関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

アルフォンス・ミュシャ展 (感想後編)【小田急新宿店】

今日も写真多めです。前回に引き続き小田急新宿店の「アルフォンス・ミュシャ展」についてです。前編は1~3章についてでしたが、今日は残りの4~7章についてです。この展示は撮影可能となっていましたので、後編も写真を使ってご紹介していこうと思います。

 前編はこちら


【展覧名】
 アルフォンス・ミュシャ展

【公式サイト】
 http://www.odakyu-dept.co.jp/shinjuku/special/mucha/index.html

【会場】小田急新宿店
【最寄】新宿駅

【会期】2018年12月26日(水)~2019年1月7日(月)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間30分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_③_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
前半はミュシャの代表的なポスターや資料が並んでいましたが、後半は挿絵や装飾美術、祖国での仕事などの内容となっていました。


<第4章 挿絵の魅力>
1章でも書きましたがミュシャの画業は挿絵から始まりました。歴史小説から子供向けまで幅広く手がけ、ポスター画家として大成功してからも多くの挿絵を発表していったようです。また、当時流行した雑誌の表紙も多く手がけ、ミュシャブームを起こしたそうです。ここにはそうした本にまつわる作品が並んでいました。

アルフォンス・ミュシャ 「ボスニア・ヘルツェゴヴィナ館」
DSC09943.jpg
こちらは1900年のパリ万国博覧会でミュシャが内装を担当したボスニア・ヘルツェゴヴィナ館の外観図で、雑誌『フィガロ・イリュストレ』に掲載されたもの。様々な服装をしている人々が優美な雰囲気。それにしても室内装飾まで手がけるとは万能ですね。

アルフォンス・ミュシャ 「ル・ゴロワ」
DSC09950.jpg
こちらは雑誌の表紙。何かの物語だと思いますが、沢山の人が倒れてちょっと不穏な雰囲気。詳細が知りたかった。。。

アルフォンス・ミュシャ 「オ・カルティエ・ラタン」
DSC09965_20190105012233435.jpg
有名なソルボンヌ文教地区の名前に由来する季刊誌の表紙。頭に建物と茨が乗ったような帽子を被って睥睨するような表情が面白い。2人の人物が小さめに描いてあるし、カルチェ・ラタンの擬人化でしょうか。

アルフォンス・ミュシャ 「ル・モンド・イリュストレ」
DSC09977.jpg
こちらはサイズが大きい月刊誌で、ミュシャスタイルの女性が多層な色合いの中で変化している珍しい作風なのだとか。特に華麗な印象を受ける表紙でした。

アルフォンス・ミュシャ 「ラ プリュム」
DSC09985.jpg
こちらも季刊誌の表紙。同じ絵柄ですが色が変わると印象が変わって見えますね。

アルフォンス・ミュシャ 左「ビュール・マッキントッシュ」 右「ル・モンド・モデルヌ」
DSC09994.jpg
左は1907年、右は1897年の作品。10年でちょっと画風が変わっているように見えます。左は段々と晩年の作風に近づいているように思いました。

アルフォンス・ミュシャ 「白い象の伝説」
DSC00016.jpg
こちらは一見ミュシャとはわからなそうな画風の表紙。今回の展示は幅広く多くの作品が出品されているので、こういう作品もあるのかと驚きが多かったです。

アルフォンス・ミュシャ 「舞台衣装」
DSC00040.jpg
こちらは舞台の衣装を描いた挿絵。古代風で緻密な衣装となっています。これも詳細は分からず残念。

アルフォンス・ミュシャ 「チェコ周遊旅行」
DSC00051.jpg
こちらは書籍の表紙。タイトルから察するに背景はチェコの風景でしょうか。チェコはミュシャの祖国なので、チェコ関連の作品がこの後多く出てきます。


<第5章>
ちょっと5章のキャプションを撮り忘れたのですが、確かここは装飾美術に関するコーナーだったと思います。商業ポスターも多く手がけていただけに、パッケージやノベルティなどにも携わっていたようで、ここには様々な品が並んでいました。

アルフォンス・ミュシャ 「パリスの審判」
DSC00060_2019010501252733b.jpg DSC00063.jpg
こちらは有名なギリシャ神話のパリスの審判をモチーフにしたヴェイユマール印刷所の万年カレンダー。黄金の林檎を持っているのがパリス、その背後はヘルメス、林檎を貰ってるのがアフロディーテ(ヴィーナス)、武具を持ってるのがアテナ、孔雀を連れてるのがヘラです。持ち物なども伝統的に描かれているので分かりやすい。

このカレンダーは下についている仮面の口を引っ張ると日付を変更できるようです。
DSC00066_201901050125291fa.jpg
左が曜日、真ん中が日付、右が月のようです。フランス語ですね。

アルフォンス・ミュシャ 「ショコラ マッソン」
DSC00077.jpg
こちらもカレンダー。1897年を三ヶ月ごとに区切って各季節に応じた女性像となっています。日付だけ今年にしてリメイクして欲しいw

アルフォンス・ミュシャ 「パリのシンボル」
DSC00086.jpg
こちらは飾り皿。多分、絵付けなどは他の職人だと思いますが皿にも使われていたんですね。

アルフォンス・ミュシャ 「ホイットマン社のチョコレート缶容器」
DSC00096.jpg
こちらはチョコの缶の装飾。タイル状の装飾と女性が何とも可憐。ミュシャはチョコレートに関する装飾を結構手がけているように思います。

アルフォンス・ミュシャ 「ビザンチン風の頭部 ブロンド、ブルネット」
DSC00099.jpg
こちらは前編でも出てきた作品をブロンズにしたもの。これだけ観ると古代の遺跡からの出土品みたいな風格ですw

アルフォンス・ミュシャ 「ウビガン社の[クールドジャネット]香水瓶」
DSC00104.jpg
こちらは香水瓶とラベルの装飾。絵と瓶の形が一体化していて美しいデザインです。ミュシャの作風は高貴な印象だけに合ってますね。

アルフォンス・ミュシャ 「ビスケット缶容器のラベル・シャンパン」
DSC00139.jpg
こちらはビスケットの容器。よくこんなものまで綺麗に保存しておいたものだと変な所に感心しましたが、確かにとっておきたくなりますね。ビスケットシャンパンって書いてあるのはシャンパン味なんでしょうか?? 単純に絵柄のことなのかな??

アルフォンス・ミュシャ 「ビスケット缶容器のラベル・イタリア」
DSC00143_20190105012908477.jpg
こちらも缶容器のデザイン。ヴェネツィアのゴンドラに乗る姿が何とも優美。パッケージ買いしたくなりますね。

アルフォンス・ミュシャ 「郵便切手」
DSC00156_20190105012909535.jpg
これは7章の内容とも被ってると思いますが、故郷のチェコでデザインした切手。色違いで同じ絵柄となっていました。1918年の作品で、チェコが独立して間もない時に自国最初のデザインを無償で引き受けたのだとか。

アルフォンス・ミュシャ 「コルナ紙幣」
DSC00166_2019010501285619a.jpg
こちらも独立直後にデザインしたチェコの紙幣。100コルナ紙幣の女神はパトロンの娘がモデルなのだとか。何とも優美なお札です。


<第6章 ミュシャとアメリカ>
続いてはアメリカとの関係のコーナーです。ミュシャの心は常に祖国チェコとスラヴ民族にあったようですが、当時 富の象徴であったアメリカで多くの肖像や個展、ポスター、挿絵の制作を手がけて後の大作「スラヴ叙事詩」のための資金を集めていたようです。スラヴ叙事詩は昨年にいくつか国立新美術館のミュシャ展に来ていましたが、大きいものでは6m×8mという圧倒的なスケールなので(しかも20枚もある) それを制作する為には結構なお金がかかったのだと思われます。そしてミュシャにはスポンサーもついて見事に目的は達成され、やがて祖国での「スラヴ叙事詩」へと繋がっていきます。

アルフォンス・ミュシャ 「レスター・カーター」
DSC00172.jpg DSC00173.jpg
こちらはアメリカの女優を描いた作品。顔だけやたらリアル!w それ以外の様式はミュシャらしい感じで、やはりアメリカでもこのスタイルが受けたのでしょうね。

アルフォンス・ミュシャ 「ハースト・インターナショナル2月」「ハースト・インターナショナル4月」
DSC00190.jpg
アメリカでも雑誌の表紙を手がけていたようです。こちらはパリ時代のアール・ヌーヴォー的な画風よりもスラブ叙事詩の時代の作風に近づいてきている感じがしました。

この章は点数少なめでした。


<第7章 わが祖国チェコ>
最後はミュシャが愛して止まない祖国チェコでの活動のコーナーです。1910年に祖国に戻りプラハに近い城にアトリエを構えてそこで18年間過ごしたそうです。そこで20点の「スラブ叙事詩」を描き、ミュシャの生涯をかけた大作となっています。その傍らで1918年に独立したチェコスロヴァキア共和国の新政府に協力し、切手・紙幣・国章・警官の制服までも無償でデザインを引き受けたそうです。そんな愛国者だったミュシャですが、祖国がナチス・ドイツに侵攻を受けるとゲシュタポに拘束されて尋問を受けたそうで、それが健康に響いて1939年に亡くなってしまいました。ここにはそうした晩年の作品が並んでいました。

アルフォンス・ミュシャ 「国の目覚め」
DSC00215.jpg
これは独立した年に作られた鉛筆によるポスター(のリトグラフ) 子供が手を挙げて国の始まりを祝福しているような作品となっています。

アルフォンス・ミュシャ 「スラブ叙事詩展のカタログ ブルックリン」
DSC00233.jpg
こちらはスラブ叙事詩展のカタログ。一般にミュシャというとアール・ヌーヴォーのポスターを想起すると思いますが、ミュシャ自身にとってはこのスラブ叙事詩こそがやりたかったことなんだろうと思います。去年の国立新美術館の展示で日本でもこの時代の作品が認知されるようになったんじゃないかな。

アルフォンス・ミュシャ 「原故郷のスラブ民族」
DSC00250.jpg
最後に、スラブ叙事詩の各作品をパネルで紹介していました。これは昨年に国立新美術館にも来ていた作品なのでよく覚えていました。スラブ叙事詩を観ているとチェコとスラヴの苦難の歴史が伺えます。


と言うことで、後半も盛りだくさんの内容となっていました。商業デザインも含めてこれだけ多くの作品を観られるとは予想以上だったので満足できました。ちょっと保存状態が気になるものもありますが、ミュシャが好きな方には嬉しい内容だと思います。この記事を書いている時点で会期末となっているので、気になる方はすぐにでもどうぞ。




関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

ピックアップ
オランジュリー美術館展
 前編 後編

コートールド美術館展
 前編 後編

ゴッホ展
 前編 後編

ハプスブルク展
 前編 後編
展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
6位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。