HOME   »  美術館巡りルート  »  【葉山】 美術館巡りルート

【葉山】 美術館巡りルート

今日は神奈川の葉山周辺のアートスポット巡りについてのご紹介です。

ご紹介するのはこちらの地図のakamaru.pngでポイントした2箇所となります。また、kiiromaru.pngで示した周辺で見どころになりそうな場所についてもご紹介していきます。

私が逗子・葉山に行くのは<神奈川県立近代美術館 葉山>が目的で、周囲には<葉山しおさい博物館>と山口蓬春記念館があります。少し南下すると葉山御用邸があり、元は御用邸に付属する馬場だった神奈川県立葉山公園からは江ノ島と富士山を望むことができます。この辺は静かな海岸で、砂浜の続く光景となっています。




まずはメインとなる神奈川県立近代美術館 葉山についてです。

<神奈川県立近代美術館 葉山>

P1150033_20140329014009a60.jpg

【公式サイト】
 http://www.moma.pref.kanagawa.jp/hayama

【鑑賞時間目安】
 2時間00分程度

【過去の展示】
 記事一覧はこちら

【企画展・常設】
 企画展・常設(コレクション展)ともにあり

【併設のカフェ】
 あり

【近くのカフェ】 ※古い記事の場合、閉店/移転していることもあります
 記事一覧はこちら

【ミュージアムショップ】
 あり

【ぐるっとパス】 ※記事にした当時の情報です
 不参加

【館内撮影可否】 ※詳しくは館員さんにご確認ください
 展示による

【特徴】
こちらは2つある神奈川県立近代美術館の葉山館で、もう1つは鎌倉別館となります。展示は企画展とコレクション展の2本立てとなっていて、近現代の様々なアーティストを紹介する展覧会が開催されています。絵画やデザインで個性派を取り上げることも多いので、それを目当てに足を運ぶ感じです。 また、所蔵品は14,000件にも及ぶそうで、洋画・日本画・彫刻・版画・写真・工芸と幅広い品がありコレクション展で観ることができます。私はここに行くのは数年に1度程度の割合なので観に行く度に違うものを展示しているように思えますw
この美術館はアートだけでなくロケーションも素晴らしく、目の前には砂浜が広がっています。カフェからは西側の海を見下ろしながら食事することができて、かなり洒落た雰囲気となります。

こちらは美術館の下に広がる砂浜
P1150028.jpg
のんびりとした光景で、多くの人がサーフィンを楽しんでいたりします。

こちらがカフェ
P1150064.jpg
普通の席からも海が見えますが、テラス席もあります。美術館が混んでいなくてもレストランは非常に混んでいたりするのでご注意(美術館に入館しなくてもレストランだけの利用もできます)

と、展示・コレクション・ロケーション・カフェのどれを取っても素晴らしい美術館です。最寄りの駅からはバスで20~30分くらいかかるので アクセスは大変ですが、それだけに閑静で落ち着いた雰囲気となっています。本当なら初夏くらいが一番楽しいんですけどね…。



神奈川県立近代美術館 葉山館のすぐ北側に山口蓬春記念館があります。こちらは日本画の巨匠である山口蓬春が住居兼アトリエにしていた家を記念館にしたもので、本人と弟子の作品なども含めて展示されていて定期的に展覧会を開いています。ややキツい坂道を登った先にあるのが大変ですが、画家の住んでいた頃の様子が伺えて庭も楽しめます。別館にはセルフの無料喫茶室もあるので、景色を楽しみながらゆっくりできると思います。神奈川県立近代美術館 葉山に行く際にはこちらも併せて訪れてみてください。



続いても神奈川県立近代美術館 葉山館のすぐ隣にある葉山しおさい博物館についてです。

<葉山しおさい博物館>

P1150049.jpg

【公式サイト】
 https://www.town.hayama.lg.jp/asobi/kouen/5800.html

【鑑賞時間目安】
 0時間30分程度

【過去の展示】
 記事一覧はこちら

【企画展・常設】
 常設のみ

【併設のカフェ】
 なし

【近くのカフェ】 ※古い記事の場合、閉店/移転していることもあります
 記事一覧はこちら

【ミュージアムショップ】
 なし

【ぐるっとパス】 ※記事にした当時の情報です
 不参加

【館内撮影可否】 ※詳しくは館員さんにご確認ください
 不可

【特徴】
こちらは葉山しおさい公園の一角にある博物館で、地元の相模湾に住む生き物の標本や 近くの三ヶ岡遺跡から出土した品などが展示されています。その中でも特に驚きなのが天皇家ゆかりの品々で、すぐ隣に葉山御用邸がある為か いくつか下賜されたものが並んでいて、生物学者でもあった昭和天皇の標本コレクションや上皇陛下のヨットなどが目を引きます。さらにこの博物館の入口は旧御用邸付属邸の御車寄せを移築したものらしく、確かにそれっぽい造りをしているかなw

博物館の周りの葉山しおさい公園も葉山御用邸付属邸の跡地で、見事な庭園となっています。
P1150050.jpg
そんなに広くはないですが、滝や茶室などもあります。
博物館と公園を併せても30分~1時間くらいで観られると思うので、こちらも葉山館を訪れる際にハシゴしてみると良いかと思います。


この公園の南側に葉山御用邸があり、さらにその南に御用邸に付属する馬場だった神奈川県立葉山公園があります。この辺まで歩くと結構離れていますが、広々としていて目の前に絶景が広がるので、良い景色を求めるのであれば足を運んでみるのも良いかもしれません。

ちなみに、逗子には他に逗子市郷土資料館という古い建物の資料館がありましたが、2020年の3月31日をもって閉館したようです。また、イエズス孝女会修道院旧館(旧東伏見宮葉山別邸)という歴史的建造物もありますが、こちらは残念ながら一般公開はされていません。


ということで、神奈川県立近代美術館 葉山館の付近にアートスポットが集中していて、一気に見て回ることができると思います。景色も綺麗なところなので、快晴の日を選んで訪れたい場所だと思います。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
3位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。