HOME   »  過去の美術展 (2009年)  »  THE OUTLINE 見えていない輪郭 【21_21 DESIGN SIGHT】

THE OUTLINE 見えていない輪郭 【21_21 DESIGN SIGHT】

根津美術館に行った日、千代田線で1駅隣の乃木坂に移動し、21_21 DESIGN SIGHTの「THE OUTLINE 見えていない輪郭」を観に行ってきました。特に予備知識なしで行ったのですが、興味深い視点の作品ばかりで、自分の中で「美」というものを考えさせられる内容でした。

P1090621.jpg

【展覧名】
THE OUTLINE 見えていない輪郭

【公式サイト】
http://www.2121designsight.jp/outline/index.html

【会場】21_21 DESIGN SIGHT
【最寄】千代田線乃木坂駅/日比谷線・大江戸線 六本木駅
【会期】2009年10月16日(金)~ 2010年1月31日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間30分程度

【混み具合・混雑状況(土曜日17時頃です)】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
この展覧会はプロダクトデザイナーの深澤直人氏がデザインした製品と、それを写真家の藤井保氏が撮った写真が主に展示されていて、純粋な美術品というよりは日常生活にある製品(家具や携帯電話とか)などが主役の展示だったように思います。そして、その日常の品々の美しさを再発見できる内容でした。

作品リストなどが無いので、作品名はほとんどわかりませんが、いくつか気になったのをご紹介します。

まず会場に入ると、椅子・テーブル・バスタブなどが置かれています。それぞれがシンプルながらも柔らか味のある幾何学的な美しさでした。特に気になったのが、横長のテーブルで、楕円気味の形で四方に角がなく優美なデザインでした。そして、このテーブルには備え付けの椅子に座ることもできました。椅子は座り心地がよく、緩やかな曲線の肘掛や円形の腰掛がスタイリッシュでした。
また、近くにはこのテーブルを野外で撮影したモノクロ写真が飾られていました。(★こちらで見られます
まるでシュルレアリスムの絵のようで、ただテーブルが外にあるだけなのに、その存在が現実ではないかのように思えました。

次の部屋に入ると、白い背景に囲まれた真紅の椅子が展示されていました。そしてその前には蛇腹のカメラ(測定器のようにも思えるシンプルなもの)が三脚に固定されています。(★こちらで見られます) これは、白い空間に光を入れて無影状態で撮影している、藤井保氏のスタジオの再現のようです。隣にはそうして撮られた写真が展示されていました。
文具やライトなどが白地に黒、または黒地に白でぼんやりと浮かびあがるような写真で、その形の美しさを純粋に楽しめました。日常の品の形を見直すことができる面白い体験です。

次の部屋はメインの部屋です。ここにはCDプレイヤー・携帯・PC・シャチハタ・トースター・コーヒーメーカー・ドライヤー・扇風機などの深澤直人氏がデザインした製品が並び、それらを撮った写真も展示されていました。よくよく見るとこんな面白い形していたんだなと再発見すると共に、写真がかなり楽しめました。(★こちらでCDプレイヤーの写真を見られます) 大胆にトリミングしたような構図や、こんな角度から観ることなんてないのでは??と思うような写真など、どれも発想も出来ないような写真で、そのセンスに感動しました。今回のポスターも、椅子を撮ったものだと一瞬でわかる方は稀なのでは?

この部屋の一角には他にも、実際に座れる椅子・棚・照明・キッチンなどもありました。柔らかい流線型や、すらっとしたシンプルなデザインの品が多く、スタイリッシュな中に温かみを感じることができました。そして、やはり写真が面白すぎですw

最後の小部屋には、トイレ・バスルーム(バスタブ・シャワー)などがありました。こちらもこれまでに感じたような楽しさがありました。

ということで、まさに、見えているようで見えていない世界があるのだというのを感じる内容でした。常々思っていることですが、芸術家や写真家の方は、普通の人が観たら何てことももい風景や事物を、一流の芸術にしてしまう眼と表現力を持っていることに敬意を感じます。特にこの展覧会では私の日常も美に溢れているのかも?と考えさせられました。面白かったです。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
4位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。