HOME   »  映画  »  映画「ヲタクに恋は難しい」(ややネタバレあり)

映画「ヲタクに恋は難しい」(ややネタバレあり)

この前の祝日に映画「ヲタクに恋は難しい」を観てきました。この記事にはネタバレが含まれますので、ネタバレなしで観たい方はご注意ください。

DSC05246_20200213020310a36.jpg

【作品名】
 ヲタクに恋は難しい

【公式サイト】
 https://wotakoi-movie.com/

【時間】
 1時間50分程度

【ストーリー】
 退屈_1_②_3_4_5_面白

【映像・役者】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【総合満足度】
 駄作_1_②_3_4_5_名作

【感想】
まだ公開して間もないですが、空いていました。

さて、この映画は同名の漫画を原作にしたコメディで、ヲタク(オタク)の男女を主人公にした内容となっています。宣伝文句に「ヲタクたちの悲哀と歓喜の協奏曲(ララランド)」とありますが、所々にミュージカルシーンが入ってくるミュージカル映画でもあります。私は原作を知りませんが、監督が人気のコメディドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一 氏で俳優陣にもムロツヨシ氏、佐藤二朗 氏がいるようだったのでそちらが気になって観てみました。

ここからネタバレになりますが、ミュージカルシーンを抜くと非常に薄いストーリーで、しかも唐突に終わる感じがするので話自体に面白さがありません。特に見どころも無く、まさに山無し落ちなし状態。恋愛ものとしても あまりに盛り上がりが少ないです。さらに売りであるはずのミュージカルが良くないw メロディがつまらない上に何言ってるのかハッキリしないので、ヲタ用語を羅列しただけの寒さだけが残るような…。歌は下手という訳でないので逆に残念感が強まります。ラ・ラ・ランドのオマージュシーンなんかもあったけど、本家は一発で覚えられるメロディだったのに この作品で思い出せる曲は1つもありませんw 時間を食って話が薄くなるし、ミュージカルにしたこと自体が失敗だった気がしてならない。

そして、何よりも気になったのがヲタクの描写。ハッキリ言ってヲタクを分かってないw そもそもゲーム・アニメ・アイドル・コスプレ・コミケという狭い範囲でしか描いていないし、昔のステレオタイプなイメージでヲタ=特殊な趣味の人 という感じになってます。そもそも葛藤のあるヲタなんて今どきいますかね?w この辺は同じフジテレビ系の「電車男」の方が全然上手かった気がするかな。ニコニコ動画風の映像とか00年代で認識が止まってるんじゃないか?と失笑しました。 ヲタ用語を並べ立てたり、あるあるネタを入れてきても滑っていて笑いはほとんど起きてませんでした。 所々で本家の協力を得たオマージュがあるけど、これもセルフパロディみたいで寒かった。

役者については主役の山崎賢人 氏と高畑充希 氏に関しては演技力があって歌や踊りも良かったと思います。(楽曲が残念なだけで) 脇役も概ね良かったけど、期待していたムロツヨシ氏、佐藤二朗 氏はいつも通り過ぎたかなw ツッコミ役がいないと結構キツいw


と、まあ何だかボロカス言ってますがここ数年で最もモヤモヤした映画でした。原作を知らないけど、恐らく映画の作りの問題だと思います。サブスクで観れば十分… というかサブスクでも観る時間がもったいな(以下省略

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
5位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。