関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

加藤泉 - LIKE A ROLLING SNOWBALL 【原美術館】

今日は写真多めです。この前の日曜日に品川の原美術館で「加藤泉 - LIKE A ROLLING SNOWBALL」を観てきました。この展示は一部を除き撮影可能となっていましたので、写真を使ってご紹介していこうと思います。

DSC09057.jpg

【展覧名】
 加藤泉 - LIKE A ROLLING SNOWBALL

【公式サイト】
 http://www.haramuseum.or.jp/jp/hara/exhibition/701/

【会場】原美術館
【最寄】品川駅

【会期】2019年8月10日(土)~2020年1月13日(月・祝)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間00分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
意外と空いていて快適に鑑賞することができました。

さて、この展示は以前にご紹介した伊香保のハラミュージアムアークと同時開催となっている加藤泉 氏の個展です。加藤泉 氏はヴェネツィアビエンナーレをはじめとして国際的に活躍されていて、キモかわいい雰囲気の個性的な作風となっています。この展示ではあまり解説はありませんでしたが、撮影可能となっていましたので写真と共にご紹介していこうと思います。
 参考記事:加藤泉 - LIKE A ROLLING SNOWBALL (ハラ ミュージアム アーク)

チケット売り場の足元辺りに早速いましたw 
DSC09086.jpg
ウルトラマンのダダみたいな顔をしていて、アフリカのお面のようなプリミティブなものを感じさせます。

今回の展示のタイトルについての作者の言葉がありました。
DSC09084.jpg
ようやくタイトルの意味がわかりました。深い意味があったんですね。

廊下には絵画作品などが並んでいました。
DSC09079.jpg DSC09074.jpg
原美術館の展示では2つのキャンバスをくっつけたような絵がいくつかあったかな。やはり宇宙人みたいな雰囲気ですw

1階の大部屋の展示風景はこんな感じ。
DSC09095_201911280015222e2.jpg
単に作品を並べるだけでなくロケーションに合わせた展示となっています。

こちらは先程の彫刻を正面から撮ったもの
DSC09088.jpg
何故かお互いに鎖で繋がれています。鎖に繋がれていると抑圧的な印象を受けるかな

鎖のアップ
DSC09100_20191128001250be2.jpg
重りに見えたのは顔でしたw 顔もがんじがらめに縛られています。

この部屋には大型の絵画作品もありました。
DSC09090_20191128001246d62.jpg DSC09094.jpg
無邪気な印象を受けてキモいけど可愛いw この独特の味わいに個性が感じられます。

部屋の奥に何やら倒れているものを発見。
DSC09116.jpg
うずくまって寝ているようなポーズです。唐突に置かれていて驚きましたw

人形のアップ。
DSC09113.jpg
ちょっと驚いたような顔でこちらを観ていますw 中々憎めないやつです。

窓の外にも何やら気配を感じました。
DSC09123.jpg
この庭の中にも作品が紛れているのがわかりますでしょうか。

庭のアップ。
DSC09118.jpg
木に挟まってこちらを見ていましたw 木にしがみついてるみたいな格好です。 この他にももう1体、庭に隠れていました。会場と融合したような展示方法が面白い。

続いて2階に向かう階段にも作品がありました。
DSC09132_201911280018390ab.jpg
こちらは覆面レスラーのように思えたかな。だらんとしたポーズが脱力感を漂わせています。

2階から3階に向かう階段下にも1体転がっていましたw
DSC09154.jpg
こういう生態の生き物みたいに思えてきます。あちこちで寝転がっててちょっとシュール。

こちらの小部屋は無数の人形がいました。
DSC09152_20191128001842101.jpg
呪術的でブードゥー人形を思わせる要素もあるように思います。この不気味さも魅力の1つでしょうね

続いての部屋は絵画作品が中心でした。
DSC09140.jpg
やはり2枚の絵をくっつけるような作風となっています。

同じ部屋の逆側の壁にも作品が所狭しとならんでいます。
DSC09142.jpg
絵画と彫刻をバランス良く組み合わせていて、空間自体の演出も面白い。

こちらも同じ部屋の様子。
DSC09148_20191128001848e1e.jpg
実際に作品にぐるっと囲まれるとちょっと異様な雰囲気ですw

この部屋の隅っこにもポツンと置かれた人形がいました。
DSC09149.jpg
何だか寂しげに見えます。ちょっと拗ねてるみたいなw

この隣の部屋は撮影禁止となっていました。人形が標本のように並んでいて、これまたシュールで不気味で可愛い印象を受ける作品群です。

1階の階段下に戻ってきたらスタンプがありました。
DSC09156.jpg
チケットの顔に枠をつけるような感じのようでした。


ということで、ハラミュージアムアークの展示と同様に強烈な個性を楽しむことができました。会場自体も作品のようになっているのも面白いので現代アート好きの方におすすめです。なお、原美術館は2020年12月に閉館が予定されています。残り1年程度となっていますので、今のうちに足を運んでおきたいところです。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

ピックアップ
ハプスブルク展
 前編 後編
展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
5位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。