関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

【那須どうぶつ王国】の案内(2019年09月前編)

今日は写真多めです。前回ご紹介した那須どうぶつ王国の中のお店で食事を済ませた後、早速 園内を見て回りました。写真を沢山撮ってきましたので、前編・後編に分けてご紹介していこうと思います。

DSC05410_2019091601041332f.jpg

【公式サイト】
 https://www.nasu-oukoku.com/

【会場】那須どうぶつ王国
【最寄】無し

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 4時間00分程度

【感想】
前回の記事にも書きましたが、ここは山の中にあるので空いているか?と思ったら結構多くのお客さんで賑わっていました。 可愛い動物しかいない動物園なので親子連れに特に人気があるようです。
 参考記事:モンサンク 【那須どうぶつ王国のお店】

こちらは園内のマップ。大きく分けて王国タウンと王国ファームの2つのエリアに分かれています。
DSC05271.jpg
王国タウンには小動物、王国ファームには馬・羊・ラクダなど牧場の動物たちがいます。エリアの行き来には無料の園内シャトルバスか、300円のリフトを使うことになります。それについては後半で取り上げることにして、今日は王国タウンの半分程度をご紹介していきます。

王国タウンにはこんな感じで屋根付きの回廊があります。
DSC05136_20190916010754471.jpg
これを伝って行けば雨の日も傘をささずに各建物を移動できるので便利。この日は夏の日差しが強いので日除けに使いました。夏でも風は涼しいので、ここを通れば快適です。

まずは2019年4月20日にオープンしたばかりの「アジアの森」から見て回ることにしました。ここに今回のお目当ての動物がいます。

こちらはレッサーパンダ。
DSC05042_2019091601041605e.jpg
仕切りが無く、目の前ですやすやと寝ていました。距離の近さに驚きです。

レッサーパンダは何匹かいて、みんな寝ていましたw
DSC05065_20190916010422c50.jpg
木を抱きかかえるような感じで寝ているのが可愛い。

こちらはコツメカワウソ。マングローブに住むカワウソです。
DSC05046_20190916010418a9a.jpg
世界で最も小さいカワウソで、ちょこちょこ動いていました。本当に可愛い動物しかいませんw

そしてこちらが今回のお目当てのマヌルネコ! モンゴルなどの砂漠や岩石地に住むヤマネコです。
DSC05062_20190916010421b71.jpg
この子たちも体は小さいけど大人じゃないかな。マヌルとはモンゴル語で「小さいヤマネコ」という意味で、ネコ科の中では最も古い種類です。以前にも埼玉県こども動物自然公園で観ましたが、わざわざここまで足を伸ばしたのは今年(2019年)に生まれたばかりの子供もいる為で、この後出てきます。
 参考記事:埼玉県こども動物自然公園の写真 前編

マヌルネコのアップ。
DSC05059.jpg
耳が横についているのが独特で、顔芸とまで呼ばれる多彩な表情を見せるのも特徴です。

そしてその先にコマヌルたちがいました! 2019年4月22日生まれです
DSC05088_20190916010427652.jpg
オスメス1匹ずついて、オスはモンゴル語のエルール(健康)から「エル」と名付けられ、メスはモンゴル語で幸福の「アズ」という名前になったようです。私にはどっちがどっちか分かりませんがw

4時間近くかけて観に行ったのでじっくり観てきました。
DSC05074_201909160104240f9.jpg
木に同化するような色合いになっているように思えます。小さくても鋭い目つきをしているのが野性的で、普通の猫よりもワイルドな所が魅力です。

じーっと上を見上げているのは猫じゃらしを見ています。
DSC05082.jpg
狩りの練習中らしく、備え付けの猫じゃらしを振ると反応してくれました。この辺は子猫っぽいw 時間帯によっては係員さんが餌やりをやって、立ち上がったりしていました。

マヌルネコをじっくり見て一旦満足したので園内を端から見て回ることにしました。(帰り際にもう一度マヌルネコに会いに行ったので後編でもまた出てきます)

こちらはスカンクハウスにいたスカンク。
DSC05108_201909160107485b9.jpg
何故か走りまくっていたので写真もブレてしまったw スカンクも2019年5月26日にオス2頭・メス1頭が生まれたらしく、7月から公開されていました。赤ちゃんたちは隅っこでぐったり寝てましたが…w

こちらはスカンクの匂いを体験するコーナー。
DSC05110_20190916010750fc4.jpg
私も試しましたが焼けたゴムみたいな感じに思えたかな。 実際はこの体験コーナーの1万倍の匂いらしいので、かなり強烈でしょうね。

続いてこちらはワンニャンリビング。その名の通り、犬と猫が沢山いる建物です。
DSC05129.jpg
キャットタワーで寛ぐ猫たち。結構色々な猫種がいて、もふもふの子なんかもいました。軽く猫カフェに来た気分。

ワンちゃんたちも沢山います。
DSC05133.jpg
まだ子犬じゃないかな。寄り添って寝ているのが微笑ましい。

続いてはこちらは熱帯の森。
DSC05138_20190916010756a6a.jpg
ここも多くの動物が放し飼いになっていて、目の前に動物が来てくれたりします。

足元に亀が歩いていたりするので注意が必要です。
DSC05171_20190916010802565.jpg
この亀はアカアシガメだそうで、割と機敏に動いていました。

ガラスケースに入っている動物もいました。こちらはミナミコアリクイ
DSC05147_20190916010757222.jpg
ゴロゴロ転がって遊んでいました。長い首が特徴で、歯はほとんどないのだとか。

こちらはコモンマーモセットという猿
DSC05155.jpg
枝から枝へと飛び移る様子が間近で観られます。かなりアクティブに動いていました。

こちらはルリコンゴウインコ
DSC05163_201909160108009a7.jpg
モノマネが得意なインコらしいですが、この時はただボーッとしていました。色も美しく、南国らしい印象を受けます。

こちらはギニアエボシドリ
DSC05173_2019091601124172e.jpg
緑の羽毛とオレンジの目がキュート。熱帯の鳥は色合いが見事です。

続いてこちらはビーバークリーク
DSC05188_201909160112426f5.jpg
こちらも2018年7月14日にオープンした比較的新しいエリアです。ガラス越しに色々な角度から観察できるのが売りのようです。

この日はビーバーは陸で寝てましたw
DSC05194_20190916011243149.jpg
ダムを作る所とか観てみたい。

こちらはオッタークリーク。ビーバークリークと同日にオープンしたエリアです。
DSC05195_2019091601124526b.jpg
ここではユーラシアカワウソが泳いだり岸で遊んでいたりしました。ちょうどポーズを取ったような姿勢をしていて滑らかな体つきが美しい。

こちらはアクアステージにいたオットセイ
DSC05202_20190916011246772.jpg
観客席があり時間帯によってはパフォーマンスも観られるようですが、この時はのんびりと休憩していました。

近くには2019年4月28日に生まれたミナミアメリカオットセイの赤ちゃん(名前はプーロ)がいる水槽もありました。あちこちに赤ちゃんがいるのが凄い。

こちらはペンギンビレッジ
DSC05212_201909160112489d2.jpg
ジェンツーペンギン、フンボルトペンギン、ケープペンギンなどがいるようです。それぞれ模様の違いなどが確認できます・

一体何を一生懸命観ているんだろうか?w 一点を見つめてじっとしていました。
DSC05216.jpg
ペンギンと言っても暑いところのペンギンなので、真夏でも平気のようでした。


ということで長くなってきたので今日はこの辺までにしようと思います。やはりマヌルネコの子どもたちに会えたのが感激で、それだけでも行った甲斐がありました。この後も可愛い動物ばかり観ることが出来ましたので、次回は残りのエリアについてご紹介の予定です。

 → 後編はこちら


関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

ピックアップ
オランジュリー美術館展
 前編 後編

コートールド美術館展
 前編 後編

ゴッホ展
 前編 後編

ハプスブルク展
 前編 後編
展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
6位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。