関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

熱田神宮の写真 【名古屋編】

この間の3連休に名古屋周辺の建物と美術館などを巡る旅行に行ってきました。今日からしばらく名古屋編をご紹介していこうと思います。まずは初日に真っ先に行った熱田神宮の写真です。

 公式サイト:熱田神宮

こちらが参道の入口。私はJRの熱田駅で降りてわざわざ正門まで歩いたのですが、名鉄神宮前駅→東門か、地下鉄神宮西駅→西門のほうが普通だと思います。
DSC_0061_enc_20190117001453da6.jpg
わざわざ正門に行ったのは、正門のすぐ近くに鰻のひつまぶしで有名な「あつた蓬莱軒」がある為だったのですが、何と3時間くらい待つようだったので、ここでは一旦諦めました…

正門のすぐ近くに上知我麻神社という熱田の恵比須さま・知恵の文殊様を祀る神社があったのでお参りしてきました。
DSC_0063_enc.jpg
ここは商売繁盛・家内安全や合格祈願などにご利益があるそうです。熱田神宮の中にはこうした神社が10箇所以上あって、全部お参りしていたらかなり時間がかかりそうなので一気に本宮を目指すことにしました。

参道はこんな感じ。広い道でかなり立派な神社です。
DSC_0067_enc_20190117004516f5a.jpg
この神社に着いて真っ先に感じたのは、名古屋の人は鳥居をくぐる時に一礼している人の割合が高いことでした。東京だとしない人も結構いますよね。ついでに、くぐる時は左足から入ると良いとされています。

参道を本宮に向かって行ったら、左手に きしめん屋さんがあったので入ってみました。お昼は鰻のはずが きしめんに…w
DSC_0069_enc_20190117001454fc5.jpg
10人くらい並んでいて、結構混雑していました。成人の日の週だったこともあるのかな? 神社自体も混んでたし。

宮きしめん 神宮店
 公式サイト:https://www.miyakishimen.co.jp/jingu/
 食べログ:https://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23004355/

私は右の「宮福きしめん(赤つゆ)」1200円、奥さんは左の「えび天金しゃちきしめん(白つゆ)」にしました。
DSC_0072_enc_20190117001456df5.jpg
2種類のつゆの違いは何だろう?と思って少し交換したのですが、赤つゆは味が濃い目で 白つゆのほうが出汁が効いてる感じがしたかな。麺がひらべったいので つゆがよく絡んで美味しかったです。10分くらいで食べられるのも時短なので旅行中は嬉しいw

再び参道に戻り本宮を目指していくと今度は右手に文化殿・宝物館がありました。
DSC_0077_enc_201901170014589a4.jpg
こちらは熱田神宮に伝わる宝物や資料を6000点、そのうち国宝・重要文化財・愛知県文化財に指定されたものは176点もあるそうです。特に熱田神宮は草薙神剣を奉っていることもあって刀剣類の揃えが良いのだとか。 しかし残念ながら時間の関係でここもスルーしてしまいました…。

そしてこちらが熱田神宮の本宮。主祭神は熱田大神で、御神体は三種の神器の1つである草薙神剣です。熱田大神ってどなた?と思ったら、熱田大神 = 草薙神剣 = 天照大神ということのようです。
DSC_0085_enc_20190117001459bae.jpg
創建は646年頃とされていますが、現在の本宮は戦災で焼失した後に1955年に再建されたものです。本物の草薙神剣は壇ノ浦に消えたし、長い歴史の中で災難にも少なからず遭ってきましたが、現在もこうして立派な姿で多くの人の信仰を集めています。現在の建物は伊勢神宮と似た造りで、格式高い神宮と言えます。

参拝して引き返そうとしたら変わった絵馬を見つけました。
DSC_0087_enc.jpg
星型の絵馬が並んでいました。合格祈願が多かったのはセンター試験直前だったからかな? 人のお願い事を読むのって面白いですw

こちらは本宮の東側にある神楽殿
DSC_0089_enc_2019011700150203b.jpg
ここは神楽が行われる他、各種の祈祷を受けることもできるようでした。かなり大きくて新しい感じ。10年くらい前に新しく造影されたそうです。

他にも境内には様々な建物があり、こちらは又兵衛・茶席という登録文化財。近づくことができませんでしたw
DSC_0091_enc_20190117001503ae5.jpg
合掌造の原型といわれる江戸時代前期の建物だそうです。

花や池なども含めると他にも色々見どころがあって、本当に大きな神社でした。

ということで、名古屋の有名な神社に参拝することができました。時間があまり無かったので全部見て回れた訳ではないですが、パワースポットとしても有名なので神社を巡るのが好きな方には名古屋に行ったら外せない場所だと思います。

この後、地下鉄で名古屋城に向かいました。次回は名古屋城周辺の写真をご紹介しようと思います。


【名古屋編(2019年)】
  熱田神宮の写真
  名古屋城周辺の写真
  アール・ヌーヴォーの伝道師 浅井忠と近代デザイン (ヤマザキマザック美術館)
  ヤマザキマザック美術館の案内 (名古屋編)
  ウィリアム・モリスと英国の壁紙展 -美しい生活をもとめて- (松坂屋美術館)
  リニア・鉄道館 前編
  リニア・鉄道館 後編
  徳川美術館の案内
  徳川園の写真
  文化のみち二葉館の写真
  文化のみち橦木館と周辺の写真

【長島編(2019年)】
  なばなの里のイルミネーション

【犬山編(2019年)】
  博物館明治村の写真 前編 2019年01月
  博物館明治村の写真 後編 2019年01月

【犬山編(2013年)】
  野外民族博物館 リトルワールドの写真 前編(2013年12月)
  野外民族博物館 リトルワールドの写真 後編(2013年12月)
  有楽苑と犬山城の写真
  なり多 【愛知県犬山界隈のお店】
  博物館明治村の写真 前編 2013年12月
  博物館明治村の写真 後編 2013年12月

【名古屋編(2013年)】
  矢場とん 三越ラシック店【名古屋 栄界隈のお店】
  あつた蓬莱軒 松坂屋店【名古屋 栄界隈のお店】



関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
4位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。