関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

名古屋城周辺の写真 【名古屋編】

今日は写真多めです。前回に引き続き3連休に行ってきた名古屋の写真で、今日は名古屋城周辺について書いていこうと思います。

前回ご紹介した熱田神宮(神宮西駅)から名古屋城(名城公園駅)は地下鉄1本で15分くらいで行けました。名古屋は地下鉄が結構便利。

名城公園に入ってすぐの所に金シャチ横丁という飲食店街がありました。
DSC_0103_enc_2019011723580426e.jpg
正門の義直ゾーン(伝統・正統のエリア)と東門の宗春ゾーン(新風・変化のエリア)があるようで、こちらは宗春ゾーン。台湾まぜそば とか最近のお店が並びます。ちなみに宗春は七代目の尾張藩藩主の徳川宗春のことで、歌舞伎のような奇抜なファッションをしていたそうですw
 参考リンク:http://kinshachi-y.jp/

こちらが名古屋城のある公園のマップ。
DSC_0108_enc.jpg
地下鉄駅は東門の方にあるので、そちらから入って行きました。

どういう訳かお堀に水が入っていなかったけど、立派な石垣です。
DSC_0117_enc_20190117235806a89.jpg
この櫓は東南隅櫓。この櫓は入ることが出来ませんが、同じような西北隅櫓は中に入ることができました。後で出てきます。

こちらは表二之門
DSC_0121_enc_20190117235808885.jpg
ここから本丸の中へと入っていきます。
 参考リンク:名古屋城公式ウェブサイト

こちらは本丸御殿。むちゃくちゃ新しい!w 元は1615年に建てられたのですが、戦時中に焼失してしまい再建されたのは2018年6月とのことで、真新しいうちに観ることができました。
DSC_0129_enc_20190117235809499.jpg
もちろん、中も見てきたのですがその前に天守などを観ることにしました。

そしてこちらが天守閣! 隣は先程の本丸御殿です。 トレードマークの金の鯱も輝いています。昔、この鯱の鱗が盗まれたことがあるんですよねw 
DSC_0134_enc_20190117235810863.jpg
入って観たかったのですが、あいにくと改修工事中でした。ちょうどこの天守にエレベーターを付けるか付けないか揉めてるニュースがあったばかりです。(付けないらしいです) これも焼失して1959年に再建されたものですが、元々は関ヶ原の戦いの後に豊臣家との戦いに備えて作らえました。

似たような角度で複数の箇所から撮ってみました。左にはエレベーターが横に付いている様子もあります。
DSC_0139_enc_20190117235812b51.jpg DSC_0187_enc_2019011800001521c.jpg
右の写真だと工事をしているのがよく分かります。耐震工事だそうです。

こちらは天守礎石が並ぶ一角。焼失した天守を支えていた石で、再建にあたってすぐ隣のこの場所に移されたそうです。
DSC_0145_enc.jpg
堅牢な造りで、大きな天守を支えるだけのことはあります。

こちらは重要文化財の西北隅櫓。こちらは中に入ることができました。
DSC_0156_enc_20190117235815e08.jpg
中はかなり急な階段があったりするので、足腰が弱いと登れないかも。

櫓の中はこんな感じ。それほど広くもなく簡素な造りとなっています。
DSC_0182_enc_20190117235816dcb.jpg
外からの攻撃に応戦する為の仕組みなんかもありました。お堀の外の様子もよく見渡せますが、今は普通の住宅街が広がっていますw

西北隅櫓を観た後、来た道をそのまま引き返して行きました。

再び天守の方へと戻ってきました。これは清正石と呼ばれる名古屋城で最大の石垣石材。
DSC_0192_enc_20190118000017913.jpg
本当は黒田長政が担当した地区らしいですが、加藤清正が積み上げたと伝わってこの名前になったようです。立て札と比べるとその大きさが分かるかな? これを運ぶのは相当大変だったでしょうね。

続いて本丸御殿へと入ってみました。こちらは玄関・大廊下あたりの部屋。デジタル複製された襖絵や書院が眩いばかりです。
DSC_0204_enc.jpg
特に解説が無かったですが、狩野派が描いたんじゃないかな。消失前に国宝指定されていたこともあって綿密な資料や、運び出して消失を免れた障壁がなどを元に再現したので、元の絵の様子もよく分かるようになっています。

こちらも豪華な襖絵となっています。
DSC_0225_enc.jpg
名古屋の人が派手好きというのは昔からの伝統なのかもしれませんねw

こちらは対面所。藩主と身内や家臣との私的な対面や宴席に使われたそうです。
DSC_0248_enc.jpg
こちらは雅な雰囲気漂う画風となっていました。四季の名所や風物を描いているようです。

対面所は二重折上げ小組格天井という段差のある格天井となっていました。
DSC_0252_enc.jpg
部屋の外から普通に観てると見落とす角度なので、しゃがんで観ないと見えないかもw 非常に格式を感じさせます。

こちらは上洛殿の廊下にあった欄間。
DSC_0264_enc.jpg
やりすぎじゃないか?ってくらいの豪華さですw 極彩色で恐ろしいまでの技術を集結して作っているのが見て取れます。

そして一番の見どころはこの上洛殿上段之間
DSC_0276_enc_20190118000027006.jpg
狩野探幽による壁画などで埋め尽くされています。三代将軍家光の上洛に合わせて増築された部屋で、最も格式のある部屋となっていました。

天井にもびっしりと絵が描かれています。
DSC_0273_enc.jpg
正に豪華絢爛で二条城などと比べても見劣りしない建物です。焼失してしまったのが本当に悔やまれますが、見事な再現ぶりでした。


と、名古屋城を観た後、周辺の建物などを観に散策してみました。名古屋城の辺りから徳川美術館の辺りにかけては「文化の道」と呼ばれる歴史的建造物郡があり、その一部が名城公園駅のすぐ近くにあります。

名城公園駅から名古屋城とは反対の方向を観るとこんな感じ。
DSC_0319_enc_201901180000295f2.jpg
手前が名古屋市役所で奥が愛知県庁です。ここだけ時代が違うような光景が広がります。

名古屋市役所のアップ。1933年に竣工し、公募によって平林金吾の設計で建てられました。
DSC_0323_enc_201901180003133db.jpg
帝冠様式と呼ばれる和洋折衷のスタイルで、屋根が和風というか名古屋城をイメージしたものとなっているようです。

続いてこちらは愛知県庁。こちらは1938年竣工で西村好時と渡辺仁の設計を基本としているそうです。
DSC_0329_enc_20190118000307211.jpg
帝冠様式を推進した佐野利器が関わっていることもあって、こちらも帝冠様式となっています。頭に乗ってる瓦屋根が名古屋城をイメージしているのも同じです。名古屋城は愛されてますねw

この他にも近くに名古屋市市政資料館という洋風の建物もあります。そちらはいい写真が撮れなかった…

歩き疲れたので県庁の南にある「Q.O.L.COFFEE」というお店でお茶してきました。
DSC_0331_enc_201901180003090f6.jpg
奥さんは もっと名古屋の昭和っぽいカフェに行きたいと言ってましたが、店構えからして良い予感がしたのでここにしましたw
 参考リンク:
  Q.O.L.COFFEE公式facebook
  食べログ

2017年にできたばかりだそうで、中も洒落た雰囲気です。
DSC_0337_enc_2019011800031061d.jpg
そして予想以上にコーヒーにこだわりがあるようで、ストレートコーヒーもあるし、注文してからじっくりとコーヒーを淹れてくれました。

この日はコーヒーとタルトのセットにしました。コーヒーはブラジルです。
DSC_0339_enc_20190118000312238.jpg
非常に香りが良くて、口当たりもまろやかでした。これだけ美味しいコーヒーを飲めるとは驚きでした。タルトも美味しくて、特にイチゴがまさに旬といった感じで甘くて爽やかでした。


ということで、名古屋城周辺で色々と楽しんできました。特に本丸御殿は復元とは言え見事で、目がくらむほどの豪華さでした。「尾張名古屋は城でもつ」なんて言葉もあるくらいなので、一度は観ておきたい城の1つではないかと思います。



【名古屋編(2019年)】
  熱田神宮の写真
  名古屋城周辺の写真
  アール・ヌーヴォーの伝道師 浅井忠と近代デザイン (ヤマザキマザック美術館)
  ヤマザキマザック美術館の案内 (名古屋編)
  ウィリアム・モリスと英国の壁紙展 -美しい生活をもとめて- (松坂屋美術館)
  リニア・鉄道館 前編
  リニア・鉄道館 後編
  徳川美術館の案内
  徳川園の写真
  文化のみち二葉館の写真
  文化のみち橦木館と周辺の写真

【長島編(2019年)】
  なばなの里のイルミネーション

【犬山編(2019年)】
  博物館明治村の写真 前編 2019年01月
  博物館明治村の写真 後編 2019年01月

【犬山編(2013年)】
  野外民族博物館 リトルワールドの写真 前編(2013年12月)
  野外民族博物館 リトルワールドの写真 後編(2013年12月)
  有楽苑と犬山城の写真
  なり多 【愛知県犬山界隈のお店】
  博物館明治村の写真 前編 2013年12月
  博物館明治村の写真 後編 2013年12月

【名古屋編(2013年)】
  矢場とん 三越ラシック店【名古屋 栄界隈のお店】
  あつた蓬莱軒 松坂屋店【名古屋 栄界隈のお店】


関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
2位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。