関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

ブラジル先住民の椅子 野生動物と想像力 【東京都庭園美術館】

今日は写真多めです。前回ご紹介した東京都庭園美術館のレストランで休憩した後、「ブラジル先住民の椅子 野生動物と想像力」を観てきました。この展示は撮影可能となっていましたので、写真を使ってご紹介していこうと思います。

DSC02872.jpg

【展覧名】
 ブラジル先住民の椅子 野生動物と想像力

【公式サイト】
 https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/180630-0917_benchesofthebrazilian.html

【会場】東京都庭園美術館
【最寄】白金台駅・目黒駅

【会期】2018年6月30日(土)~ 9月17日(月・祝)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間30分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_4_⑤_満足

【感想】
概ね空いていて快適に鑑賞することができました。たまに撮影している人がいるのを待つくらいかな。

さて、今回はブラジルの先住民たちによる椅子をテーマにした内容となっています。ブラジルの椅子と言われてもあまりピンと来なかったのですが、実際に観てみると動物をモチーフにした宗教儀式に使う椅子など、シャーマニズムが凝縮されたような作品ばかりで非常に面白い展示となっています。17民族92点もの作品がプリツカー賞受賞建築家である伊東豊雄 氏によって会場構成されているのも抜群で、アールデコの建物の魅力も加味されている感じです。詳しくは写真を使ってご紹介していこうと思います。
なお、今回の展示の椅子はカテゴリーA~Cに分類され、各民族の名前も併記されていました。カテゴリーを大まかに言うと、
 A:日用で使う実用的な椅子(幾何文様など)
 B:シャーマンが座って宗教儀式で使う椅子(動物の形など)
 C:動物彫刻の椅子(アートや民芸品として作っている椅子)
となります。正直、BとCは見分けが難しいですが、タイトルの横に併記しておこうと思います。


ウルフ 「オウギワシ」 (カテゴリーB メイナク)
DSC02897.jpg
鳥の形が非常に洗練されていてアールデコの建物にぴったり! 模様も見事です。 鳥は遠方への誘いを意味し、神話の中でも重要な役割のようです。

ヤワピ 「カエル」 (カテゴリーB カマユーラ)
DSC02901_201808300105234b0.jpg
こちらはカエル。笑ったような表情までユニークで面白い。ちなみに椅子に座れるのは高位の男性のみなのだとか。椅子自体が聖なるもののようです。

カマルへ 「サル」 (カテゴリーC メイナク)
ウルフ 「シカ」 (カテゴリーC メイナク)
DSC02909.jpg
今回は作品も素晴らしいのですが、やはりこの美術館の建物で楽しむというのが格別です。小さいシカも可愛いw

不詳 「幾何学文様」 (カテゴリーA カラジャ)
DSC02926_20180830010526ce1.jpg
こちらは色つけがプリミティブな雰囲気で好み。南米って感じがしますね。ボディ・ペインティングに通じるものがあるようです。

ヤワピ 「ハチドリ」 (カテゴリーB カマユーラ)
DSC02929.jpg
こちらはハチドリ。コンドルかと思いましたが、アニミズムのようなものを感じます。シャーマンはトランス状態になりながらこうした椅子に座っている訳ですが、椅子に座る分 天に近づいているという考えもあるようです。

不詳 「ジャガー」 (カテゴリーB イエクワナ)
DSC02940_20180830010529e04.jpg
こちらはワニかと思いましたがジャガー。ジャガーは以前観た南米の文明の展示でもよくモチーフにされていたので、南米にとっては身近な存在なのかも。

不詳 「幾何文様」 (カテゴリーA アスリニ・ド・シングー)
不詳 「幾何文様」 (カテゴリーA アスリニ・ド・シングー)
不詳 「幾何文様」 (カテゴリーA アスリニ・ド・シングー)
不詳 「無文様」 (カテゴリーA アスリニ・ド・シングー)
DSC02947.jpg
カテゴリーAは幾何文様と無文様が多いシンプルな作品が多いようですが、これはアールデコにも通じる趣向ではないかと思います。

不詳 「ネズミ」 (カテゴリーB カヤビ)
不詳 「無文様」 (カテゴリーA カヤビ)
不詳 「幾何文様」 (カテゴリーA カヤビ)
DSC02963.jpg
会場と比べると大きさが分かるかな。かなり小さい椅子もありますが、非常に精緻です。

不詳 「ネズミ」 (カテゴリーB カヤビ)
DSC02964_2018083001053356f.jpg
先程のネズミのアップ。水玉模様がついていてちょっと変わっています。

椅子を制作する先住民の住んでいる地区の写真もありました。
DSC02977.jpg
今回の展示では特にメイナクの作品が目を引きますので要チェックです。

不詳 「双頭のオウギワシ」 (カテゴリーB 不詳)
DSC02997.jpg
こちらは双頭の鷲。まるでロシアの紋章のようなモチーフですが美しいシンメトリーになっていました。

こちらは可愛らしい椅子の3点セット
DSC03003.jpg

不詳 「エイ」 (カテゴリーB カラパロ)
DSC03009.jpg
このちょっと ゆるキャラみたいな造形が何とも可愛いw 目もちゃんとついてます。

不詳 「ハチドリ」 (カテゴリーB パリクール)
DSC03025.jpg
こちらはハチドリらしいくちばしを持っていました。幾何文様も非常に完成度が高い!

不詳 「カメ」 (カテゴリーA リクバツァ)
DSC03045.jpg
こちらは打って変わって素朴な雰囲気のカメ。木を削っただけみたいな肌が野性味あります。

不詳 「サル」 (カテゴリーB クイクロ)
DSC03054.jpg
今回の展示でも特に人気があるのがこのサル! スーパーマンの飛行ポーズみたいに手を伸ばしていますw

タワワ 「ワニ」 (カテゴリーB クイクロ)
DSC03065.jpg
こちらはワニ。ちょっと悪そうな顔が何かを狙っているような感じ。

不詳 「コウモリ」 (カテゴリーB メイナク)
DSC03082.jpg
こちらはコウモリ。これは横から撮ったものですが、ちゃんと向きが逆さになった状態で並んでいます。

ウルフ 「ホウカンチョウ」 (カテゴリーB メイナク)
DSC03093.jpg
こちらも顔が素朴で可愛い鳥。立派なくちばしをしています。

これは制作の様子の写真。寄木造りではなく一木造りとなっていて驚きです。
DSC03100.jpg
新館には映像コーナーもあって、現地で今も制作するメイナクのアーティストのインタビューなんかもありました。民芸品と思われるのではなく、アーティストとして敬意を払って貰うために様々な努力をしているようです。

本館はこの辺までで、続いては新館です。新館はカテゴリーCの作品が並んでいました

こんな感じでズラリと並びます。
DSC03109.jpg
本館だけでなく新館の展示方法も面白くて、所々にあるクッションに座りながら観ることもできます。

クータピエネ 「バク」 (カテゴリーC メイナク)
DSC03110.jpg
アリクイかと思ったらバクでしたw 鼻先が長くてキュートな顔をしています。

不詳 「ジャガー」 (カテゴリーC クイクロ)
DSC03127.jpg
ちょっとずんぐりして間が抜けてる感じがしますが、この独特の味わいが素朴で好みです。

ウルフ 「アリクイ」 (カテゴリーC メイナク)
DSC03136.jpg
こちらがアリクイ。手足の簡略具合なんかは現代アートそのものと言った感じ。曲線美が素晴らしい。

不詳 「アルマジロ」 (カテゴリーC タピラペ)
DSC03185.jpg
こちらもちょっと変わった形のアルマジロ。丸々してますね。

マワヤ 「サル」 (カテゴリーC メイナク)
DSC03191.jpg
こちらは子連れの猿。この抱きつき方とか、よほど自然観察をしているんだろうなというのが伝わってきます。

スクリ 「ジャガー」 (カテゴリーC カマユーラ)
DSC03223.jpg
この顔w ジャガーなのに親しみを感じます。 

ヤタピ 「サル」 (カテゴリーC メイナク)
DSC03225.jpg
振り向く様子が面白い。この猿も鑑賞者の人気投票で人気を集めていました。

不詳 「バク」 (カテゴリーC カヤビ)
DSC03245.jpg
幾何学文様の入ったバク。流線型のフォルムが現代的な印象となっています。

ショップではミニチュアの木彫りの動物たちも売っていました(一点物で2万円くらいから15万円くらいまでが多い) 欲しかったけど流石に買えませんでした…w


ということで、非常に満足度の高い展示となっていました。こんな世界があったのかという驚きとその造形センス、そして会場と共鳴するような構成が素晴らしいと思います。写真も撮ることが出来るので、もし足を運ばれる場合はカメラも持って行くと一層楽しめると思います。今季特にオススメの展示です。


関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

ピックアップ
オランジュリー美術館展
 前編 後編

コートールド美術館展
 前編 後編

バスキア展
 前編 後編

ゴッホ展
 前編 後編

ハプスブルク展
 前編 後編
展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
3位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。