HOME   »  過去の美術展 (巡回中含2020年)  »  Digital×北斎【序章】~先進テクノロジーで見えた170年目の真実~ 【NTTインターコミュニケーション・センター(ICC)】

Digital×北斎【序章】~先進テクノロジーで見えた170年目の真実~ 【NTTインターコミュニケーション・センター(ICC)】

今日は写真多めです。前回ご紹介した展示を観た後、同じNTTインターコミュニケーション・センター(ICC)で「Digital×北斎【序章】~先進テクノロジーで見えた170年目の真実~」という展示を観てきました。

DSC00873_20200108001210b80.jpg

【展覧名】
 Digital×北斎【序章】~先進テクノロジーで見えた170年目の真実~

【公式サイト】
 https://www.ntt-east.co.jp/pr/hokusai.html

【会場】NTTインターコミュニケーション・センター(ICC)
【最寄】初台駅

【会期】2019年11月1日(金)~2020年3月1日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間40分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_③_4_5_満足

【感想】
結構多くの人で賑わっていましたが、自分のペースで観ることができました。

さて、こちらはICCの入口付近に特設されたスペースで行われている展示で、葛飾北斎の富嶽三十六景を始めとした絵画の超精密なデジタルコピーが並ぶという内容となっています。その技術は何と20億画素とのことで、絵柄だけでなく和紙の繊維1本1本まで再現するという超高解像度となっています。この展示では撮影可能となっていましたので、写真を使ってご紹介していこうと思います。


<Zone 1. 冨嶽を観る>
まずは葛飾北斎の冨嶽三十六景をコピーしたコーナーです。山梨県立博物館所蔵の認定マスターレプリカ47作品が所狭しと並んでいました。

原画:葛飾北斎 「尾州不二見原」
DSC00887_20200108001212e67.jpg
こちらは桶の中に富士が見えるという機知に富んだ構図が面白い作品。これがコピーと見抜ける人は滅多にいないのでは??というくらいの高精細ぶりです。ベロ藍の色合いまでしっかり再現。

原画:葛飾北斎 「遠江山中」
DSC00888_202001080012146ed.jpg
こちらも木材と富士が平行するような構図が面白い作品。オリジナルの版画は痛みやすいので公開には大きな制限があるようですが、コピーなら気軽に観ることが出来ますね。

原画:葛飾北斎 「凱風快晴」
DSC00894_20200108001215224.jpg
冨嶽三十六景の中でも特に有名な赤富士。こちらも見事にオリジナルの色合いが再現されています。

アップにするとこんな感じ
DSC00895.jpg
一見すると和紙の質感に思えますが、実際には普通の紙に印刷しているようです。って、プリンタも凄くね?w

原画:葛飾北斎 「深川万年橋下」
DSC00898_202001080012188a9.jpg
こちらも私の好きな構図の作品。ここまで来るとコピーというのを忘れてきますw

アップにするとこんな感じ
DSC00899_202001080012202b7.jpg
完全に和紙っぽい感じになっています。細かい人々の仕草もつぶさに観ることができました。

原画:葛飾北斎 「東海道金谷ノ不二」
DSC00909_20200108001221dd3.jpg
こちらは拡大して観られるように虫眼鏡がついていました。

拡大すると冨嶽三十六景の真価が分かります。
DSC00910_20200108001223637.jpg
波の表現や傘の目、人々の表情などかなり細かいところまで描き込まれていて、版画でこれだけの表現ができていたことに改めて驚かされます。

こちらは映像の神奈川沖浪裏を使った体験コーナー
DSC00938_20200108001433cdf.jpg
デジタルコピーは単純なコピーだけでなく、拡大縮小を自在に行えるので、ここではジェスチャーで拡大して観るという体験ができました。応用が効くというのは研究にも使えそうですね。


<Zone 2. 海を越えた北斎>
続いては西洋絵画のコーナー。ここはオルセー美術館所蔵の作品のコピーが展示されていました。

原画:ドミニク・アングル 「泉」
DSC00940.jpg
これは観た瞬間にコピーっぽさを感じました。アングルは絵肌が滑らかなのでコピー向きな気がしますが、油彩は版画に比べて発色に違和感が大きいように思えます。

原画:エドゥアール・マネ 「笛を吹く少年」
DSC00946.jpg
こちらも写真で観るとそっくりですが、実際に観ると実物よりも平坦に観えたかな。

原画:ポール・セザンヌ 「サント・ヴィクトワール山」
DSC00949.jpg
セザンヌはオリジナルとの違いがわかりやすいかも。遠目では似ていてもマチエールが違います。

この辺は北斎の作品と共に西洋絵画が並んでいました。
DSC00965_20200108001440a1a.jpg
ゴッホやセザンヌは日本からの影響が強いので、その対比かもしれませんね。

原画:フィンセント・ファン・ゴッホ 「コンドヴィルの藁ぶき屋根の家」
DSC00966.jpg
コピーが難しそうに思えたのはゴッホでした。そもそも厚塗りを平面にするというのは難しいのでは?? 絵具の反射なども無いので遠目でもフェイクと分かります。

アップするとこんな感じ
DSC00963_202001080014393c4.jpg
凄く細かい所まで再現されているだけに惜しいw 3Dスキャンをして3Dプリンタで再現して欲しいところです。

他にはモネなどもありました。


<Zone 3. 新たな対話>
最後は双方向的なインスタレーションのように映像が並んでいました。

原画:フィンセント・ファン・ゴッホ 「アルルのゴッホの寝室」
DSC00999_20200108001443c31.jpg
発色が明る過ぎて写真でもフェイクと分かるかなw 媒体も違うのでこの辺は難しそう。

原画:葛飾北斎 「ローヌ川の星降る夜」
DSC01002_2020010800144531b.jpg
こちらは星が瞬いているような感じになっていました。絵を元に映像化することが出来るのは面白い活用ですね。

原画:オーギュスト・ルノワール 「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」
DSC01007_20200108001446869.jpg
発色が良すぎて別物感があるけど、デジタルフォトフレームとしてインテリアに使ってみたいかもw


ということで、冨嶽三十六景に関しては驚異的なコピーでしたが、油彩に関しては素材感に課題があるように思えました。こうした技術が貴重なオリジナルの代わりに研究や公開で活躍する機会が増えるかもしれません。中々興味深い技術でした。

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
3位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。