関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

田中智 ミニチュアワールド「Face to Face もっとそばに」【ポーラミュージアム アネックス POLA MUSEUM ANNEX】

今日は写真多めです。先日、金曜の会社帰りに銀座のポーラミュージアム アネックスで、田中智 ミニチュアワールド「Face to Face もっとそばに」という展示を観てきました。こちらは撮影可能となっていたので写真を使ってご紹介していこうと思います(色々ネタを貯めていますが残りの会期が短いので先にご紹介)

DSC06250.jpg DSC06067.jpg

【展覧名】
 田中智 ミニチュアワールド「Face to Face もっとそばに」 

【公式サイト】
 http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/exhibition/index.html

【会場】ポーラミュージアム アネックス POLA MUSEUM ANNEX
【最寄】銀座駅・京橋駅

【会期】2018年4月27日(金)~5月27日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間30分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_③_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_4_⑤_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
金曜の夜でしたが、結構混んでいて多くのお客さんで賑わっていました。土日はかなり混むそうで、公式ツイッターでも混雑時の撮影についてのアナウンスなども出ていました。もし写真をゆっくり撮りたいという方は平日の夜などが狙い目かもしれません。

さて、この展示は田中智 氏というミニチュア制作を手がける方の展示となっています。私はこの方のことは全く知らなかったのですが、「nunu's house」というブランド名で活躍されている大阪在住の作家のようです。会場内には女子が好きそうなモチーフのミニチュアが1/12スケールで多数展示されていて、ひたすら驚きの光景が広がっています。冒頭に書いたように撮影可能となっていましたので、写真を使ってご紹介していこうと思います。なお、撮影の際のズームは作品によって異なるので、サイズ感はちょっと分かりづらいかもしれません。

入口に虫眼鏡があります。
DSC06253.jpg
大袈裟でなく、これが無いとよく分からないくらい細かいミニチュアもあります。


<1.デリ>
こちらはコンビニのパンやお弁当のミニチュアが並ぶコーナー。初っ端から驚異の世界が待ち構えています。

様々なデリがずらっと並んでいます。写真を大きくしても細部までよくわからない位小さいです。
DSC06078.jpg
めちゃくちゃ小さいのに質感が凄い! パッケージまで凝っていてかなりリアルです。

こちらはフルーツジュース
DSC06085.jpg
キウイの種とかオレンジのツブツブとかも表現されています。スモールライトで小さくしたんじゃないか?という話をしている人達がいて、完全に同意ですw


<2.ブーランジェリー>
こちらは瓶詰めのジャムのコーナーです。実物は指先に乗るくらい小さい作品ばかり並んでいます。

パンとジャムのセット。
DSC06093_20180513011842fc9.jpg
このパンも質感が本物みたい…。ジャムのツヤもジャムらしさがよく出ていました。


<3.ガーデンキッチンスタジオ>
こちらは作者の憧れのキッチンをミニチュアで作ったもの。非常にオシャレなコーナーです。

白木のスッキリした印象のキッチン。
DSC06105_20180513011857a08.jpg
会場内では作者は男性なのか女性なのか?という会話を何度も耳にしましたが、確かにこのセンスは女性的なものも感じます。

キッチンのアップ。
DSC06106.jpg
よく観るとボードや小物に文字がしっかり描かれています。電気もついて凝りに凝っています。


<4.お弁当>
続いてはお弁当。こちらも本物さながらのミニチュアが並んでいました。

お弁当のお重に様々なおかずが入っています。
DSC06108.jpg
非常に美味しそうw 田中智 氏のミニチュアは観ていて美味しそうなのも特徴の1つかも。


<5.和小物>
こちらは和小物のコーナー。風流で可愛い品々が並びます。

おせちも作られていました。
DSC06101.jpg
このおかずの一品一品を手作りしたのかと思うと気が遠くなるw 

鎧もありました。伊達政宗でしょうか。
DSC06118.jpg
鎧もしっかり編み込まれている… 甲冑マニアでなくてもこのクオリティなら観賞用に欲しくなりますw

季節感を感じる様々な和風の小物。
DSC06129.jpg
ちまきの入っている皿とかちゃんと釉薬がかかっているように見えますね。どうやって作っているのか気になる…。


<6.ごはん>
こちらは和食や洋食などごはんのミニチュアが並んだコーナー。

こちらは卵かけごはん。
DSC06134.jpg
米の1粒1粒まで作られていて驚きますが、こうしたお米のミニチュアの作り方は後ほど解説があります。

お鍋とお月見のセット。
DSC06140.jpg
こちらも非常に美味しそうw 他にもオムライスやピザ、ハンバーグなどシズル感のある品もありました。


<7.セレクトショップ>
こちらは女性のバッグやアクセサリーを並べたお店のようなコーナーです。

ピンクが基調のファンシーな雰囲気。
DSC06160.jpg
実際のショーケースのようにアイテムを美しく見せることを意識しているのだとか。

角度違いのアップ。
DSC06161.jpg
非常に可愛らしくてこういうお店ありそう。右端のガチャガチャみたいなのとかもどうやって作ったのか気になる…。


<8.グッズ>
こちらは様々なグッズのコーナー。「小さなディスプレイ{くまのnunu}Mini Display」というサブタイトルがあり、くまのnunuというキャラクターもいました。

沢山のケーキやアフタヌーンティーみたいなセット
DSC06168.jpg
熊?のキャラクターの容器に入っている芸の細かさ!

こちらがくまのnunu
DSC06177_20180513012253289.jpg
家の中でしょうか? くまのぬいぐるみみたいな温かみのあるキャラクターです。


<9.青空オープンのバス>
こちらは作者がよく行くワッフル屋さんをモチーフにしたバス。模型としても凄い出来栄え。

このワッフル屋さんもディテールまでしっかりと作られています。
DSC06220.jpg
看板の上に載っているミニチュアのミニチュアが気になる…w 一体どこまで小さく作れるのでしょうか。

<10.スイーツ>
こちらはタルトなどのミニチュアスイーツのコーナー。観ていて非常に美味しそうです。

4つのタルト。
DSC06200.jpg
こちらも美味しそう。いちごのツブツブまで表現されていることに驚きました。

こちらはクッキーの詰め合わせかな?
DSC06203.jpg
これは肉眼ではよく分からないくらい細かったですw デジカメでアップしてようやく何だか分かる。


<11.シューストア>
こちらは靴屋さん。箱も靴の色に合わせて作っています。

女性用の可愛いスニーカーが並んでいます。
DSC06211.jpg
靴も非常によく出来ていますが、箱を作るのも根気がいる作業だったのだとかw

靴のアップ。
DSC06213_20180513012259661.jpg
1つ1つ紐を通している…w 実寸でも紐通しは面倒なのにこのサイズでこれだけ作るのも相当苦労されたのでは。


<12.江戸前寿司ができるまで>
こちらはミニチュアの制作過程が分かるコーナー。

今まで何度か出来ていたお米のミニチュアの作り方はこんな感じ。
DSC06229.jpg
彫刻している訳ではなくて米粒を本当に握る感じで作るんですね… しかもミリとかそういう単位じゃないw 

この後も驚きの工程が続きます。
DSC06246.jpg
この工程も含めて、とてつもないミニチュアだということがよく分かりました。


<13.シーズンギフト>
最後は季節感のあるお菓子などが並ぶコーナーです。

クリスマスのケーキ
DSC06262.jpg
ブッシュドノエル風のロールケーキかな。デコレーションも凝っていて、熊の形になっていたりします。

バレンタインのチョコレート
DSC06265_20180513012638ed5.jpg
こちらもチョコそのものといった感じのミニチュア。熊?の形のチョコレートもありました。


最後にこのポーラのお店をミニチュアにしたものもありました。
DSC06270.jpg
こちらは1階の店舗に実物があるので見比べることができます。これそのものですw

会場内には訪れた人の感想を描くボードがありました。
DSC06275.jpg
皆さん、一様に驚かれているようです。ただ小さいだけでなくオシャレなところも素晴らしいですね。

1階には田中智 氏の出版している本の見本もありました。
DSC06281.jpg
ミニチュアの作り方なんかも載ってました。閉館時間に近かったのであまり観られませんでしたが、アマゾンなんかでも売っているようです。
 参考リンク:amazon 田中智のミニチュアコレクション (Handmade Series)


ということで、非常に驚くと共に、ミニチュアの出来の良さにわくわくさせられる内容でした。単に小さいだけでなくお洒落さや遊び心が詰まっているのが楽しかったです。写真でも魅力は伝えきれないので、是非本物を間近で観ていただきたい展示です。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
3位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。