関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

【横浜美術館】の案内 (2018年07月)

今日は写真多めです。前回ご紹介した展示を観た後、横浜美術館の常設も観てきました。コレクション展は撮影可能でしたので写真を使ってご紹介していこうと思います。

公式サイト:
 http://yokohama.art.museum/collection/index.html

 ※常設展はフラッシュ禁止などのルールを守れば撮影可能です。
  掲載等に問題があったらすぐに削除しますのでお知らせください。


今回の展示ではモネ展に合わせて、同時代の作品やモネ展で取り上げられた現代の作家の作品なども展示されていました。いくつかの題材やジャンルごとに分かれて展示されていましたが、観た順に気に入った作品をいくつかご紹介していこうと思います。
 参考記事:横浜美術館の案内 (2018年04月)


チャールズ・ワーグマン 「御茶漬屋」
DSC00594.jpg
幕末に来日したチャールズ・ワーグマンによる写実的な日本の風俗画。当時の様子がよく伝わってきます。子供を世話している母子などのんびりとした光景です。

初代宮川香山 「釉下彩白盛鶏図大花瓶」
DSC00597_20180716224903bc6.jpg
こちらは明治の帝室技芸員初代宮川香山による花瓶。鶏の毛並みが優美に表現されています。滑らかな色付けも見事です。

伝・五姓田芳柳 「外国人女性和装像(仮題)」
DSC00600.jpg
日本洋画の先駆け的な画家による和装の外国人夫妻の肖像。日本の格好をした西洋人を日本人が洋風に描くというのが中々面白いw

渡辺文三郎 「松島内雄鳥より二児島」
DSC00602.jpg
こちらは五姓田芳柳に学んだ渡辺文三郎の洋画。割と重厚感のある画風で、先生の先生であるフォンタネージからの流れを感じるかな。写実的ですが叙情的で好みの作風です。

井上安治 「霊岸島高橋の景」
DSC00609_2018071622490716b.jpg
こちらは明治時代の浮世絵。いわゆる「光線画」で有名だけあって、明暗を使った表現に優れています。月明かりの幻想性が素晴らしい作品。

井上安治 「銀座商店夜景」
DSC00615_20180716224909341.jpg
ちょっとガラスの反射で分かりづらいですが、こちらも井上安治によるもの。光をよく研究していて、写実的なだけでなく何処か心休まるような明るさとなっていました。

白髪一雄 「梁山泊」
DSC00625_201807162249103dc.jpg
色とりどりで力強い抽象画。多分、この作品はロープにぶらさがって足で描いているんだと思います。(そういう作風の方です) 絵の具がうねりのようで、動きが刻み込まれたようなマチエールが迫力あります。

中村一美 「連差-破房VII」
DSC00628.jpg
こちらも動きを感じる抽象画。何を描いているのかタイトルを観てもピンと来ませんが、雲か海が荒れ狂っているように思えました。

パブロ・ピカソ 「ヴィーナスとキューピッド(クラナッハによる)I」  「ヴィーナスとキューピッド(クラナッハによる)III」
DSC00635.jpg DSC00645.jpg
こちらは4点ほど似た作品が並んでいて、そのうち2点をピックアップ。右はややクラナッハっぽい雰囲気がありますが、左は完全にキュビスムになってますねw 2年くらい前に観たクラナッハを思い出しながら観ていました。

篠原有司男 「ラブリー・ラブリー・アメリカ(ドリンク・モア)」
DSC00651.jpg
もっと飲めとコーラを差し出して来る手が画面から飛び出している作品。きっと勧めてきているのは怖いオッサンでしょうねw 実際の意図は分かりませんが、アメリカの押し付けがましさを皮肉っているように思えました。

福田美蘭 「山水図」
DSC00659_20180716225135ba8.jpg
今回のモネ展にも出品していた福田美蘭は色んな画家の作風を模してユーモアを交えて描くのが得意です。この作品は一見すると漢画の山水に見えますが… 飛行機が飛んでいますねw

荒木経惟 「複写美人シリーズ」
DSC00657_20180716225134276.jpg
こちらは美人画を写真で撮って頭部だけ複写したアラーキーの作品。こうしてトリミングされると別の作品のように見えるのが面白かったです。

ロイ・リキテンスタイン 「夢想(版画集『11人のポップ・アーティスト』第2巻より)」
DSC00669_20180716225136151.jpg
コミック風の画風で知られるロイ・リキテンスタイン。遠くで観るとピンクっぽい顔色に見えますが、近くで観ると網点という規則正しい水玉模様のようになっているのが特徴です。是非、近くでも観て欲しい作品。

森村泰昌 「私の中のフリーダ(手の形をした耳飾り)」
DSC00684.jpg
一見するとフリーダ・カーロのように見えますが、これは森村泰昌 氏を撮った写真です。様々な人物に変装(時には人間以外にも変装)する作家ですw これはかなり本人に近いのでは?

今村紫紅 「熱国の巻(小下絵)」
DSC00708_20180716225139cc3.jpg
こちらは同名のタイトルの下絵で、本画は東京国立博物館が所蔵しています。熱国は具体的に何処と言うわけではないですが、インド旅行の際に通ったどこかではないかな。椰子の木の密集が南国の雰囲気とリズムを生んでいるように思えました。

下村観山 「小倉山」
DSC00712.jpg
この美術館の代表的なコレクションで、カフェの名前もこの作品から取っているほどです。小倉百人一首の藤原忠心(貞信公)が詠った歌の歌意を描いています。
 参考記事:生誕140年記念 下村観山展 感想後編(横浜美術館)

小倉山の右隻のアップ
DSC00719.jpg
琳派風で風情ある背景の中、ポツンと座っている人物がちょっと不思議な感じ。一体何を観ているのかも分かりませんが、雅な雰囲気がありつつミステリアスな名作です。

伊藤彬 「イメージのなかの山水」
DSC00750.jpg
こちらは壁画のように大型の画面が5枚も連なっていました。ちょっと抽象画のようですが雷雲のように暗く力強い雰囲気がありました。

藤田喬平 「飾筥 日輪」
DSC00756.jpg
こちらはガラスで出来た「飾筥」シリーズの一品。蒔絵のような重厚で豪華な雰囲気がありつつ、模様などに先進性も感じられます。日輪の赤も目に鮮やかでした。

ポール・ゴーギャン 「ナヴェ・ナヴェ・フェヌア(かぐわしき大地)」
DSC00770.jpg
こちらはゴーギャンによるタヒチを描いた版画。一種の楽園のような未開の様子が強調されているように思えます。
 参考記事:
  映画「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」(ややネタバレあり)
  ゴーギャン展2009 (東京国立近代美術館)

続いてはモネと同時代の写真家のコーナーです。

アンリ・カルティエ=ブレッソン 「サン=ラザール駅裏、パリ」
DSC00789.jpg
こちらはアンリ・カルティエ=ブレッソンの代表作の1つじゃないかな。おじさんの疾走感が魅力ですw 

ロベール・ドマシー 「黒いベールの女」
DSC00802.jpg
モデルにポーズを取らせて、まるで絵画作品のような雰囲気のある写真。優美な一方で緊張感のあるポーズに思えました。

ウジェーヌ・アジェ 「ヴェルサイユ、雷雨」
DSC00807_20180716225331e3e.jpg
昔のヴェルサイユを撮った作品。雷雨が近づいてくるちょっと不穏な雰囲気と合わせて当時の様子がよく伝わってきました。建物自体は現代と大差ないかも。
 参考記事:【番外編 フランス旅行】 ヴェルサイユ宮殿

アンドレ・ケルテス 「ピート・モンドリアン」
DSC00820_20180716225333f6b.jpg
有名画家のモンドリアンを撮ったポートレート。ちょっと気難しそうな顔していますねw 

アンドレ・ケルテス 「割れた板ガラス、1929年、パリ」
DSC00822_2018071622533459b.jpg
アンドレ・ケルテスは大好きな写真家なのでもう1枚。ガラスが割れているのが目を引き、面白い効果となっています。これ、額縁が割れていると勘違いしないかなと毎回思ってしまいますw

ジャック=アンリ・ラルティーグ 「ルネ、パリ」
DSC00829.jpg
スピード感溢れる自動車などを撮ったことで知られるラルティーグですが、上流階級の世界を撮った作品も非常に魅力的です。このエレガントなルネは現代でも通じる普遍的な美しさではないでしょうか。
 参考記事:植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ -写真であそぶ- (東京都写真美術館)


ということで、今回も見応えある内容となっていました。特に写真のコーナーが面白かったかな。ここはいつ来ても充実のコレクションとなっていますので、特別展示を観に行かれる際には常設もじっくり観ることをお勧めします。

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

ピックアップ
オランジュリー美術館展
 前編 後編

コートールド美術館展
 前編 後編

ゴッホ展
 前編 後編

ハプスブルク展
 前編 後編
展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
6位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。