関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

大観・観山と日本美術院の画家たち展 【松岡美術館】

先日、松岡美術館で「大観・観山と日本美術院の画家たち展」を観てきました。旅行や遠征が続いて懐が寂しくなったので、ぐるっとパスを駆使して入場料を浮かせて遊ぶルートにして、松岡美術館→庭園美術館という順序でハシゴしました。(さらに近くの目黒区美術館もぐるっとパスだけで入れますが、さすがに疲れたので自重しましたw)
松岡美術館はマナーを守れば写真撮影をしても良いので、何点か写真でご紹介しようと思います。
 ※掲載に問題がありましたら掲載をおろしますので、お申し付けください。

参考:ぐるっとパスの公式サイト

P1080571.jpg

【展覧名】
 大観・観山と日本美術院の画家たち展
 
(併設展)
 中国・明清の美術 明清の絵画展
 宮廷工芸の粋展
 
【公式サイト】
 http://www.matsuoka-museum.jp/exhibit5.html

【会場】松岡美術館 2階展示室5
【最寄】白金台駅(東京メトロ) または 目黒駅(JR・東京メトロ)
【会期】2009年10月3日~12月23日
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。
 ※写真はコンパクトデジカメで撮影しました。


【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 特別展0時間20分程度 + 併設展0時間30分程度

【混み具合・混雑状況(日曜日14時頃です)】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_③_4_5_満足

【感想】
特別展は1つの部屋だけですので、20~30分程度で周れるかと思います。
この展示には前期展示と後期展示があるようです。私が行ったのは前期展示でした。(余談ですが前期・後期って展覧会が増えてきているような…。これくらいの規模なら1回にまとめてほしいです。)

まずは「大観・観山と日本美術院の画家たち展」です。タイトル通り大観、観山を始め日本美術院の画家たちの作品がありました。

横山大観 「夕月」
幽玄な雰囲気の作品。左上の空気の流れまで感じられそうな表現が凄い..。
P1080589.jpg

横山大観 「黎明」
大観らしい雄大さを感じる作品。微妙な濃淡でかすんで見えるのも
P1080592.jpg

下村観山 「長安一片月」
長安の上に月が朧に輝き静けさを感じますね。
P1080601.jpg

左:下村観山 「鷺」 今回の展示で一番気に入った作品です。優美さ溢れます。
右:川端龍子 「朝顔」 (かわばたりゅうし ←男性です!) これもかなり気に入りました。朝顔の青が可憐です。 
P1080618.jpg P1080642.jpg

菱田春草 「落ち葉」
これは全体写真で観るとわかりづらいですが、非常に鮮やかな落ち葉が美しかったです。
P1080634.jpg

堅山南風 「しょう夏帖(秋草)」
ちょっと琳派っぽい感じもするかな。色使いが好みです。
P1080670.jpg

前田青邨 「紅白梅」
枝が先進的な感じで生き生きしてますね。
P1080684.jpg

守屋多々志 「橋」
結構インパクトがある作品でした。向こうの鳥と手前の橋が浮かび上がるようです。拡大するとわかりますが黒いところも川の流れが描かれています。
P1080698.jpg

ということで小展ですが中々面白い内容でした。QRコードによる解説などもあります。


2Fの他の部屋でもちょっとした企画があったので、合わせてそちらもご紹介します。会期は大観・観山展と同じみたいです。

ここから2階展示室6の「中国・明清の美術 明清の絵画展」 

とう其昌 「郡峰しょう翠図」
変換で漢字が出てこないw 1600年頃の人で科挙にも合格したマルチな才能の持ち主みたいです。
P1080731.jpg

王き 「彷王蒙山水図」
4枚セット。これも1600年代の作品。日本の山水図とは微妙に違うのも面白いかな。
P1080741.jpg

頂聖護 「山水画冊」
これは8枚セットでした。歌も書かれていて風流です。
P1080749.jpg



さらに、2階展示室4の中国・明清の美術 「宮廷工芸の粋展」もご紹介。

ずらーっと様々な中国の工芸品が並んでいます。
P1080766.jpg

いかにも中国風な壷。形も彩色も見事です。
P1080773.jpg

一際目立っていたのがこの翡翠の屏。拡大するとわかりますが細かく鳥たちが彫られています。
P1080796.jpg

他にも翡翠や瑪瑙でできた瓶が美しかったです。 お宝の山だw
P1080804.jpg P1080808.jpg

ということで、かなり端折ってご紹介しましたが、ご紹介しなかった中にも良い作品は沢山ありますので、実際に足を運んで観てみると面白いかと思います。ここはいつものんびり静かに観られるし、写真撮れるお気に入りの美術館です。
次回は1Fの常設もご紹介しようと思います。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
No title
絵心も無い、芸術作品に触れる機会もない私は、ここで勉強させて頂いております^^;
こんな私でも、21世紀さんのブログを見て、素晴らしい、綺麗って勝手に思ってます(笑)


ファイアーハウス好きなんですね^^
セカンドアルバム私も持ってます。When I look into your eyesはいいバラードですよね、私はカラオケで唄ったりしますw
HR/HMは私も好きです。21世紀さんとは音楽の話もあいそうですね♪
2009/11/05(木) 12:50 | URL | 青い海 #-[ 編集]
Re: No title
こんばんは。私も好きなだけで絵心はやばいくらい全く無いですw だから好きなのかもしれません。

ここだけの話、美術よりメタルの方がだいぶ詳しいですw 昔は月1くらいでライブにも行ってたのですが、最近は全然いかなくなってしまった…。 
FIREHOUSEいいですよね。昔、GOTTHARDとかharem scaremあたりと共に聴きまくってました。懐かしいです^^ また音楽の話もふってみてくださいw
2009/11/06(金) 01:15 | URL | 21世紀のxxx者 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
4位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。