関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと (感想後編)【東京都庭園美術館】

今日も写真多めで、前回に引き続き東京都庭園美術館の「1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと」についてです。前半は1階部分についてでしたが後編は2階・ウインターガーデン・新館の写真をご紹介していこうと思います。

 → 前編はこちら

DSC05013_20190909003849571.jpg

【展覧名】
 1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと

【公式サイト】
 https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/190720-0923_Interior.html

【会場】東京都庭園美術館
【最寄】目黒駅・白金台駅

【会期】2019年7月20日(土)~ 9月23日(月・祝)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 2時間00分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_②_3_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_4_⑤_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
2階以降も結構多くのお客さんがいました。

前編で紹介し忘れましたが、今回の展示は素材や技法についての解説が充実しています。当時の職人や企業、工事仕様書なども紹介されていていつも以上に深い情報があったように思います。とは言え、そうした品は撮影不可だったので、後編も引き続き撮影可能だった部分をご紹介していこうと思います。

階段を上がって行くと、階段の装飾に似た模様の照明が現れます。
DSC04619_20190909003958eef.jpg
この建物はそれぞれの照明を観て廻るだけでも見ごたえがあります。

階段を登りきった所の広間。
DSC04626.jpg
この備え付けのソファの辺りにかつてはピアノが置かれ、ご一家のくつろぎの場所となっていたそうです。

この広間には普段は置かれていない椅子とテーブル、そして朝香宮允子妃殿下の肖像がありました。
DSC04622_20190909003959cb1.jpg DSC04624_2019090900400102e.jpg
1階で観た写真の特徴がよく現れています。妃殿下はアールデコやフランス語に通じ、この建物の建築にも尽力しました。しかしこの建物が竣工して1年くらいで亡くなってしまったようです…。

広間の頭上の照明。
DSC04635.jpg
シンプルな幾何学文様となっていますが、細かい装飾もあって建物によく合います。

こちらは若宮の寝室。
DSC04643_2019090900400597a.jpg
この部屋も照明やラジエーターカバーが見どころとなっています。この窓から外を見ると、玄関前の道がよく見えます。

こちらは 合の間
DSC04650_20190909004007e3e.jpg
ここは何に使ったか分かりませんが、ここの照明は特に好みです。

こちらは若宮居間。
DSC04656_2019090900400889a.jpg
ここの照明はステンドグラスのような模様が洒落ています。ちょうど正面玄関の真上辺りにあり、窓の外には車寄せの屋根のベランダがあります。

こちらは書庫。
DSC04677_20190909004010cdb.jpg
ここに入れるのは建物公開時だけなので、貴重な機会です。ハシゴを掛けて本の出し入れをしたんでしょうね。

こちらは書斎。
DSC04683_2019090900401230f.jpg
ここは中まで入ったのは初めてかも?? しかも書庫から抜けて入れるようになっていて、今回一番じっくり観たのはこの部屋でしたw

こちらは殿下の居間。
DSC04704_201909090045203ca.jpg
壁紙やカーテンの模様までモダンな雰囲気となっています。

こちらは広間の隣の北側ベランダ(北の間)
DSC04720_20190909004521006.jpg
北側にあるので夏場の家族の団らんの場となっていたようです。窓が広くて中庭がよく見えます。

こちらは妃殿下寝室の照明と暖房器用カバー。
DSC04763.jpg DSC04767_2019090900452467f.jpg
レースのついた照明が何とも可愛らしい。この部屋の暖房器用カバーは妃殿下自身がデザインしたもので、日本的な感性とアール・デコの館が非常にマッチしていて面白い。

こちらはベランダ。ここから芝生や日本庭園が一望できます。
DSC04977_20190909004526da6.jpg
市松模様は和風でもありアール・デコ風でもあるw ここはベンチもあるので、展覧会の途中でゆっくり休むのに最適です。そのためここを無人の状態で撮影するのは中々難しかったりします(閉館頃が狙い目です)

こちらは奥の階段あたりにある照明。
DSC04736.jpg
星型のステンドグラスのようになっていて、光が天井に映っているのがお洒落です。

こちらは姫宮居間。
DSC04819.jpg
寄木の床やストライプの壁紙など他の部屋より軽やかな印象を受けます。鏡も大きいし女性向けの内装になっています。

今回の展示では屋上のウインターガーデンに入ることができました。消防法の関係でこの部屋には定員があるので観るのに列に並んで待つ必要があります。
DSC04742.jpg
この部屋は元々は温室だったので、蛇口があったりします。すっきりとした開放的な空間です。

こちらは階段を降りて1階に戻ってきた所にある小食堂
DSC04830.jpg
普段はここで食事していたそうです。あまり広くなく、和風な感じも漂います。

この辺で本館は終了ですが、展示は新館にも続いています。新館では家具や装飾、設計などについて資料と共に展示していました。

こちらは普段は書斎に置いてある机。後ろ側から観られる機会は中々ありませんw
DSC04846_20190909004721b4f.jpg
これもアンリ・ラパンによるもので、円と直線を組み合わせたデザイン性と共に機能性も兼ね備えている見事な机です。

こちらは『イリュストラシオン』1933年5月号
DSC04897.jpg
アンリ・ラパンによる構想図のようです。この近くには架空のフランス大使館の構想図や、「A・プリンスのためのヴィラ」(=朝香宮)という構想図もあり、アンリ・ラパンが如何にプランニングしていたかが伺えました。

こちらはマックス・アングランの「四季」
DSC04905_201909090047235b0.jpg
前編の大客室などの扉を装飾した画家で工芸家による大きな油彩画です。ユートピア的な光景をモダンな画風で描いていて絵として面白い。

こちらのテーブルは鉄工芸家のレイモン・シュブによるもの。
DSC04909_20190909004725d12.jpg
マックス・アングランと共に大客室の扉の半円形の部分を手掛けた工芸家です。ここでも側面に緻密な装飾が施されていました。

会場を出て最後に庭園から香水塔の辺りを撮ってみました。
DSC05020.jpg
普段は外から見えないのでちょっとめずらしい光景です。壁や柱で区切られた1枚の絵のように見えて、改めて行き届いた設計に感心します。


ということで、今年は書斎にも入れて満足度高めでした。ここを訪れればアール・デコとは何か?が すぐに理解できるのではないかと思います。何処を観ても洗練されたデザインばかりで、今回の展示はじっくり建物を観る好機となっています。(しかもグルっとパスなら提示だけで入れるのがお得です)

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

ピックアップ
オランジュリー美術館展
 前編 後編

コートールド美術館展
 前編 後編

ゴッホ展
 前編 後編

ハプスブルク展
 前編 後編
展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
6位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。