関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

明治150年記念 NIPPON 鉄道の夜明け 【旧新橋停車場 鉄道歴史展示室】

前回ご紹介した展示を観た後、新橋の旧新橋停車場 鉄道歴史展示室で「明治150年記念 NIPPON 鉄道の夜明け」を観てきました。

DSC00648.jpg

【展覧名】
 明治150年記念 NIPPON 鉄道の夜明け

【公式サイト】
 http://www.ejrcf.or.jp/shinbashi/

【会場】旧新橋停車場 鉄道歴史展示室
【最寄】新橋駅

【会期】2018年12月18日(火)~2019年3月3日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間30分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_①_2_3_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_③_4_5_満足

【感想】
空いていて快適に鑑賞することができました。

さて、この展示は2018年が明治150年に当たるのを記念して企画されたもので、日本の鉄道の歴史の中で特に黎明期についてパネルなどで紹介する内容となっています。日本は明治維新の後にイギリスの援助を受けてエドモンド・モレル等お雇い外国人を招聘し、その指導の元に鉄道が敷設されるわけですが、この展示ではそれ以前の歴史から紹介されていて、意外なエピソードなどもありました。3章構成となっていましたので、簡単に各章ごとにその様子を振り返ってみようと思います。


<1章 夜明け前>
まずは鉄道敷設以前のコーナーです。ここには「別段風説書」という出島のオランダ商館長から提出された書物のコピーがあり、パナマ地峡やエジプトに鉄道を敷設するという記事が乗っています。まだ時代は江戸幕府ですが、鎖国中でもオランダを仲介して割と世界情勢について幕府の上層部は知っていたらしく、その中に鉄道も含まれているようです。(読んでも鉄道って何だ?ってなりそうな気がしますが)

さらに1853年にロシアの軍艦が来た際、蒸気機関車の鉄道を載せていたらしく佐賀藩がそれを実見したそうです。そして佐賀藩はその模型を自力で作ったようで、当時の再現模型の写真のコピーが展示されていました。模型と言ってもNゲージみたいなものではなく 縁日で子供を載せる機関車くらいあるやつで、仕組みを知ったとしてもそれを再現できるとは驚きでした。また、実はペリーも蒸気機関車を持ってきていたそうで、人を乗せて走っている様子を描いた絵のコピーも展示されていました。いずれも こんなものがあったとは意外です。

その先にはジョン万次郎から伝え聞いた「漂客談奇」の一部から鉄道についての記事のコピーが抜粋されていました。「レイロウ(レイルロード)」について語っているのですが、絵は無く分かりづらそうです。一方、同じく浜田彦蔵が漂流してアメリカの船で助けられた漂流記が並んでいて、こちらは下手だけどアメリカの汽車が描かれていました。テイストとしてはUFO目撃談のイラストみたいな感じですw まあ、当時の日本人にとっての鉄道は現在のUFOみたいなもんでしょうね。

そして章の最後には伊藤博文ら5人組がイギリスに密航した話が紹介されていて、中でも井上勝は鉱山と鉄道を学び 後に初代鉄道頭となっています。ここはその解説と写真くらいだったかな。


<2章 鉄道の夜明け>
続いてはよく知られる鉄道開業の頃のコーナーです。エドモンド・モレルら外国人技師を招聘した話があり、モレルの写真とか工部省の関連資料の写真、当時の辞令とか鉄道開業のイラストなんかもあります。(コピーばかりです) 烏帽子姿の明治天皇が横浜駅で汽車から降りている様子もあり、当時いかに大イベントだったのかが伝わってきました。

さらにここには開業の頃の錦絵のコピーもあり、横浜近くの海の上の専用線路を走っている様子が多かったように思います。他には当時の横浜駅の駅舎や新橋駅の写真などもありました。


<3章 日本の鉄道のその後>
最後はその後の鉄道史を一気に紹介するコーナーです。

昭和の頃の機関車や、ボンネット型のこだま号、戦前の燕号、0系ひかり、東北上越新幹線の開業などの写真が並んでいます。また、1号機関車というイギリスに発注した機関車の写真と模型があって、1880年に神戸に転属した旨などが紹介されていました。


ということで、大半はコピーによるパネル展示となっていましたが、特に夜明け前の1章の内容は知らなかったことが多かったので楽しめました。ここは無料で展示を観ることができるので、新橋やパナソニック 汐留ミュージアムに行く機会があったらついでに寄ってみるのもよろしいかと思います。

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

ピックアップ
オランジュリー美術館展
 前編 後編

コートールド美術館展
 前編 後編

バスキア展
 前編 後編

ゴッホ展
 前編 後編

ハプスブルク展
 前編 後編
展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
3位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。