関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

【杉並アニメーションミュージアム】の案内(2018年3月)

今日も写真多めです。前回ご紹介した杉並アニメーションミュージアムの企画展を観た後、常設展も観てきました。こちらも撮影することができましたので、写真を使ってご紹介していこうと思います。

DSC02203.jpg

【公式サイト】
 http://sam.or.jp/guide

【会場】杉並アニメーションミュージアム
【最寄】荻窪駅/西荻窪駅

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間45分程度

【感想】
こちらも空いていて快適に鑑賞することができました。

さて、こちらのミュージアムは日本初のアニメをテーマにした施設で、館長は鈴木伸一 氏(トキワ荘を経て藤子不二雄A・藤子不二雄F・石ノ森章太郎などの原作漫画を手がけたアニメーション作家で、ラーメン好きの小池さんのモデル)が務めています。また、杉並区はアニメの制作会社が特に集中しているようで、全国に622社ある製作所のうち138社が杉並区内にあるようです。(2016年時点)そんなアニメの聖地とも言える場所にアニメミュージアムがあるのは必然と言えるかもしれません。 ここは無料で観ることができ、常設ではアニメの歴史や作り方などを展示していました。4つの章に分かれていましたので、簡単に各章ごとに写真を使ってご紹介していこうと思います。

ミュージアムの壁には今まで訪れた漫画家・アニメ関係の方のサインがあります。
DSC02240.jpg
鈴木伸一 氏の名前と共に小池さんの絵もありました。


<日本のアニメの歴史>
まずはアニメの歴史のコーナー。歴史の紹介キャプションとともにフィギュアやグッズなどが展示されています。

これは日本初のアニメ「塙凹内名刀之巻(なまくら刀)」
DSC02262_20180323002056007.jpg
ここでも映像が流れていて、アニメの原点を知ることが出来ます。
 参考記事:東京国立近代美術館フィルムセンターの案内(2018年2月)

ここにはアニメの歴史の中でも特に人気の作品の大型フィギュアもありました。
DSC02205.jpg DSC02206.jpg
お馴染みのガンダム(左)とハクション大魔王(右) 中々のクオリティで人間と同程度の大きさです。

こちらはアニメ黎明期の鉄腕アトムの人形。
DSC02209_20180323001918ded.jpg
手前の半裸の子供は何だかわかりませんが、アトムも造形がまだイマイチな感じw

こちらはルパン三世とみつばちハッチ。
DSC02215_20180323001920f5e.jpg
この緑ジャケットのルパンと不二子はカリオストロの城の頃かな? いつ頃作られたか分かりませんが、この造形は最近っぽい気がします。

他にもドラえもんやハットリくん等のグッズや、巨人の星の映像などもありました。

この辺は80年代かな。となりのトトロやアンパンマンのグッズが並んでいました。
DSC02226.jpg
どちらも今でも愛されている作品ですね。

こちらは90年代の幽遊白書。私も毎週観てましたw
DSC02231_20180323001923597.jpg
近くにはエヴァンゲリオン(アニメ版)やポケットモンスター など90年代を代表する作品のグッズもあります。

こちらは「エヴァンゲリオン劇場版」のフィギュア
DSC02252.jpg DSC02256_2018032300192707b.jpg
現時点で2012年の「Q」が最新ですが、シン・ゴジラのおかげで続編がまだまだ出そうにありませんw あそこから収拾がつく気もしませんが、早く続きが見たいものです。

こちらは2006年の映画「ブレイブ・ストーリー」のキャラクター。
DSC02269_201803230020581ca.jpg
あまり知名度がありませんが、何故かブレイブ・ストーリーのキャラの大型フィギュアは沢山ありましたw


<アニメが出来るまで>
続いてはアニメが出来るまでについてのコーナーです。

簡単な工程はこんな感じ。
DSC02297.jpg
大まかに言うと、下絵を元に絵を描いて、動画を作成し、音声を吹き込むという流れかな。かなり多くの工程があります。

こちらは「機動戦士ガンダム」の富野由悠季 氏の机の再現。
DSC02241.jpg
私はガンダムには興味が沸かないのですが、ファンには嬉しい展示じゃないかと思います。


<アニメの原理>
こちらはアニメの原理を紹介するコーナー。

パラパラ漫画の要領で、回転させると動いて見えるのを体験できます。
DSC02275_20180323002059bf3.jpg
いくつか種類がありますが、人間の視覚の一種の錯覚を利用しているのは同じかな。


<デジタルワークショップ>
続いてはワークショップのコーナー。タイトル通りデジタルでの体験もできるようですが、今回はアナログなトレースに挑戦してみました。

こんな感じで原画とトレーシングペーパーが用意されています。
DSC02290.jpg
光る机の上に紙を重ねると輪郭がハッキリと見えました。しかし、このトレースが私には意外と難しかったですw トレーシングペーパーが動くと大変なことになります。

何とか描いたのが左の絵です。
DSC02291.jpg
オリジナルに近いけど、ちょっとズレてます。 こんな単純なしんちゃんの顔も描けないとは…w

連れは少女漫画のキャラクターをトレースしていました。
DSC02293.jpg
こっちの方がかなり細かいので大変そうでした。何のキャラかは分かりませんが…。


<これからの日本アニメ>
最後に、このアニメーションミュージアムの取っておきのコーナーです。

こちらは何と、アフレコ体験ができる機械です。
DSC02261.jpg
いくつかあるアニメとシーンの中から、キャラクターを選んでセリフを読むと、画面と合成して観ることができます。

私は鉄腕アトム(最近の)をアフレコしてみました。
DSC02298_20180323002107ea2.jpg
カラオケともまた違った自分の声にちょっと驚きましたw 自分の声って妙にくぐもって聞こえますね。 滑舌良くないと、アニメだと違和感があるので難しかったです。


ということで、アニメに関するあれこれを楽しんできました。この施設は無料というのも嬉しいです。 小規模な展示ではありますが、ワークショップやアフレコなど独特な体験もできるので、アニメ好きの方にオススメのミュージアムです。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
2位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。