関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

【竹久夢二伊香保記念館】の案内(2019年08月)

前回ご紹介した群馬ガラス工芸美術館を観た後、バスで10分ほどの所にある竹久夢二伊香保記念館を訪れました。

DSC04046.jpg

【公式サイト】
 http://yumeji.or.jp/

【会場】竹久夢二伊香保記念館
【最寄】渋川駅

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間00分程度

【感想】
空いていて快適に鑑賞することができました。

さて、この美術館は伊香保に足繁く通った竹久夢二を冠した施設で、竹久夢二の多岐にわたるコレクションを常設展示しています。建物は本館である「大正ロマンの館」「夢二黒船館」の他に新館「義山楼」などがあり、「義山楼」は和ガラスの展示などが行われているようです。本館・新館の共通券もありましたが、閉館まで時間も少なかったので今回は本館のみを観てきました。(チケットが結構高いしw) メモも少なめですので簡単にご紹介していこうと思います。なお、夢二に関しては下記の記事などをご参照ください。
 参考記事:
  夢二繚乱 (東京ステーションギャラリー)
  竹久夢二 美人画とモデル展 (竹久夢二美術館)

まず本館の入口となるのは「夢二黒船館」です。外観はトップの画像のように洋風で、中はこんな感じ
DSC04059.jpg
歴史的な建物に見えますが、1995年に作られた割と最近の建物です。1階では大正時代のオルゴールが時間によって流れているようでした。

こちらは別館の夢二子供絵の館。
DSC04060.jpg
ここは通行止めの立て札があって建物に近づくことができませんでした。

こちらは本館の大正ロマンの館
DSC04066.jpg
ここも正面は閉じていて夢二黒船館に廻るように書いてありました。いつも開いているのかは分かりません。

こちらはミュージアムショップ
DSC04051.jpg
駐車場もあって車で着ても大丈夫そうです。

こんな感じで外観を観た後、「夢二黒船館」の展示を観てきました。

<中2階>
中2階は夢二がデザインした千代紙やポチ袋、団扇などが並んでいました。アール・ヌーヴォー的な植物文様の図案が多いかな。唯一ちゃんと結婚した女性 岸たまき が経営していた「港や」(夢二のデザインの品を売っていた店)の店頭にあったポスターなどもあり、当時の店の様子が伺えます。

その先の展示室は夢二風と呼ばれた美人画の掛け軸が並んでいました中でも「榛名山賦」(★こちらで観られます)という赤い着物の女性が榛名山を背景にして舞う作品が目を引きました。題材的にも伊香保にぴったりで、この美術館の目玉作品だと思います。


<2階>
2階に続く階段には竹久夢二が手掛けた楽譜の挿絵が並んでいました。(★こちらで観られます
そして2階は建物自体が見どころになっていて、アール・ヌーヴォー風の家具や調度品が並ぶ中に竹久夢二の作品が展示されているという世界観ぴったりの空間となっていました。あちこちに夢二の絵があり、中でも黒猫を抱いた女性を描いた「黒船屋」(★こちらで観られます)は夢二の最高傑作とも言える作品です。しかし私が観たのはレプリカで、本物は作品保護のため毎年9月10日~9月23日の2週間ほどしか展示されなようです。しかも公開時間も決まっていて予約が必要のようなので、観たい方は事前に公式サイトで確認することをオススメします。
 参考リンク:黒船屋特別公開

2階は他にも『婦人グラフ』(★こちらで観られます)や『淑女画報』『淑女書報』などの表紙画が並んでいて、可憐で洒落た少女像の数々を観ることができました。


<3階>
3階へと続く階段には小さな「豆皿」という江戸時代の小さな皿が並んでいました。これが夢二とどう関係しているのかは分かりませんが、染め付けや金襴手、柿右衛門など様々な様式の豆皿が並んでいて可愛らしくも凝った作りとなっています。

そして3階にはティーカップやアメリカ製のハンデルランプといったアール・ヌーヴォー的な品があり、ランプの笠に描かれた幻想的な風景が叙情的で良かったです。

また、3階には たまきの店に因んだ「港や」というカフェがあり、ここも展示室の1つとなっています。
中はこんな感じ。残念ながら16時でカフェの営業は終了していましたが、内観だけ撮影させて頂くことができました。
DSC04056_20190903015618950.jpg
この壁際に夢二のスケッチと小さな陶器がセットで展示されていました。


ということで、夢二の作品と それに呼応するようなアール・ヌーヴォー的な品々などを観ることができました。とは言え、全部の館を観たわけではないので、またいずれ再訪しようかと思っています。ここは有名な伊香保温泉にあるので、保養の際に立ち寄ってみるのもよろしいかと思います。

おまけ:
今回は有名な階段などは行かずに、この美術館の目の前にある立ち寄り湯に行ってきました。
DSC04044_201909030156132de.jpg
本当に黄色っぽい温泉で、掛け流しだったので満足できました。夢二を観た後に寄るのも良さそうです。
 参考記事:伊香保温泉の写真
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

ピックアップ
オランジュリー美術館展
 前編 後編

コートールド美術館展
 前編 後編

バスキア展
 前編 後編

ゴッホ展
 前編 後編
展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
2位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。