関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

六本木アートナイト2018 【国立新美術館会場】付近

今日も写真多めです。前回に引き続き5月末に行われた六本木アートナイトの振り返りで、今日は最終回で国立新美術館周辺の様子について写真でご紹介していこうと思います。

 参考記事:
  六本木アートナイト2018 六本木ヒルズ会場付近
  六本木アートナイト2018 東京ミッドタウン会場付近

【展覧名】
 六本木アートナイト2018

【公式サイト】
 http://www.roppongiartnight.com/2018/

【会場】
 六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、 21_21 DESIGN SIGHT、
 国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース

【最寄】
 千代田線乃木坂駅/日比谷線・大江戸線 六本木駅

【会期】
  2018年5月26日(土)10:00 ~ 5月27日(日)18:00
  コアタイム 5月26日(土)18:00 ~ 5月27日(日)6:00

 参考記事:
  「六本木アートナイト2012」と「アートフェア東京2012」の予告
  「六本木アートナイト2013」と「アートフェア東京2012」の予告
  「六本木アートナイト2014」の予告
  「六本木アートナイト2017」の予告
  「六本木アートナイト2018」の予告

 「写真で旅する世界遺産」と「六本木アートナイト」と桜装飾 (2009年)
  六本木アートナイト2010 (前編)
  六本木アートナイト2010 (後編)
  六本木アートナイト2012 (前編)
  六本木アートナイト2012 (後編)
  六本木アートナイト2013 (前編)
  六本木アートナイト2013 (後編)
  六本木アートナイト2014 (前編)
  六本木アートナイト2014 (後編)
   ※2011年は東日本大震災で中止。2015、2016年はブログ休止中、2017年は記事にしませんでした。


前回ご紹介した東京ミッドタウンから国立新美術館に行く途中、近くにあった作品も観ながら向かっていきました。

こちらはミッドタウンの向かいのビルにあった志茂 浩和の「挟まる人」
DSC07589.jpg
実際に人が壁に挟まっているように観えますが、これは動画です。何人もの人が代わる代わる挟まっている様子が映されます。もがいたり考え込んだり暴れたり… 人によって様々な行動をするのが面白いです。こんな隙間を作品に使おうという発想に感心しました。

こちらは大通りから国立新美術館に向かう道に入ったトライセブン ロッポンギにあったシーラ・ヒックス「灯台」
DSC07450.jpg
どでかい糸束の塔のように観えましたが、灯台を表しているようです。観ている間は変化しませんでしたが、時間によって照明が動いて本当に灯台のような動きを表していたそうです。その様子を観てみたかったw

国立新美術館に到着したら非常にカラフルに染まっていました。
DSC07459_20180628002518fd8.jpg
こちらは今回のメインプログラムアーティストの1人の鬼頭 健吾の「hanging colors」で、中から垂れ幕を垂らしてこのような色合いにしています。色の取り合わせも見事で、お互いを引き立てつつ心地良いリズムを感じました。

こちらも鬼頭 健吾で「broken flowers」 光が揺らめくように天井に反射しています。
DSC07465_20180628002520f42.jpg DSC07478_20180628002524f58.jpg
これは5000個もの鏡を敷き詰めて花の映像を投影し反射させているもので、消えては浮かぶ幻想的な光景となっていました。

こちらは誰の作品かわかりませんでしたが、半透明なパネルで船のような形をしていた作品。
DSC07470_20180628002521f63.jpg
こちらもカラフルで意図が分からなくても色彩自体を楽しめました。

3つの作品を合わせて観られる欲張りな光景がこちら
DSC07472.jpg
実にカラフルでお祭り気分を盛り上げてくれました。見栄えの綺麗さではこの会場が一番だったかな。

中に入るとこちらにもオノ・ヨーコ「夢」がありました。
DSC07482.jpg
今回のアートナイトは国立新美術館の中は垂れ幕を除けばそれほど特設の作品はなかったので、こんな感じで素に近いかも。

こちらは1階にあったアール・ブリュット&障がいがある人の作品展「共生のエレメントー Dreaming ART Night」のミニ展示
DSC07516.jpg
アール・ブリュットは英語ではアウトサイダー・アートとも呼ばれ、精神などに障害がある方を含む、多くは正規の美術教育を受けず独自の路線を行く作家の総称です。その為、このミニ展示でも個性的な作品が並んでいました。

こちらは 健人「シロッコ」
DSC07492_20180628002527f3a.jpg
強烈な色彩でポーリングしたような ほとばしる表現となっていました。アール・ブリュットの魅力は心の中を叫ぶように表す表現なので、これもその特徴があるのではないかと思います。

こちらは新橋はつらつ太陽(共同制作)「東京駅」
DSC07529.jpg
クラフトテープの切れ端を使ってモザイク画のように作ったもの。素朴な質感が独特の味わいになっています。これを作るには相当な根気が要りそうですね…。

これ以外にも独特の個性溢れる作品が並んでいました。アウトサイダー・アートや子供の絵には底知れぬパワーを感じますね。

この国立新美術館では他にも以前ご紹介した「こいのぼりなう!」のワークショップなども開催しているようでした。
 参考記事:こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション (国立新美術館)

国立新美術館はこれくらいで、続いて周辺の展示です。

こちらは天祖神社にあった森 貴之「UVLS / Komainu」 
DSC07579.jpg
ちょっとボケてますが、両脇に狛犬っぽい作品が並んでいます。

狛犬のアップ。3Dポリゴンのレイヤーみたいなが光っていました。時間が経つと明滅します。
DSC07582.jpg
伝統的なモチーフである狛犬が近未来的になっているのも面白いですが、透けて向こう側が見えているように錯覚するのも楽しかったです。

最後に六本木西公園へと向かいました。

公園についたら何やらその場で作品を制作するパフォーマンスをしていました。
DSC07604.jpg
この方は丸 倫徳という方で、黒地にマジック(修正液?)でガンガン描いていました。下書きも写真もなく想像力だけで描いているようで、六本木の喧騒を絵に込めていました。中々驚きの制作現場です。

こちらはボンドで描いた冨永ボンドの「ボンドアート」
DSC07609.jpg
こんなカラフルなボンドがあるの?と変な所に感心しましたが、絵自体もポップで面白い作品です。ワークショップなんかもあったらしいので、時間が合えば参加したかった…。

最後にこちらは遊具を使ったサムワンズガーデン x アトリエまあん「時のウロボロス」
DSC07618.jpg
∞の字を描くように平均台を歩いてウロボロス(自分の尻尾を食べる蛇)のように循環していく感じです。

この上を歩いていると、足元に光の影が映し出されました。
DSC07622_2018062800274300b.jpg
神秘的な音も鳴って、デ・キリコの絵の中のようなちょっとシュールな世界に迷い込んだような感覚になりました。



ということで、今年の六本木アートナイトをたっぷり楽しんできました。イベントにすべて参加するというのは無理なので、これでも結構頑張ったほうではないかと思います(4時間くらい歩きっぱなしで、限界だったので深夜前に撤退しましたw) 今年はもう終わってしまいましたが、次回以降もまた開催されると思いますので、その際の参考にしていただければと思います。非常にアートを身近に感じられる一夜限りの祭典です。

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

ピックアップ
フェルメール展  前編 後編 ムンク展     前編 後編
展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
7位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。