関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

【群馬ガラス工芸美術館】の案内(2019年08月)

前回ご紹介したハラミュージアムアークを観た後、再び伊香保グリーン牧場を抜けて 少し坂を下った所にある群馬ガラス工芸美術館を訪れました。

DSC04035_20190902012245c13.jpg

【公式サイト】
 http://www.ggart.co.jp/

【会場】群馬ガラス工芸美術館
【最寄】渋川駅

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間00分程度

【感想】
空いていて快適に鑑賞することができました。

さて、この美術館は伊香保グリーン牧場から数百メートルくらいの所にあるフランスのアール・ヌーヴォー期をテーマにした美術館となっています。以前にも一度訪れたことがあり、今回は久々に行った訳ですが以前と大体同じ内容だったように思います。今回はあまりメモを取らなかったので簡単にご紹介して参ります(以前の記事に詳しく書いているので、詳細は下記をご参照ください)
 参考記事:群馬ガラス工芸美術館の案内

入口のステンドグラスとガラス張りの館内だけ撮影可能となっていました。
DSC04040.jpg
展示室の中にもジャック・グリュベールのステンドグラスがあったかな。

窓の外は緑豊かな風景となっています。
DSC04043_20190902012248245.jpg
この辺りのテーブルで以前にガラスに絵付けした覚えがあります。

この先の展示室は撮影禁止です。しかし、館員の方に丁寧に解説を話して頂くこともできました。
展示室内はフランスの城の部屋を再現した部屋があり、ルイ・マジョレルがデザインした家具などが並びます。イチョウの葉っぱをモチーフにした書斎で、統一感があり自然をモチーフにしている点にアール・ヌーヴォーの特徴が感じられるかな。また、ダイニングルームにはガレのトンボのテーブル(3羽のトンボがテーブルの脚になっている作品)を始め、象嵌細工を用いた木製作品などもありジャポニスムからの影響が見て取れます。壁にはミュシャのポスターなどもあり、アール・ヌーヴォー時代の華やかな部屋を体験できるような感じでした。

その先にはガレの作品の部屋とドーム兄弟の作品の部屋がそれぞれあり、ランプなどが並んでいます。ガレは通常のガラス器の側面に北斎漫画などを転写したと思われる作品(恐らく初期の品)から 造形自体が立体的で植物などを象っている代表的な作風まで割と幅広く展示しているように思います。特に大型のキノコ型のランプなどは見どころで、被せガラスを酸化・腐食して絵付けした色彩が見事です。これは途方もなく時間と手間がかかるので貴重な品と言えます。
ドーム兄弟の作品は造形自体は落ち着いていますが、四季の風情が感じられる絵には侘び寂びに通じるものがあるように思います。ガラス粉を混ぜて素地に斑点を出すと言った技法で、ガラスでも貴石のような美しさがありました。

他にも何人かナンシー派のアール・ヌーヴォーの作家の作品もあったかな。それほど点数が多い訳ではないですが、華麗な作風をみることができます。

今回は時間が無かったので作りませんでしたが、ここは工芸の体験コーナーもあります。ガラスの絵付け(20~40分)とシルバーアクセサリーの体験(2時間)があるようなので、時間に余裕がある方はそちらも体験してみると思い出になると思います。ちなみに以前ここで絵付けしたガラスは我が家ではたまに花生けとして活躍していますw


ということで、今回もアール・ヌーヴォーの名品の数々を観ることができました。ここは伊香保グリーン牧場やハラミュージアムアークのすぐ近くにあるので、合わせて訪れることが出来ると思います。アール・ヌーヴォーのデザインが好きな方が伊香保に行く機会があったら是非チェックしてみてください。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

ピックアップ
オランジュリー美術館展
 前編 後編

コートールド美術館展
 前編 後編

バスキア展
 前編 後編

ゴッホ展
 前編 後編

ハプスブルク展
 前編 後編
展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
3位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。