関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

Tokyo Midtown Award 2019 EXHIBITION 【東京ミッドタウン】

今日は写真多めです。先週の日曜日に六本木のミッドタウンの地下で「Tokyo Midtown Award 2019 EXHIBITION」を観てきました。この展示は撮影可能となっていましたので、写真を使ってご紹介していこうと思います。

DSC07613.jpg

【展覧名】
 Tokyo Midtown Award 2019 EXHIBITION

【公式サイト】
 https://www.tokyo-midtown.com/jp/award/

【会場】東京ミッドタウン プラザB1Fメトロアベニュー
【最寄】六本木駅/乃木坂駅

【会期】2019年10月18日(金)~11月10日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間20分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_③_4_5_満足

【感想】
空いていて快適に鑑賞することができました。

さて、この「Tokyo Midtown Award」は毎年開催されているデザインコンペで、今年で12回目となっています。昨年のテーマは「HUMAN」でしたが、それ以来アイデアや作品を生み出す「人」にフォーカスしたアワードとなったそうで、今年も39歳以下の若い才能による機知に富んだデザインが並んでいました。撮影可能となっていましたのでいくつか気に入ったものを写真を使ってご紹介していこうと思います。
 参考記事:
  Tokyo Midtown Award 2019 EXHIBITION (東京ミッドタウン)
  Tokyo Midtown Award 2017 デザインコンペ受賞作品展示 (東京ミッドタウン3階)
  Tokyo Midtown Award 2012 (東京ミッドタウン)


伊藤直樹 「トロフィー」
DSC07615.jpg
こちらはデザインコンペの審査員の伊藤直樹 氏がデザインした2019年のトロフィー。脳をサボテンの盆栽に見立てたもので、配線のようにも見えるかな。アイディアが光る作品が集まるコンペだけにトロフィーも凝った作りとなっていました。

河合航路・南和宏・西川佳織 「すべてティッシュでできたティッシュペーパー」
DSC07618_20191102015020045.jpg
こちらは今年のデザイン部門のグランプリ。白地に白で分かりづらいですが、箱までティッシュペーパーで出来た無駄のないデザインとなっています。環境に優しくて商品にしたら売れるかも?? コロンブスの卵のような発想となっていました。

吉田隆大・北浦俊 「おみくず」
DSC07623_20191102015021b3b.jpg
こちらはペットボトルのビニールカバーを剥がす部分がおみくじになったデザイン。これなら楽しみながら分別もできそう。作業を楽しみに変える発想が凄い。

比護拓郎 「継木鉛筆」
DSC07640_20191102015023b20.jpg
こちらは釘を使わないで木を継ぐ「組木」の技術を鉛筆の先に使ったデザイン。短くなっても鉛筆同士を継いで使えるようになっています。これもエコロジーと日本古来の伝統が結びついた面白い作品でした。

鳥山翔太・柳澤駿 「アイコンブリスター」
DSC07651_20191102015024750.jpg
こちらは薬のブリスターという容器をデザインした作品。遠目で観ると何が変わっているか分かりづらいかな。

アップにするとこんな感じ
DSC07656.jpg
胃薬は胃のアイコンの形になっています。これで薬が増えても何の薬か分かって飲み間違いを防ぐことができるようです。何に効くのかも一目瞭然で分かりやすい

nyokki(三谷悠・八幡佑希・柿木大輔) 「逆から履歴書」
DSC07661.jpg
こちらは働き方の希望や特技・趣味などが先に来るという履歴書。普通の履歴書の逆になっていて、何をしたいのか何が出来るのかが学歴などより先に観られるようになっています。私は履歴書自体がもはや時代遅れで不要と思っていますが、こういう発想は様々な分野で活かせそうに思えました。

槇野結・渡辺光 「お年玉カード」
DSC07666.jpg
こちらはキャッシュレス化したお年玉w ついにこんな所にまでキャッシュレス化の波が押し寄せるのか…w まあ最近はアマゾンギフトカードがプレゼントとかよくあるので、時代の流れとしては順当と言えそうですね。

伊藤かをり・大村龍也 「白い電線」
DSC07672.jpg
こちらは電線を白くするというデザイン。青空に映えてネガティブな印象の電線が爽やかになるという逆転の発想です。災害の多い日本では地中化は一長一短なので、電線を上手くデザインするというのは面白いかも。

近くには過去の受賞作などが並んでいました。
DSC07677_2019110201514716f.jpg
和風のデザインが多いのが特徴かな。

続いてはアートコンペの受賞作のコーナー。アート部門は今年からかな?

古屋真美 「躍っていたいだけ」
DSC07681_2019110201514909d.jpg
服の素描が並んでクローゼットみたいな印象を受けるかな。誰が袖のテーマを現代化したような人の余韻を感じました。

井原宏蕗 「made in ground」
DSC07689.jpg
こちらはグランプリ作品。ミミズの糞塚を窯で焼成し陶にしたそうです。金彩されて何だか豪華な印象を受けますw

アップにするとこんな感じ。
DSC07691_20191102015152d2f.jpg
ミミズの糞は畑にとって大事だそうですが、実際に観たのは初めてです。小さいミミズがこんなに大きな塚を作るとは驚きでした。

会場ではシールを貼って人気投票をしていました。
DSC07692.jpg
一番人気は「おみくず」のようでした。中々に圧倒的な数です。


ということで、今年は環境に配慮したようなデザインが多かったように思います。マイナスをプラスに転換する発想が見事なものもあり楽しめました。 この展示は地下通路で行われていて気軽に観ることができますので、六本木に行く用事がある方は是非立ち寄ってみてください。

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

ピックアップ
オランジュリー美術館展
 前編 後編

コートールド美術館展
 前編 後編

ゴッホ展
 前編 後編

ハプスブルク展
 前編 後編
展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
2位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。