関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

【ポリスミュージアム 警察博物館】の案内(2019年06月)

今日は写真多めです。前回ご紹介したLIXILギャラリーを観た後、隣りにある「ポリスミュージアム 警察博物館」を久々に観てきました。ここは一部撮影可能となっていますので、写真を使ってご紹介しようと思います。

DSC08968.jpg

【公式サイト】
 https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/welcome/welcome/museum_tour.html

【会場】警察博物館
【最寄】銀座線京橋駅 都営浅草線宝町 など

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間00分程度

【感想】
家族連れで結構混んでいました。体験系の展示は並ぶような所もある盛況ぶりです。

さて、この博物館は警察の活動を紹介する施設で、以前はかなり年季の入った雰囲気だったのですが2017年4月29日にリニューアルオープンして、名前も「警察博物館」から「ポリス・ミュージアム 警察博物館」と変わったようです。中身も幾分変わっていて、以前より体験コーナーが増えているような気がします。隣のリクシルによく行くのでリニューアルしたのはすぐ気がついたのですが、何となく2年ほど足を運ぶことがなく 今回ようやくリニューアル後に初訪問しました。1~3階は撮影可能となっていましたので、詳しくは写真と共にご紹介していこうと思います。
 参考記事:警察博物館の案内(2009年)


<1階 ピーポくんホール>
まず1階は昔活躍した警察車両が置かれたコーナーです。白バイやヘリコプターには搭乗することも可能となっています。

こちらは2016年まで使われていたスポーツタイプのパトカー
DSC08971.jpg
高速道路交通警察隊で使われていたそうで、これなら超速度で逃げられても追いかけることができそうです。

こちらは白バイ。
DSC09132.jpg
その名の通り白い塗装になっています。こちらは実際に跨って記念撮影することもできるようです。

こちらは赤バイ。サイドカバーもついています。
DSC08976.jpg
大正の頃に導入されたそうで、アメリカ製の赤い車体から赤バイと呼ばれたのだとか。


他にも子供用の制服試着コーナーや、ヘリコプターの「はるかぜ」なども展示されています。ヘリコプターはリニューアル前もあったけど、試着コーナーはリニューアル後からじゃないかな?


<2階 人と街をともにまもる>
続いて2階は防犯・防災・事故防止などを学べるコーナーとなっています。

こちらは自転車のシミュレーター。
DSC08978.jpg
漕いでいると色々と出てくるので確認しながら進むようです。子供に大人気となっていました。

こちらはヘリコプターの救助活動の様子の人形。
DSC08983.jpg
あらゆる災害に備えて機動救助隊・水難救助隊・山岳救助隊・警察署救出救助部隊など万全の体制となっているようです。ニュースなどでも観る心強い存在ですが、お世話になる事態にならないのを祈りたい所です。

こちらはタッチパネルと連動したシステムで、街にある危険を教えてくれる感じかな。
DSC08988_20190616230644257.jpg

ボタンを押すとこんな感じ。
DSC08990_201906162306458c2.jpg
最近、子供の列に車が突っ込む事件が多発しているので、通いなれた道でも警戒は欠かせませんね。

続いてこちらは防犯グッズで、家の鍵です。
DSC08992_20190616230636736.jpg
鍵は1ドアに2箇所が良いようで、泥棒にこじ開けられるまでに5分以上「抵抗」できる鍵が重要なようです。今まで捕まった犯罪者の証言によると、7割は5分以上手間取る鍵だと侵入を諦めるのだとか。

こちらは空き巣の侵入手段の統計。
DSC08996.jpg
一戸建てはガラスが狙われ、集合住宅は無締りが狙われるようです。実家(戸建て)に入られたことがあるのですが、無締り(人がいるのに入ってくるパターン)でした…

泥棒が目をつけやすい家のチェックリスト。
DSC08998.jpg
チェックが多いおうちは警戒して防犯グッズを検討したほうが良いかもしれません。


<3階 事件・事故を解決する力>
続いて3階は事件が起きた時の対応や捜査を紹介するコーナーです。

部屋に入ると交番がありました。中に入ることも出来ます。
DSC09002.jpg
いつも思いますが、「KOBAN」は誰にも通じないので「Police Box」とかに変えたほうが良いのでは…w

こちらは現場を捜査する時の格好。ドラマや名探偵コナンなんかでおなじみですね。
DSC09008.jpg
自分の髪の毛や唾液が落ちないように防護しています。足までカバーをつけて細心の注意を払っているようです。

こちらは事故現場や逃走車両のタイヤ痕を調べる体験コーナー。
DSC09018.jpg
素人には結構難しいですが、これによって車の種類や事故の状況が分かるようです。

他にも足跡を調べる体験や、聞き込みの体験などのコーナーもありました。この辺りはリニューアルで新設された所だと思います。

こちらも昨今問題となっている特殊作業(振り込め詐欺)の統計。
DSC09027_20190616231114083.jpg
圧倒的に高齢者の女性の被害が多いようです。おばあちゃん達の優しさに浸け込んでるんでしょうね…。最近は手の込んだ詐欺が多いので、知らない番号には出ないのが一番のようです。とは言え、子供の電話番号を装う手口もあるらしいので、家族内の合言葉を決めておくのも有効な防御策と聞いたことがあります。自分は大丈夫と思って過信すると、還付金詐欺や架空請求は現役世代でも引っかかるらしいので気は抜けませんね。

こちらは警察犬の模型かな。
DSC09026_20190616231112a15.jpg
警察犬は犯人追跡や証拠品の収集を行い、警備犬は爆発物の捜索や災害救助を行うようです。両方とも時には犯人に立ち向かうらしく、非常に頼れるワンちゃんたちです。首輪の違いで自分の任務が変わったことまで分かるのだとか。凄すぎます。

こちらは鑑識の使う道具類
DSC09031.jpg
これもドラマなんかでよく観ますが、協力者も指紋を取るみたいです。消去法で犯人を特定するのかな。


<4階 首都をまもる 警視庁の今とこれから>
4階は撮影禁止でした。ここには警察の制服や備品、警察組織の図、警察車両の模型などがありました。この辺は見覚えあるのも結構ありましたが、Pフォンと呼ばれる警察専用の携帯電話があることは初めて知りました。ミニシアターの映像では通報から出動の様子なども紹介されています。


<5階 時代とともに 警察の歩み>
5階も撮影禁止で、ここは明治時代の初代警視総監である川路利良 大警視の軌跡や警察制度の成り立ちなどを紹介していました。また、明治・大正・昭和・平成の事件史をダイジェスト的に取り扱っていて、西南戦争、関東大震災、2.26事件、3億円事件、あさま山荘事件、オウム事件、秋葉原無差別殺傷事件など世間に大きな影響を与えた事件に関する品もありました。あさま山荘事件で銃弾を受けたジェラルミンの盾はリニューアル後も健在ですw

また、未解決事件のコーナーもあり、柴又三丁目女子大生殺人・放火事件、八王子スーパー(ナンペイ大和田店)強盗殺人事件、世田谷一家4人強盗殺人事件などの情報や模型も展示されていました。一刻も早い解決が望まれますね…。

他に歴代の免許証のコーナーや、殉職者のコーナーもありました。驚くほどに殉職していて、警察官は大変で社会的に重要な仕事だと改めて認識できます。

6階はイベントホールで今回は撮影コーナーだけとなっていました。


ということで、久々に行ったらだいぶ綺麗になって体験コーナーが充実していたように思います。体験しながら防犯なども学べるので、子供連れには特に楽しめるスポットではないかと思います。ここは無料で観られますので、京橋・銀座に行くついでに寄ってみるのも良いかもしれません。

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

ピックアップ
オランジュリー美術館展
 前編 後編

コートールド美術館展
 前編 後編

バスキア展
 前編 後編

ゴッホ展
 前編 後編
展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
2位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。