HOME   »  映画  »  映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」(ややネタバレあり)

映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」(ややネタバレあり)

先週の金曜日にレイトショーで映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」を観てきました。この記事にはネタバレが含まれていますので、ネタバレなしで観たい方はご注意ください。

DSC09178.jpg

【作品名】
 ターミネーター:ニュー・フェイト

【公式サイト】
 http://www.foxmovies-jp.com/terminator/index.html

【時間】
 2時間10分程度

【ストーリー】
 退屈_1_2_③_4_5_面白

【映像・役者】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【総合満足度】
 駄作_1_2_③_4_5_名作

【感想】
予想したほど混んでおらず、快適に鑑賞することができました。

さて、この映画はターミネーターシリーズの「ターミネーター2」の正統続編と位置づけられた作品で、制作にジェームズ・キャメロン、T-800にアーノルド・シュワルツェネッガー、サラ・コナーにリンダ・ハミルトンという「ターミネーター2」の主要メンバーが揃った布陣となっています。ターミネーター3、4が無かったことになった「ターミネーター:新起動/ジェニシス」も無かったことになって、もう一度作り直そうとしたようで、「ターミネーター2」だけ観ておけばこの作品の事前知識としては十分だと思います。 ここからはネタバレとなりますが、正直なところジェネシスのほうがまだ面白かったような…w 仕切り直したはずが、2の自己模倣のようなシーンが多くて内容も薄まっているように思えます。もっとネタバレになりますが、2は逃げつつも未来を変えようとしていたのもストーリーとして面白かったのが、今回は一言で言えば追手と戦うだけの内容です。未来も何度も改変されているようだけど、その辺の整合性が明確に現れていないので、設定に釈然としない部分もありました(冒頭のターミネーターを送った未来はどうして発生してどうして消えたの?とか) ストーリーに関しても2を意識して作られていて、良くも悪くも2を基準に付け足したような感じかな。ターミネーターが人間のように感情を持つ辺りとかも2に通じるものがありました。期待値が高い布陣だっただけに、何だか拍子抜け…。

映像に関しては流石のクオリティで、派手にドンパチやっています。このシリーズはアクションや映像技術も見どころなので、そこは十分に満足できると思います。ただ、2の時は革新的だった映像も今では割と普通になっているので、あの時の衝撃というのは無く 色褪せているのは否めないような…。液体金属のターミネーターとか、毎回出てくるのであまり目新しい感じはありません。2のサムズアップのような印象的なシーンも無いし、割とすぐに忘れそうな気がしますw

ということで、かなり楽しみにしていただけに何だか普通だな…という印象でした。特に設定の部分があまり面白さを感じず、ひたすら2の遺産で食ってるような感じがしました。シリーズ通すと時系列がめちゃくちゃになってるし、もうこのシリーズは末期かも…。興行収入で苦戦しているのも納得で、ちょっと次作があるのか不安な状態です。せっかくAI時代目前で俄然リアリティが増したはずなのになあw 過去の先見の明や革新性ばかりが輝いて見えて、このシリーズが好きなだけに複雑な気分になりました。

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
2位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。