HOME   »  過去の美術展 (2018年)  »  AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展 【21_21 DESIGN SIGHT】

AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展 【21_21 DESIGN SIGHT】

前回ご紹介した21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3の展示を観た後、ギャラリー1・2で「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」を観てきました。この展示は動画を撮ることが出来ましたので、動画を使ってご紹介していこうと思います。

DSC03281.jpg DSC03280_20180908233459d33.jpg

【展覧名】
 AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展

【公式サイト】
 http://www.2121designsight.jp/program/audio_architecture/

【会場】21_21 DESIGN SIGHT
【最寄】六本木駅・乃木坂駅

【会期】2018年6月29日(金)~10月14日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間20分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_③_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
予想以上に多くのお客さんがいましたが、大きい部屋での映像作品が中心となっていましたので、概ね快適に鑑賞することができました。

さて、この展示は中村勇吾 氏というデザイナーがディレクターを務め、ミュージシャンの小山田圭吾 氏(Cornelius)が展覧会のために新曲『AUDIO ARCHITECTURE』を描き下ろし、気鋭の作家たちが映像作品を制作するという展示となっています。と、概要を観た時にはあまりピンと来なかったのですが、実際に会場に足を運ぶと大型のスクリーンに映像が流れて 大音量と共に鑑賞者も一体となるような構成となっていました。1点あたり15秒以内であれば動画撮影も出来ましたので、いくつか動画を使ってご紹介していこうと思います。


まず入口附近に今回のロゴが回転するような映像がありました。

今回、会場中に響き渡るように音楽が流れています。数分程度の短いコーネリアスっぽさのある一種独特のテクノっぽいサウンドです。

稲垣哲郎 「スタジオライブ映像」

こちらは今回の映像のスタジオ・ライブの映像。3方向の壁にそれぞれ映像が映されています。メンバーは
 ボーカル・ギター:小山田圭吾
 ローズピアノ・コーラス:堀江博久
 ミニモーグ・コーラス:大野由美子
 ドラム:あらきゆうこ
となっています。こちらの映像は割とオーソドックスなMVみたいな雰囲気かな。

会場の様子はこんな感じ。これでも部屋の半分くらいです。

映像の眼の前に近づくことができるので、完全に映像に包まれる感じです。音響もお腹の底に響くのが心地良い。

UCNV 「Another Analogy」

映像がぶっ壊れたのではなく、こういう作品ですw この作品は後で再度ご紹介しますが、大画面で観ると特に流れの中にいるような感じがしました。

この大画面では8種類の映像がローテーションされていきます。ずっと観ていると全種類一気に流れる時もありました。

水尻自子 「airflow」

先程の作品と打って変わって印象の違う映像。テクノの尖った感じが無くて滑らかで柔らかい映像が面白い。

しばらく大画面を観た後、大画面の裏側に回りました。裏側には8作品をブースごとに流していています。

勅使河原一雅 「オンガクミミズ」

抽象画のようでもあり、音楽の波形のようでもあって、有機的な雰囲気です。原始生物も思い起こすかな。サウンドにもよく合う映像でした。

UCNV 「Another Analogy」

他にも色々あるのですが、これが一番気に入ったので再掲w 正常な映像とノイズで壊れたような映像が上下に並び、音楽に合わせて歪むのが面白い。日常の何気ない光景のはずが先進的な映像になる発想も驚きでした。アーキテクトって言葉がしっくりします。

水尻自子 「airflow」

こちらも再掲。柔らかいものが何処か生き物や人体のようでもあって、一番個性的な映像かも。

ユーフラテス(石川将也)+阿部舜 「Layers Act」

これはある意味DIYな作品。2枚のフィルム(レイヤー)を重ねて動かすとアニメーションのように動きが出る仕組みが面白い。いくつか種類があるので、鑑賞者が自分なりに映像を即席で作ることもできました。


ということで、異色の展示でそれほど点数も多くないのですが、個性的な映像ばかりで楽しむことができました。深い意味は分からなくても感覚で楽しめるので、多くの人が楽しめると思います。特に音楽や先進的な映像に興味のある方にお勧めの展示です。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
5位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。