、夜のカフェの独特の洒落た雰囲気が出ているようにみえます。

アルベルト・レンガー=パッチュ 「ホーヘンブルク通りとエッセン中央駅の鉄道築堤」
DSC04174.jpg
1920年代ドイツの写真動向「新即物主義」の代表作家による写真。幾何学的な美しさと連続するリズムが面白い写真でした。

アルベルト・レンガー=パッチュ 「ゲルマーニア炭鉱の採掘塔、ドルトムント=マーテン」
DSC04176_20171225010026c93.jpg
まるでコンパスのような形の採掘塔が撮られた写真。住居の真裏にこんなのがあると結構威圧感を感じるかな。機械への一種の警鐘の意味があるのかも?

谷中安規 「版画集(裏表紙)ロケーション」
DSC04209.jpg
こちらはシュルレアリスム風の版画。フィルムカメラを回す人が描かれているのがちょっと気になりました。解説によると谷中安規はドイツの怪奇映画「カリガリ博士」から強い影響を受けているとのことで、それを示しているのかも。

小野忠重 「工場に進む赤旗」
DSC04229.jpg
沢山の群衆が工場に進む様子と力強く描いた作品。ちょっと不気味だけどエネルギーが伝わってきます。
この辺は共産運動や労働運動に関連しそうな作品がいくつか並んでいました。

津田青楓 「犠牲者」
DSC04237.jpg
小林多喜二の拷問死をテーマにしたプロレタリア芸術。キリストの受難の像に匹敵するものを描きたいと考えたようですが、どちらかと言うと悲惨さが際立っているように思います。

鈴木良三 「衛生隊の活躍とビルマ人の好意」
DSC04256.jpg
第二次世界大戦時に描かれた戦争画。何だかのんびりした雰囲気で、負傷の悲惨さがあまり感じられないかな。想像で描いたのか取材したのか知りたかったけど分かりませんでした。
この辺は戦争画のコーナーでした。

藤田嗣治 「シンガポール最後の日(ブキ・テマ高地)」
DSC04270.jpg
戦争画を積極的に描いて戦後に批判された藤田嗣治。藤田の戦争画は真に迫るものがありますが、英雄的な賛美が含まれているように思います。

岡本太郎 「夜明け」
DSC04291.jpg
強い色同士がぶつかり合う抽象的な作品。それでも岡本太郎らしさを感じるのが面白いです。
 参考記事:生誕100年 岡本太郎展 (東京国立近代美術館)

難波田龍起 「昇天」
DSC04300.jpg
初台のオペラシティの美術館でも観ることができる難波田龍起ですが、こちらは写真が撮れました。淡い色彩と躍動的な雰囲気が好みです。


ということで、長くなってきたので今日はこの辺にしておこうと思います。この美術館の常設は本当に点数が多く、質も高いので特別展と同様に毎回楽しみにしていますが、今回も素晴らしい作品ばかりです。
後半も見どころが沢山でしたので、次回も引き続き常設の写真をご紹介しようと思います。

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
4位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。