関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

東京国立博物館の案内 【2020年01月】

今日は写真多めです。前回ご紹介した東京国立博物館の企画展を観てきた際、常設も観てきました。今回も写真を撮ってきましたので、それを使ってご紹介していこうと思います。

 ※ここの常設はルールさえ守れば写真が撮れます。(撮影禁止の作品もあります)
 ※当サイトからの転載は画像・文章ともに一切禁止させていただいております。


今回は1階の武具のコーナー辺りが工事中で閉室していました。いつも通り観た順でご紹介していこうと思います。

「御所車蒔絵硯箱」
DSC02648_20200105235927220.jpg
こちらは新春公開の品で、観るのは久々のように思います。高蒔絵に切金で御所車や草花を描いていて雅な雰囲気です。流水が特に優美な風情をなっていました。

作:日光 花押:喜多能静 金字銘 「能面 三番叟(黒色尉)」
DSC02660.jpg
こちらは「翁舞」の最後に五穀豊穣を祝い舞う老いた神の面。歯が抜けてるけどニコニコ笑うような顔つきが福々しい。作者と考えられる日光は翁面で名手とされた人で、三井寺の僧という説もあるものの伝記はほとんど不明なのだとか。

伊能忠敬 「九州沿海図(大図) 第十三」
DSC02663_20200105235930d57.jpg
こちらは伊能忠敬による九州沿海の地図。彩色もされていて かなり詳細な図となっています。伊能忠敬の地図は観るたびに驚かされます。

「貝譜」
DSC02668.jpg
こちらは高島秋帆の題字がある江戸時代後期の貝の博物図譜。こちらも緻密な絵でリアルに貝を記録しています。江戸時代は様々な研究が進んでいたのが伺えました。

「倉(模型)」
DSC02674.jpg
こちらは19世紀 北海道のアイヌの倉の模型。冬の間の食料の貯蔵庫らしく家に隣接して建てたようです。高床になっているのは北国でも同じなんですね。

「マキリ(小刀)」
DSC02681.jpg
こちらは19世紀 樺太のアイヌの小刀。日常に使うため肌身離さず持っていたようです。文様のついた鞘がプリミティブな印象を受けました。

「ユシビン」
DSC02683.jpg
こちらは第二尚氏時代(18~19世紀)の琉球の祭祀・慶事用の酒器。この濃い緑釉は沖縄でオーグスヤーと呼ばれるそうで、透き通るような透明感がありました。

横山大観 「無我」
DSC02688_202001052359382e1.jpg
あどけない子供の顔がまさに無我の境地のように見えるw ぼーっと立っているようだけど、老荘思想の神の境地を表そうして描いたのだとか。

和田英作 「光風霽月帖 夏富士」
DSC02693_202001052359417e5.jpg
こちらは10名の画家たちの合作の画帖の内の1枚。青々とした富士山が強い存在感で神聖な印象を受けます。まさに心神とも言える山ですね。

川合玉堂 「光風霽月帖 投網」
DSC02699.jpg
玉堂らしい詩情溢れる水辺の風景。網を投げる瞬間を捉えていて、静けさの中に1点だけ動いているような構図となっていました。

鏑木清方 「光風霽月帖 澣衣」
DSC02701_202001060003229ab.jpg
こちらも清方ならではの美人が主題となっています。澣衣(かんい)というのは着物を洗うことを指すようですが、こんな優美な洗濯は観たことがないw 透き通るような衣も涼しげで好みでした。

横山大観 「光風霽月帖 月明」
DSC02704.jpg
煌々と月が輝く美しい光景。濃淡によって松が霞むような風情もあって神秘的な印象を受けました。

小林古径 「光風霽月帖 八仙花」
DSC02708_20200106000325e9e.jpg
こちらはやや琳派的な趣のある作品。特に葉っぱの滲みやデフォルメされた花びらがそう感じさせるかな。金地でも派手さより静けさが漂っているように思えました。

初代宮川香山 「褐釉蟹貼付台付鉢」
DSC02711.jpg
リアルな蟹が張り付いている面白い鉢。本物を貼り付けたんじゃないか?というくらい真に迫るものがあります。もう1匹いるので、実際に観る機会があったら探してみてください。

山本芳翠 「月夜虎」
DSC02719.jpg
雲に隠れた月の下、のっそりと歩いてくる虎。こちらをじっと観ていて緊張感があります。顔のあたりに光が差し込んでいるようで、目を引きました。

磯田湖龍斎 「羽根付図」
DSC02791_20200106000331f69.jpg
こちらは肉筆の掛け軸。お正月らしい画題で楽しげに遊んでいます。2人の視線の先には羽根もあって、釣られて目で追ってしまいましたw

今回の国宝室は長谷川等伯の「松林図屏風」でした。最近頻繁に出品されていますw

「線刻蔵王権現像」
DSC02893_202001060003327d4.jpg
こちらは国宝で、奈良県の金峯山から出土した蔵王権現像。線刻で緻密かつ迫力溢れる憤怒の相を表していて圧倒されます。蔵王権現像は金峯山修験道の本尊なのだとか。

「古今和歌集(元永本)下帖」
DSC02897_202001060003335e2.jpg
こちらも国宝で、新春公開の対象作品。仮名序から巻第20まで完存する中では現存最古の品だそうで、和製の唐紙で出来ています。流れるような文字と唐紙の模様が相まって非常に雅な雰囲気です。筆者は藤原行成の曾孫の定実とする説が有力とのことでした。

伊藤若冲 「松梅孤鶴図」
DSC02922.jpg
丸々した体つきの鶴。極彩色で有名な若冲ですが、こうしたモノクロの作品も多く残しています。頭だけ赤いのが目を引くかな。デフォルメされているけど凛々しい雰囲気があるように思えました。

仙厓義梵 「富嶽図」
DSC02933_20200106000755518.jpg
富士山と城や家々を描いた作品。賛は読めないけど、「甲申元旦」と「日本橋」という部分は分かるので、下の方にあるのが日本橋なのかも。緩い画風だけど、何処と無く穏やかでおめでたい雰囲気に思えました

本阿弥光悦 「芥子下絵和歌巻」
DSC02941_20200106000756c0d.jpg
こちらは素っ気ない紙に書かれた本阿弥光悦の書。紙は地味でも文字は舞うような美しさでした。


ということで、今年は特別な品は殆ど無かったものの、お正月らしい作品が多めとなっていました。前回ご紹介した展示と共に新しい年を迎えるのに相応しい内容ですので、上野に行く機会があったらチェックしてみてください。


 参考記事:
   東京国立博物館の案内 【建物編】
   東京国立博物館の案内 【常設・仏教編】
   東京国立博物館の案内 【常設・美術編】
   東京国立博物館の案内 【2009年08月】
   東京国立博物館の案内 【2009年10月】
   東京国立博物館の案内 【2009年11月】
   東京国立博物館の案内 【秋の庭園解放】
   東京国立博物館の案内 【2009年12月】
   東京国立博物館の案内 【2009年12月】 その2
   東京国立博物館の案内 【2010年02月】
   東京国立博物館の案内 【2010年06月】
   東京国立博物館の案内 【2010年11月】
   博物館に初もうで (東京国立博物館 本館)
   本館リニューアル記念 特別公開 (東京国立博物館 本館)
   東京国立博物館の案内 【2011年02月】
   東京国立博物館の案内 【2011年07月】
   東京国立博物館の案内 【2011年11月】
   博物館に初もうで 2012年 (東京国立博物館 本館)
   東京国立博物館140周年 新年特別公開 (東京国立博物館 本館)
   東京国立博物館の案内 【2012年03月】
   東京国立博物館の案内 【秋の庭園解放 2012】
   東京国立博物館の案内 【2012年11月】
   博物館に初もうで 2013年 (東京国立博物館 本館)
   東洋館リニューアルオープン (東京国立博物館 東洋館)
   東京国立博物館の案内 【2013年04月】
   東京国立博物館 平成25年度 秋の特別公開 (東京国立博物館)
   東京国立博物館の案内 【2013年12月】
   博物館に初もうで 2014年 (東京国立博物館 本館)
   東京国立博物館の案内 【2017年08月】
   東京国立博物館の案内 【2017年09月】
   マジカル・アジア(前編)【東京国立博物館 東洋館】
   マジカル・アジア(後編)【東京国立博物館 東洋館】
   博物館に初もうで 2018年 犬と迎える新年 (東京国立博物館 本館)
   東京国立博物館の案内 【法隆寺宝物館 2018年01月】
   東京国立博物館の案内 【2018年02月】
   東京国立博物館の案内 【2018年07月】
   東京国立博物館の案内 【2018年10月】
   博物館に初もうで 2019年 (東京国立博物館 本館)
   博物館に初もうで イノシシ 勢いのある年に (東京国立博物館 本館)
   東京国立博物館の案内 【2019年02月】
   東京国立博物館の案内 【2019年04月】
   東京国立博物館の案内 【2019年05月】
   東京国立博物館の案内 【2019年10月】
   東京国立博物館の案内 【2019年12月】
   博物館に初もうで 子・鼠・ねずみ 2020年(東京国立博物館 本館)
   東京国立博物館の案内 【2020年01月】
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
3位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。