関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

山のホテルと箱根神社の写真 (箱根編)

今日は写真多めです。今回の箱根旅行では岩崎小彌太男爵別邸(の跡地)の「山のホテル」に泊まりました。また、山のホテルの近くにはパワースポットとしても有名な箱根神社(九頭龍神社)もあるのでそれと合わせてご紹介しようと思います。


まずは山のホテルから。芦ノ湖から見えるこの建物が「小田急山のホテル」です。
DSC08858.jpg
 公式サイト:山のホテル
 参考サイト:じゃらんでのクチコミ

海賊船の船着き場まで送迎バスが出ているのが便利で利用しました。街からはほんの少し離れていますが歩けない距離ではありません。

山のホテルの近くには箱根駒ヶ岳ロープウェーや箱根園水族館などもあります。
DSC08859.jpg
元箱根港とは逆方面で、むしろこっちのほうがやや遠いかな。今回は寄りませんでした。

こちらが山のホテルの近影。
DSC08884.jpg
元々この地には三菱財閥の創始者である岩崎彌太郎の甥で4代目社長の岩崎小彌太の別邸がありました。その別邸はわずか1年で燃えた後、ジョサイア・コンドル設計の洋館が建てられたものの、それも関東大震災で崩壊、その後にジョサイア・コンドルの設計を活かした木造の建物として建て直され、その後も焼失や改築がありスイスのロッジ風の時代もあったようです。(この時点でジョサイア・コンドルの設計部分も燃えた) そして現在のこの建物になったのは1978年なので、そんなに古くはない建物だったりします。とは言え、格調高い雰囲気の洒落た外装です。

こちらは昭和24~33年頃の山のホテルの写真。今でこそ私のような庶民も行けますが、この頃は高級ホテルで庶民にはかなり敷居が高かったと思われます。
DSC08893.jpg
もうこの頃にはジョサイア・コンドルの設計の部分は無かったようです。ジョサイア・コンドルの建物も結構失われてて凄く勿体無い話です。
 参考記事:三菱一号館竣工記念「一丁倫敦と丸の内スタイル展」 (三菱一号館美術館)

館内には成川美術館の所有する絵画も展示されていました。
鳥山玲「希翔」
DSC08888.jpg
羽ばたく鶴たちが幻想的に表されています。
 参考記事:戦後日本画の山脈 第一回 【成川美術館】(箱根編) 

川瀬巴水がこの地を描いた作品もありました。岩崎小彌太に依頼されて描いたようです。左は「ベランダより見るつつじ庭」 右は「芦ノ湖の夕富士」です
DSC08898.jpg DSC08902.jpg
この地はシャクナゲやツツジの庭園も有名で、それを描いているようです。川瀬巴水らしい叙情性がある作品で好みでした。
 参考記事:馬込時代の川瀬巴水 (大田区立郷土博物館)

絵が並んでいる辺りは地下まで吹き抜けになっていました。地下にはカフェ兼バーがあって、夜には演奏会も開かれます。
DSC08924.jpg
ここには写っていませんが暖炉もあって風情がある空間です。

私が行った日はロシアの音楽をやっていました。ほとんど知らない曲でしたが数曲程度は誰でも知っている曲をやってくれました(テトリスで有名なトロイカとか)
DSC08985.jpg
聞くのは無料ですが、基本的には何か頼むのが筋かなw 

一応、部屋はこんな感じ。すっきりして標準的なお部屋です。
DSC08929.jpg
窓からは芦ノ湖を一望できるます。
ちなみに、部屋にもシャワーはありますが大浴場が別にあります。大浴場は勿論温泉で、サウナ、室内温泉、露天温泉の3つがありました。泉質は良さそうですが、お風呂は特に凝ったところはない普通の大きな浴槽かな。

せっかくなので夕飯はホテルでいただきました。
DSC08944.jpg
和食と洋食が選べたので和食にしました。このレストランからも芦ノ湖が望めます。ちょうど夕暮れ時で、夕日は山に隠れて見えませんが美しい空と湖を見ながら食事することができます。

前菜はこんな感じでした。
DSC08948.jpg
細かいことは忘れましたが、見た目も華やかでどれも美味しかったです。戌と書かれていたのは戌年の1月に行った為ですw

この後も色々料理が出てきたのですが、器も箱根を意識したものが出てきて面白かったです。
DSC08954.jpg
こちらは歌川広重の「東海道五十三次」の箱根を金蒔絵風にしたもの。連れのは小田原だったのでいくつか種類があるのかもw


と、こんな感じでホテル自体の歴史やアートに関する品もあって楽しめました。そして次の日の朝はすぐ近くにある箱根神社(九頭龍神社)に寄ってから美術館めぐりへと出かけていきました。

 公式サイト:箱根神社

こちらが神社の湖面側の入口近く。この神社は古くからの山岳信仰と関係があるようで、御祭神は、箱根大神(ニニギノミコト、コノハナサクヤヒメノミコト、ヒコホホデミノミコト)を祭神としています。
DSC08992.jpg DSC08997.jpg
かなり広い神社なので、まずは本殿を目指しました。この階段が結構キツイw

こちらは本殿前の門
DSC09003.jpg
この神社が出来て1250年くらい経っているそうですが、建物は再建されたのかそれほど古さは感じませんでした。本殿とは別に宝物殿なんかもありますが、今回は時間の関係で寄りませんでした。

こちらが本殿。
DSC09007.jpg
割と何にでもご利益があるようで、関東屈指のパワースポットと呼ばれているようです。何しろ鎌倉幕府よりも前からあるので源頼朝も訪れたことがあるのだとか。

こちらは本殿の隣にある九頭龍神社新宮
DSC09010.jpg
元々は人々を苦しめていた龍がいたそうですが、箱根大権現に奉じた萬巻上人によって調伏され 龍は懺悔して龍神となったのがこの神社の祭神のようです。特に縁結びに効くそうで、熱心にお願いしている人たちが多かったです。ちなみに近くには安産杉なんてのもあります。

最後に、湖面に面した平和の鳥居も観てきました。(階段の昇り降りがキツイので上から観ただけですがw)
DSC09019.jpg
これは成川美術館などからも見える鳥居の裏側です。箱根のシンボルの1つって感じです。


ということで、箱根神社に参拝してご利益を少し頂けたような気がしました。凛とした空気感の漂う場所なので、それだけでも満足です。箱根のシンボル的な神社ですので、一度は訪れたい場所ではないかと思います。


 2018年の箱根シリーズ
  仁清と乾山 ―京のやきものと絵画―  (岡田美術館)箱根編
  岡田美術館の常設 2018年1月(箱根編)
  箱根の鉄道と周辺の写真(箱根編)
  戦後日本画の山脈 第一回 (成川美術館)箱根編
  箱根ラリック美術館のオリエント急行 [LE TRAIN] 箱根編
  ラリックの花鳥風月  ジュエリーと、そのデザイン画 (箱根ラリック美術館)
  箱根ラリック美術館の常設 2018年1月 箱根編
  山のホテルと箱根神社の写真 箱根編
  100点の名画でめぐる100年の度 (ポーラ美術館)箱根編
  ポーラ美術館の常設 2018年1月 箱根編
  竹村京 ーどの瞬間が一番ワクワクする? (ポーラ美術館 アトリウム ギャラリー)

 2010年の箱根シリーズ
  成川美術館の案内
  季節風 (成川美術館内のお店)
  芦ノ湖~大涌谷の写真
  箱根強羅公園の写真
  アンリ・ルソー パリの空の下で ルソーとその仲間たち (ポーラ美術館)
  アレイ (ポーラ美術館のお店)
  ポーラ美術館の常設(2010年秋)
  箱根ガラスの森美術館の案内
  カフェテラッツア (箱根ガラスの森美術館のお店)
  
 2009年の箱根シリーズ
  鉄道の写真 【箱根旅行】
  箱根 彫刻の森美術館 その1
  箱根 彫刻の森美術館 その2
  箱根 彫刻の森美術館 その3
  箱根 彫刻の森美術館 その4
  大涌谷の写真 【箱根旅行】
  肖像画の100年 ルノワール、モディリアーニ、ピカソ (ポーラ美術館)
  ポーラ美術館の常設
  箱根ラリック美術館 館内の案内
  ラリック家の女神たち (箱根ラリック美術館)

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

ピックアップ
オランジュリー美術館展
 前編 後編

コートールド美術館展
 前編 後編

バスキア展
 前編 後編

ゴッホ展
 前編 後編

ハプスブルク展
 前編 後編
展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
3位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。