関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

【箱根ラリック美術館】のオリエント急行 [LE TRAIN](箱根編)

今回も写真多めです。前回ご紹介した成川美術館に行った後、船で桃源台まで行ってそこからバスで箱根ラリック美術館へ行きました。ラリック美術館ではカフェとオリエント急行にも寄りましたので、先にそれについてご紹介しようと思います。

DSC09425.jpg

 オリエント急行 公式サイト:http://www.lalique-museum.com/letrain/
 カフェ・レストランLYS(リス) 公式サイト:http://www.lalique-museum.com/caferestaurant/guide/index.html

この美術館とカフェについては以前もご紹介しましたが、1つ心残りがあってそれが冒頭の写真にもあるオリエント急行の車両を使ったカフェに行くことでした。このオリエント急行は事前に予約が必要で、中に入る時間と出る時間が決められています。今回はたまたま13時の回の予約が取れたので、先にレストランでお昼を済ませてから乗ることにしました。
 参考記事:箱根ラリック美術館 館内の案内

こちらは箱根ラリック美術館の併設のカフェ・レストランLYS(リス)です。
DSC09415.jpg
奥にチラッとオリエント急行が見えているように、このレストランからも車両を観ることができます。

この日はランチプレート1950円を頼みました。
DSC09416.jpg
ちょっと詳しいことは忘れましたが、いずれも美味しいので値段に見合った内容です。

トマトソースが掛かっているのはチキンで、緑色のは白身の魚(スズキだったかな)です。
DSC09420.jpg
この後にオリエント急行でデザートを食べることになるので、ここではセットのみにしておきました。

こちらがオリエント急行(ル・トラン)の乗車券。飲み物とデザート込みで2100円です。飲み物は予約時に申請します。
DSC09426.jpg
この日は10時~16時まで1時間ずつ7回の案内でしたが、たまたま13時と16時が空いていました。遅い時間は以前も空いてたので狙い目かも。先着順なので先に予約を取って先に美術館を観るのも良いかもしれません。

カフェの隣に小さな待合スペースみたいなのがあって、そこで待ちました(とは言えお昼を食べて時間調整してたのですぐでしたが。)待合スペースにはオリエント急行に関係するグッズのようなものもあり、アルフィーが使ったオリエント急行の形のギターなんかもありました。また、私が行った時はちょうど『オリエント急行殺人事件』の映画をロードショーしていたこともあって、映画のポスターなども展示されていました。
 参考記事:映画「オリエント急行殺人事件」(ややネタバレあり)

そして時間になるとこのオリエント急行とルネ・ラリックに関する映像が始まります。
DSC09430.jpg
箱根の狭い道を運んできた苦労なんかが分かります。ちなみにこの車両は以前にも日本に来たことがある日本に馴染み深い車両です。1988年にフジテレビが行った企画で、鉄道少年だった私も一大事件として覚えていましたw 日本とは車輪の幅も違うし車両の長さも違う、細かいことを言えば防火設備や電源も違ったりと相当苦労して実現した夢の企画でした。当時のことについてのwikipediaも面白いので参考に貼っておきます。
 参考リンク:オリエント・エクスプレス '88のwikipedia

映像を観終わったら予約順に名前を呼ばれて車内へと移動します。

そしてこちらがオリエント急行 プルマン車No.4158DE
DSC09470.jpg
1928年にルネ・ラリックが室内装飾を手掛けたので、この美術館に相応しい車両です。白と青に黄色の帯の気品ある外観。

こちらは中の通路。
DSC_0050_enc.jpg DSC_0069_enc.jpg
外から見えるマークの部分も透かしとなっていました。

そしてこちらが客室内。大きく分けて2つの部屋がカフェスペースとなっています(席は決まっています)
DSC_0083_enc.jpg
この内装は当時のものをそのまま使っている非常に贅沢な空間となっています。

座席のアップ。
DSC_0033_enc_201802140031065f1.jpg
ライトだけは当時のレプリカのようですが雰囲気があります。

席に着くと飲み物とチョコタルトが運ばれてきました。
DSC09436.jpg
私はコーヒーを頼んだのですが、多分3杯分くらいありました。味もやや酸味強めで非常に美味しかったです。デザートも控えめな甘さで大人の味でした。

お茶を楽しんでいる間はスタッフの方がこの車両についてのエピソードを語ってくれます。質問も受け付けてくれるので、色々と聞いている人がいました。私は専ら写真を撮るのが忙しかったですw

こちらは椅子のアップと床のアップ。絨毯はトルコ絨毯です。
DSC_0055_enc.jpg DSC09450.jpg
細かいところにまで見事に装飾されています。椅子の中には藁が入っているのだとか。

こちらは車両の床付近に配置されたパイプ。
DSC09448.jpg
これは暖房用です。ちなみにこの暖房はそれほど暖かくないようで、前述の企画で日本に来る際 ロシア(ソ連)の冬の寒さには対応できないということで冬は避けたようです。なお、冷房は無いようなので日本の夏も無理ですねw

そして、やはり美術好きとしては気になるのはラリックのデザインです。こちらは天井のランプシェード。
DSC_0079_enc.jpg
これもラリックによるものだそうです。割とシンプルでラリックっぽいというよりは一般的なアール・デコ風に思えます。

こちらはあちこちにあったラリックの彫像。
DSC09462.jpg DSC_0041_enc.jpg
同じ種類のものもありますが、ぶどうのバリエーション等も含めて11種類あるようです。

こちらも彫像。酒の神バッカスの従者・巫女たちが表されています。当時の姿のままです。
DSC09452.jpg
輝いて見えるのは裏面に水銀を貼っている為です。夜はスタンドに照らされてオレンジ色に染まるようです。

こちらは帰り際に通った個室のようになっている部屋。
DSC_0093_enc.jpg DSC09464.jpg
こちらの装飾パネルはルネ・ラリックの娘のスザンヌが手がけたようです。花束をガラスで表現した可憐な作品です。

カフェタイムを含めて40分間の乗車でしたが本当にあっという間に終わってしまった感じでした。

ということで、レストランとオリエント急行を楽しんできました。特にオリエント急行は念願だったので非常に楽しめました。お茶も美味しかったですが、そんなことを気にしている暇がないほど写真を撮ったりあちこちを観てきて、連れに落ち着きがないと言われたのもいい思い出になりましたw この後、もちろん箱根ラリック美術館の展示も楽しんできましたので、それについてもご紹介しようと思います。


おまけ:
オリエント急行は箱根まで行かないと乗れませんが、北斗星のカフェなら埼玉の東川口で乗ることができます。
 参考記事:ピュアヴィレッジなぐらの郷 グランシャリオ 【東川口界隈のお店】


 2018年の箱根シリーズ
  仁清と乾山 ―京のやきものと絵画―  (岡田美術館)箱根編
  岡田美術館の常設 2018年1月(箱根編)
  箱根の鉄道と周辺の写真(箱根編)
  戦後日本画の山脈 第一回 (成川美術館)箱根編
  箱根ラリック美術館のオリエント急行 [LE TRAIN] 箱根編
  ラリックの花鳥風月  ジュエリーと、そのデザイン画 (箱根ラリック美術館)
  箱根ラリック美術館の常設 2018年1月 箱根編
  山のホテルと箱根神社の写真 箱根編
  100点の名画でめぐる100年の度 (ポーラ美術館)箱根編
  ポーラ美術館の常設 2018年1月 箱根編
  竹村京 ーどの瞬間が一番ワクワクする? (ポーラ美術館 アトリウム ギャラリー)

 2010年の箱根シリーズ
  成川美術館の案内
  季節風 (成川美術館内のお店)
  芦ノ湖~大涌谷の写真
  箱根強羅公園の写真
  アンリ・ルソー パリの空の下で ルソーとその仲間たち (ポーラ美術館)
  アレイ (ポーラ美術館のお店)
  ポーラ美術館の常設(2010年秋)
  箱根ガラスの森美術館の案内
  カフェテラッツア (箱根ガラスの森美術館のお店)
  
 2009年の箱根シリーズ
  鉄道の写真 【箱根旅行】
  箱根 彫刻の森美術館 その1
  箱根 彫刻の森美術館 その2
  箱根 彫刻の森美術館 その3
  箱根 彫刻の森美術館 その4
  大涌谷の写真 【箱根旅行】
  肖像画の100年 ルノワール、モディリアーニ、ピカソ (ポーラ美術館)
  ポーラ美術館の常設
  箱根ラリック美術館 館内の案内
  ラリック家の女神たち (箱根ラリック美術館)

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。