関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

【徳川園】の写真 (名古屋編)

今日も引き続き名古屋編で写真多めです。前回ご紹介した名古屋の徳川美術館に行った際、すぐ隣にある徳川園の庭園も観てきました。こちらは撮影可能となっていましたので、写真を使ってご紹介していこうと思います。

DSC_0197_enc.jpg

 公式サイト:https://www.tokugawaen.aichi.jp/index.html

さて、この徳川園は尾張藩二代藩主の徳川光友が隠居所としてこの地に大曽根屋敷を自ら造営したのを起源としているそうで、その後は家老の家に譲られたそうですが明治22年からは尾張徳川家の邸宅として使われました。そして昭和6年には19代当主 義親によって邸宅と庭園が名古屋市に寄付され、その翌年から徳川園として公開されました。しかし、戦時末期に空襲で大部分を消失し、しばらくは一般的な公園となっていたようで、日本庭園としてリニューアルしたのは平成16年(2004年)と割と最近のことのようです。 現在では美しい庭となっていましたので、その様子は写真を使ってご紹介していこうと思います。

こちらが園内の地図。私は徳川美術館の前の入口から入って行きました。入場券は徳川園単体と、徳川美術館とのセット券がありましたのでセット券を購入しました。
DSC_0177_enc_2019012600523205f.jpg
大名庭園らしい池泉回遊式の庭園となっていましたので、その庭を時計回りに見て回ることにしました。

こちらは入口を入ってすぐの辺りの光景。
DSC_0173_enc_20190126005233b18.jpg
左に見えるのは「観仙楼」という庭を一望できる建物で、レストランやホールになっているようです。

こちらは虎仙橋という橋。
DSC_0174_enc_201901260052343f7.jpg
この橋の下は「虎の尾」と呼ばれる虎の尻尾のような渓谷の道となっているのでこの名前になったのだとか。

これが虎の尾。まるで渓谷のような風景です。
DSC_0231_enc_2019012600523619d.jpg
ここは秋には紅葉が綺麗な場所とのことですが、1月に行ったら散りきっていましたw

先程の虎仙橋を渡って坂を下って行くと池が見えてきます。
DSC_0182_enc_20190126005408384.jpg
確かに大名庭園の典型的な造りに見えるかな。東京だと六義園などに似ています。
 参考記事:
  六義園 庭園内の写真
  新江戸川公園の写真
  旧安田庭園の写真

振り向いてみると、すぐ側に菖蒲田がありました。
DSC_0178_enc_20190126005405831.jpg
1月は何もありませんでしたが、5月下旬から6月初旬にかけて1700株もの花菖蒲を楽しめるそうです。

先程の観仙楼の脇には「龍門の瀧」という滝もあります。
DSC_0183_enc_201901260054096e3.jpg
鯉が滝を登って龍になるという登竜門の伝説に基づいて作った滝で、尾張家江戸下屋敷跡地にあった滝の石を使って再現したそうです。

龍門の瀧の辺りから池を望むとこんな感じ。
DSC_0187_enc_20190126005411ccc.jpg
マンションやビルが見えるのがちょっと悲しいけど、美しい庭です。

さらに進んだ辺り。ちょっと明暗強すぎて暗くなってますがw
DSC_0192_enc_2019012600541270b.jpg
この池は龍仙湖というそうで、地下水が湧き出ているようです。そのためか水も澄んでいました。

水の中には魚もいます。
DSC_0196_enc_20190126005414b86.jpg
結構大きな鯉が泳いでいました。他にも水鳥なんかもいて、のんびりした雰囲気となっていました。

続いてこちらは湖畔に建つ瑞龍亭という茶室。
DSC_0203_enc.jpg
尾張徳川家では織田有楽斎を始祖とする尾州有楽流が重用されたそうで、有楽好みの様式となっているのだとか。ちなみに織田有楽斎の茶室は名古屋から電車で20分くらいの犬山にあります。以前撮った如庵と見比べて観ると確かに似てる気がします。
 参考記事:【番外編】有楽苑と犬山城の写真

瑞龍亭の中はこんな感じ。
DSC_0205_enc.jpg
縁側の辺りからは池を一望できて、特に向こう岸にある中国の西湖を模した橋なんかも見渡せるようになっていました。

こちらは牡丹園。
DSC_0212_enc_201901260059331ae.jpg
見頃は4月中旬から下旬とのことですが、私が行った1月にはちょうど冬ボタンのイベントをやっていました。
 【イベント名】寒を遊ぶ 徳川園の冬牡丹
 【期間】2019年1月2日(水)~2月17日(日)

せっかくなので牡丹も撮影してきました。
DSC_0211_enc_20190126005935f36.jpg
冨貴の象徴であるのがよく分かるゴージャスな花となっています。色合いも上品です。

こちらも生命感溢れる牡丹。島錦という種類のようです。
DSC_0214_enc_20190126005936a6b.jpg
この多層となった花びらがレースみたいで優美な雰囲気に思えるんじゃないかな。

こちらはハイヌーンという品種。
DSC_0217_enc_201901260059387ef.jpg
こちらも淡い黄色が美しい色合いでした。わら囲いを施して冷たい風から守っているのかな?

牡丹園あたりから対岸を観た様子。
DSC_0220_enc.jpg
左側に西湖っぽい橋(西湖堤)が見えます。この光景は中国画や日本画の古典でよく出てくる風景そっくりです。

先程見えた西湖堤の辺りから橋の向こう側を撮ったもの。
DSC_0222_enc_201901260059413f2.jpg
こちらも季節によっては花が美しく見えそうな光景となっていました。

この辺で池を一周して先程の菖蒲田の辺りに戻ってきます。他にも築山のような場所もあるのですが、普通の林にしか見えないので割愛w 四睡庵という真新しい休憩所もあります(四睡は豊干禅師、寒山、拾得、虎の四者が一緒になって寝ている様子を表した禅画の頻出画題です)

最後に先程の虎の尾に流れている大曽根の滝。
DSC_0227_enc.jpg
こちらの滝は高低差6mもあり、3段となっています。ちょっと わざとらしい造りにも見えますが、これだけの滝があるとは驚きです。


ということで、徳川園の庭園も楽しんできました。庭園自体もさることながら牡丹のイベントを観られたのはラッキーでした。各季節ごとに催し物や花の見頃があるようなので、タイミングを見て行くのがベストかもしれません。徳川美術館に行く機会があったら是非セットで見ておきたい庭園です。


【名古屋編(2019年)】
  熱田神宮の写真
  名古屋城周辺の写真
  アール・ヌーヴォーの伝道師 浅井忠と近代デザイン (ヤマザキマザック美術館)
  ヤマザキマザック美術館の案内 (名古屋編)
  ウィリアム・モリスと英国の壁紙展 -美しい生活をもとめて- (松坂屋美術館)
  リニア・鉄道館 前編
  リニア・鉄道館 後編
  徳川美術館の案内
  徳川園の写真
  文化のみち二葉館の写真
  文化のみち橦木館と周辺の写真

【長島編(2019年)】
  なばなの里のイルミネーション

【犬山編(2019年)】
  博物館明治村の写真 前編 2019年01月
  博物館明治村の写真 後編 2019年01月

【犬山編(2013年)】
  野外民族博物館 リトルワールドの写真 前編(2013年12月)
  野外民族博物館 リトルワールドの写真 後編(2013年12月)
  有楽苑と犬山城の写真
  なり多 【愛知県犬山界隈のお店】
  博物館明治村の写真 前編 2013年12月
  博物館明治村の写真 後編 2013年12月

【名古屋編(2013年)】
  矢場とん 三越ラシック店【名古屋 栄界隈のお店】
  あつた蓬莱軒 松坂屋店【名古屋 栄界隈のお店】


関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

ピックアップ
オランジュリー美術館展
 前編 後編

コートールド美術館展
 前編 後編

バスキア展
 前編 後編

ゴッホ展
 前編 後編

ハプスブルク展
 前編 後編
展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
3位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。