HOME   »  美術館巡りルート  »  【新橋~銀座】 美術館巡りルート

【新橋~銀座】 美術館巡りルート

今日は新橋~銀座 周辺のアートスポット巡りについてのご紹介です。この辺は無数に見所があるので、次回以降にご紹介予定の京橋や有楽町などのスポットと分割してご紹介して参ります。

ご紹介するのはこちらの地図のakamaru.pngでポイントした3箇所となります。また、kiiromaru.pngaomaru.pngで示した周辺で見どころになりそうな場所についてもご紹介していきます。

新橋駅の近くには<パナソニック汐留美術館>があり、すぐ近くにはアドミュージアム東京と旧新橋停車場という無料で観られる2つのスポットもあります。銀座方面に向かうと、<資生堂ギャラリー><ギンザ・グラフィック・ギャラリー>、ノエビア銀座ギャラリーがあり、この3つのスポットも無料です。この辺は面白い建築物も数多くあり、特に中銀カプセルタワービル、静岡新聞のメタボリズム建築や新旧の建物が一体化した交詢ビルディングは目を引きます。その他には劇団四季 海や浜離宮恩賜庭園などもあり、飲食店の名店などを含めると紹介しきれないほど見所のあるエリアです。




まずはこの辺で一番大きなアートスポットであるパナソニック汐留美術館についてです。

<パナソニック汐留美術館>

【公式サイト】
 https://panasonic.co.jp/ls/museum/

【鑑賞時間目安】
 2時間00分程度

【過去の展示】
 記事一覧はこちら

【企画展・常設】
 企画展・常設ともにあり

【併設のカフェ】
 なし(同じ建物内にあります)

【近くのカフェ】 ※古い記事の場合、閉店/移転していることもあります
 記事一覧はこちら

【ミュージアムショップ】
 あり

【ぐるっとパス】 ※記事にした当時の情報です
 2020年参加 恐らく入館できる券種

【館内撮影可否】 ※詳しくは館員さんにご確認ください
 展示による

【特徴】
こちらの美術館はその名の通りパナソニックが運営していて、企業の名前と共にコロコロと名前が変わってきましたw もう変わらないだろうと思ってたら「パナソニック 汐留ミュージアム」→「パナソニック汐留美術館」になって、ちょっと分かりやすくなったかなw 企画展と小規模な常設のある美術館で、常設ではジョルジュ・ルオーの油彩やデッサンなどが数点展示されています。一方、企画展はデザイン、インテリア、建築、ルオー関連などが多く、企業の方向性やコレクションを活かした展示となる傾向だと思います。会場内は割と狭くなりがちなのが難点だけど、解説が多く初心者にも分かりやすく説明してくれるのが嬉しい点です。美術館の前で展覧会に関するVTRを流しているので、それを観てから入場すると理解しやすいと思います。また、最近では数点だけ撮影可能ということもあるので、展示の際にチェックしてみてください。
ミュージアムショップはそれほど広くはないけど、展示に関するグッズなどは十分かな。また、この美術館にはカフェはありませんが 階下や隣のビルなど周りにいくつもカフェはあります。近い所では御門通りと中央通りの交差点にある宮越コーヒーをよく使っています。

この美術館に隣接した所に旧新橋停車場があります。こちらは日本で最初の鉄道の始発駅があった場所で、無料で見学することができます。駅の遺構だけでなく2階では企画展示も行われていて、鉄道やこの辺りの歴史についての内容が多めです。パネルや模型が中心で貴重なものはそれほど出てきませんが、面白い展示が多いので是非合わせて寄りたいスポットです。
 記事一覧はこちら

また、同様に向かいのカレッタ汐留の地下にはアドミュージアム東京があります。こちらは日曜日がお休みなのが難点ですが、企画展・常設展ともにあり古今東西の広告について紹介しています。紙媒体だけでなく動画やオブジェのようなものまで驚くようなものが多いので、こちらも多くの人が楽しめる場所だと思います。





続いては銀座の南端辺りにある資生堂ギャラリーについてです。

<資生堂ギャラリー>

P1140760.jpg

【公式サイト】
 https://gallery.shiseido.com/jp/

【鑑賞時間目安】
 0時間20分程度

【過去の展示】
 記事一覧はこちら

【企画展・常設】
 企画展のみ

【併設のカフェ】
 同じ建物内にカフェあり

【近くのカフェ】 ※古い記事の場合、閉店/移転していることもあります
 記事一覧はこちら

【ミュージアムショップ】
 なし

【ぐるっとパス】 ※記事にした当時の情報です
 不参加。無料

【館内撮影可否】 ※詳しくは館員さんにご確認ください
 展示による

【特徴】
こちらは資生堂が運営するギャラリーで、日本最古の画廊と言われています。と言っても現在は絵の販売をしているわけではなく受付で簡単なアンケートに答えますが、無料で観られます。リカルド・ボフィル設計による赤い建物の地下に展示室があり、一部が吹き抜けになった天井の高い2部屋となっています。1919年にオープンしたので歴史は古いものの、企画展は最新の現代アートが中心となっていて 近年では公募展「shiseido art egg」の受賞者の展示など積極的に若手を支援しているようです。現代アートなので割と難解な内容だったりしますが、パンフレットに解説がついていることが多いのでそれを読めば意図がつかめるかなw 会場と一体化するような展示も多いので、考えるより体験して楽しむような感じだと思います。20分くらいで観られるので、銀座に行く際にはフラっと立ち寄れるスポットです。
ここは併設のカフェと言うか分かりませんが、上の階には有名な資生堂パーラーもあります。雰囲気の良いお店なので、合わせて寄ってみるのもオススメです。



続いては資生堂ギャラリーの近くにあるギンザ・グラフィック・ギャラリーについてです。

<ギンザ・グラフィック・ギャラリー>

DSC03199.jpg

【公式サイト】
 http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/

【鑑賞時間目安】
 0時間40分程度

【過去の展示】
 記事一覧はこちら

【企画展・常設】
 企画展のみ

【併設のカフェ】
 なし

【近くのカフェ】 ※古い記事の場合、閉店/移転していることもあります
 記事一覧はこちら

【ミュージアムショップ】
 なし(近くに関連ショップあり)

【ぐるっとパス】 ※記事にした当時の情報です
 不参加。無料

【館内撮影可否】 ※詳しくは館員さんにご確認ください
 展示による

【特徴】
こちらは名前が長いので略してgggとも表記されるギャラリーです。ここも無料で観られますが、結構ボリュームがあって1階と地下1階の展示室に数多くの作品が並びます。内容は商業デザインに関するものが中心で、デザイナーや画家の個展もよく行われます。かなり本格的で無料とは思えないような展示ばかりなので、オススメのスポットではありますが日曜・祝日がお休みというのが難点です。ここも現代アートやデザインが好きな人は特に面白いと思います。

gggの近くにはノエビア銀座ギャラリーもあり、小規模な企画展が行われます。ここも無料でノエビア関連を中心に広告や原画展が多いかな。短時間で観ることが出来るので、ついでに寄るのも良いかと思います。




他にkiiromaru.pngaomaru.pngで示した周辺で見どころになりそうな場所についてもご紹介していきます。

まず、パナソニックの近くに中銀カプセルタワービルがあります。こちらは何が凄いか写真を見れば一目瞭然です。

これが中銀カプセルタワービル。黒川紀章の設計です。
PC272587.jpg
その名の通り、カプセルが組み合わさったような独特の構造です。

また、新橋駅のすぐ近くにある静岡新聞も変わった形をしています。
P1142689.jpg
こちらは丹下健三の設計です。

この2つはいずれもメタボリズムという戦後日本の建築運動を具現化したもので、平たく言えば新陳代謝をテーマにしています。中銀のほうは何度か取り壊しの話も出ているので、今後の動向が気になる所です。
 参考記事:メタボリズムの未来都市展 (森美術館)

他に、gggのすぐ近くの交詢ビルディングも新しいビルの中に古いビルの壁面が残っていて面白い造りとなっています。gggに行ったついでに見てみるのも良さそうです。

あとはこの辺では劇団四季 海や浜離宮などが文化施設と言えそうです。劇団四季はミュージカル好きには定番かな。有名な演目は初心者にも面白いので一度は見ておいて損はないと思います。(ちゃんと日本語になってます) 浜離宮はかなり広く、池や茶屋などの見所があります。また、浜離宮からは水上バスが出ていてお台場や浅草に行くことも出来るので、それを利用して移動するのも楽しいです。地方から来た人には銀座→船移動→浅草のルートで案内すると喜ばれたりします。この辺は東京見物の定番かもしれませんね。


ということで、この辺はあちこちに見所があります。週末にアート巡りをするのであれば、土曜日のほうが良いかな。企業のギャラリーは日曜日はお休みのパターンが多いので注意です。
次回は中央通りを北上して銀座~京橋あたりをご紹介予定です。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
2位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。