関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

内藤コレクション展「ゴシック写本の小宇宙――文字に棲まう絵、言葉を超えてゆく絵」 【国立西洋美術館】

今日は写真多めです。前回ご紹介した国立西洋美術館の常設を観た際に、版画室で内藤コレクション展「ゴシック写本の小宇宙――文字に棲まう絵、言葉を超えてゆく絵」という展示を観てきました。この展示は撮影可能となっていましたので、写真を使ってご紹介していこうと思います。

DSC06918_201910272217493f0.jpg

【展覧名】
 内藤コレクション展「ゴシック写本の小宇宙――文字に棲まう絵、言葉を超えてゆく絵」

【公式サイト】
 https://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2019gothic_manuscripts.html

【会場】国立西洋美術館
【最寄】上野駅

【会期】2019年10月19日(土)~2020年1月26日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間30分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_②_3_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_③_4_5_満足

【感想】
閉館時間が近かったこともあり空いていました。とは言え、ダッシュで観ることになったのでとりあえず写真だけ撮ってきた感じですw

さて、この展示は中世の聖書などの写本のコレクションを集めた内容で、大半は2016年に内藤裕史 氏が寄贈した作品のようです。内藤コレクションは約150点もあり、今回はまとまって展示される初の機会となっています。この展示は撮影可能となっていましたので、写真と共にご紹介していこうと思います。

「ラテン語聖書零葉:シラ書(イニシアルO、Qおよび枠装飾)」 ロレーヌ地方(メッス?) 1310~1320年頃
DSC06922_20191027221750911.jpg
こちらが聖書の写本。単にラテン語の文字だけでなく所々に装飾があるのが特徴です。

「時祷書零葉(ラテン語およびフランス語):死者のための聖務日課(イニシアルD/女性の胸像)」 フランス、おそらくアミアン 14世紀頃
DSC06927_201910272217525ab.jpg
こちらはXとDの字のような所が絵柄になっていました。確かに女性の胸像があります。彩色も綺麗に残っていて保存状態も良さそうです。

この近くに前回ご紹介したルオーの作品がありました。内藤氏は戦後間もない時代の高校生3年生だった時、美術雑誌に載ったルオーを観て芸術への情熱に火がついたそうです。やがて医師になり 忙しい仕事や研究の傍らでも情熱を失わずに中世写本をコレクションしたそうです。また、内藤氏の写本収集のきっかけは、パリで美術館めぐりをした際にセーヌ川河畔の古本屋の屋台で中世ゴシック期の彩色写本の零葉を手にとって魅了されたことだったのだとか。

「ラテン語聖書零葉:創世記(イニシアルI/天地創造)」 イングランド 1225~1235年頃
DSC06938_20191027221753d9a.jpg
こちらは創世記の冒頭部分らしく、メダイヨンの中には天地創造やアダムとエヴァの話、楽園追放、アダムとエヴァの労働、カインとアベルなどが描かれているのだとか。ちょっと素朴な絵柄で確かに追放されたり労働してたりして、簡略的に示されていました。

「ラテン語詩篇集零葉8葉:詩篇67,71,73-77(シャンピ・イニシアルと装飾枠)」 フランドル(ブルージュ) 13世紀
DSC06952.jpg
こちらは本になっているけど、かなりページ数が少なくて一部分と思われます。金や色彩で装飾されていて美術的な要素を感じます。ページの上部と下部に鳥の顔みたいなのが描いてあるデザインも面白い。

「ラテン語詩篇集零葉:暦 [表面] 7月(干草刈)」 フランドル(ブルージュ) 13世紀
DSC06962.jpg
こちらは暦を描いた詩篇集。7月は鎌を持って干し草を刈る季節のようです。こちらも文字装飾は美しいけど絵は素朴なところが可愛いw

「ラテン語詩篇集零葉:暦  [裏面] 8月(麦刈)」 フランドル(ブルージュ) 13世紀
DSC06964_20191027221758a68.jpg
裏面も観ることができました。こちらは女性がかがんで麦を刈り取っています。膝まで服をまくりあげていたり、当時の様子も伺えます。

「ラテン語詩篇集零葉:詩篇25(イニシアルI:教会の中に立つ男とドラゴン)」 マース川流域あるいはフランドル 1250~1260年
DSC06969.jpg
教会に立つ男は左側、その足元と右上辺りにドラゴンがいます。男の下にいるのは鳥っぽく見えるかなw 頭文字が装飾されていたり、空白部分に幾何学文様があったりしてカラフルな印象を受けました。こうした装飾からどの地域で作られたがが推定できるようです。

「ラテン語詩篇集零葉:詩篇109(イニシアルD/聖三位一体)」 パリ 1270~1280年
DSC06976.jpg
ちょっと細部がかすれているけど、Dの字の中に左にキリスト、右に父なる神、その間に聖霊の鳩がいて三位一体となっているようです。その上にいるのはドラゴンらしく、絵の構成も面白く思えました。普通、挿絵ってこんな真ん中に入れないでしょ…w

シュトゥットガルト:ミュラー&シンドラー 「ファクシミリ版『ランベス黙示録』」 1990年
DSC06978_20191027221802296.jpg
こちらは東京藝術大学附属図書館の所蔵品で、ファクシミリ版なので精巧なレプリカです。と言っても、どう観ても古い本にしか思えない完成度ですね。オリジナルは1260年頃のイギリスで作られたらしく、黙示録を挿絵を使って書いているようでした。

グラーツ大学出版会 「ファクシミリ版『ドゥース黙示録』」 1983年
DSC06984_20191027221941fc9.jpg
こちらも東京藝術大学附属図書館所蔵のレプリカ。オリジナルはイギリスの1270年で作られたもので、やはり黙示録が描かれています。

アップするとこんな感じ。
DSC06985_20191027221943c0e.jpg
ちょっと何のシーンだか分からないかなw Sの字の中に描かれているようでした。

グラーツ大学出版会 「ファクシミリ版『聖王ルイの詩篇』」 1972年
DSC06990_20191027221944bfb.jpg
こちらもレプリカですが、一際豪華な印象を受けました。オリジナルはフランスのルイ9世が所有していた詩篇だそうで、13世紀パリで作られた写本の傑作とされているようです。フォントまで美しく、装飾も細部まで見事です。

「ファクシミリ版『ピーターバラ動物寓意集』」 2003年
DSC06999.jpg
こちらもレプリカ。動物の寓意を集めた内容らしく、中世に大いに人気を博したそうです。100点もの動物図があるようで、ここにも鹿やヤギらしきものが描かれていました。中世キリスト教の動物図鑑みたいな感じでしょうか。

「詩篇集零葉:キリストの鞭打ち・十字架を担うキリスト」 パリ 1260~1270年
DSC07014.jpg
こちらは挿絵のみとなっている作品。どちらもキリストの受難をテーマにしていて、マリアらしき人物も描かれています。それにしても素朴な絵で、キリストは平然としている感じがしますw

「ラテン語詩篇集零葉:詩篇69(イニシアルS/水中から天の神に祈るダヴィデ王)」 ロレーヌあるいはシャンパーニュ地方 1310~1320年代
DSC07023.jpg
こちらはSの字の中にダビデと神が描かれた作品。画面の所々にある横に区切る帯みたいなものや 音符のような文様が軽やかに感じられます。装飾的で美しい1枚でした。

「ポワティエのペトルス著『キリスト系図史要覧』(ラテン語) 断片:モーセとアーロン(左欄)、イスラエルの部族の宿営地一覧(右欄)」 イングランド 1270~1280年
DSC07029.jpg
こちらはアダムとエヴァからイエス・キリストまでの主要な登場人物を系図にして事績を要約したもの。座っているのが恐らくモーセとアーロンでしょうか。聖書を読むと〇〇の子の△△が延々と続いて挫折しかけるので、こういう解説図があると嬉しいかもw 昔の人も図解して理解していたんですね。

「ポワティエのペトルス著『キリスト系図史要覧』(ラテン語) 断片:エルサレム概念図(左欄)、アレクサンドロス大王(右欄) イングランド 1270~1280年
DSC07031.jpg
こちらも概念図や人物の系図。登場人物が多すぎてギッシリ書いてもほんの一部というw 当時の人たちの研究熱が伝わってきます。



ということで、全く観たことが無かった中世の写本の数々を観ることができました。内容を理解するのは難しいですが、絵・文字・装飾が一体となった独特の美しさがありました。この展示は常設の一部となっていますので、ハプスブルク展に行かれる方はこちらも寄ってみるのも良いかと思います。

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

ピックアップ
オランジュリー美術館展
 前編 後編

コートールド美術館展
 前編 後編

ゴッホ展
 前編 後編

ハプスブルク展
 前編 後編
展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
2位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。