HOME   »  美術館巡りルート  »  【北杜】 美術館巡りルート

【北杜】 美術館巡りルート

今日は山梨県の北杜市のアートスポット巡りについてのご紹介です。

ご紹介するのはこちらの地図のakamaru.pngでポイントした2箇所となります。また、aomaru.pngで示した周辺で見どころになりそうな場所についてもご紹介していきます。

山梨県の北西部にある北杜市はどういう訳か多くの美術館が集まっている地域で、甲斐小泉駅の近くの<平山郁夫シルクロード美術館>、八ヶ岳泰雲書道美術館、小淵沢駅周辺の中村キース・ヘリング美術館、小淵沢絵本美術館、長坂駅周辺の<清春白樺美術館>、一般財団法人アフリカンアートミュージアム、北杜市囲碁美術館など多くのアートスポットが点在しています。(それ以外にもたくさんあります)いずれも公共交通機関の便はあまり良くないので、自家用車で回った方が良さそうなルートになります。



まずは小海線の甲斐小泉駅の駅前にある平山郁夫シルクロード美術館についてです。

<平山郁夫シルクロード美術館>

DSC05870.jpg

【公式サイト】
 http://www.silkroad-museum.jp/

【鑑賞時間目安】
 2時間30分程度

【過去の展示】
 記事一覧はこちら

【企画展・常設】
 企画展・常設ともにあり

【併設のカフェ】
 あり

【近くのカフェ】 ※古い記事の場合、閉店/移転していることもあります
 記事一覧はこちら

【ミュージアムショップ】
 あり

【ぐるっとパス】 ※記事にした当時の情報です
 不参加

【館内撮影可否】 ※詳しくは館員さんにご確認ください
 展示による。常設は可能

【特徴】
こちらは日本画家の平山郁夫の作品と共に、絵の題材にもなり こよなく愛したシルクロードの文化・文明にまつわる品を展示している美術館です。常設と企画展があり、企画展は主に平山郁夫の作品やシルクロードの遺跡で見つかった品などをテーマに行っています。平山郁夫は文化財赤十字という保護活動も行っていて、その際に取材したスケッチなども展示される機会もあって、この画家についてかなり深く紹介しています。展示は1階・2階とあり結構広いのでじっくり観てると2時間以上かかるかも。ミニ企画展を2~3やっていることもあり、割とボリュームがあります。

最初に仏像が並んでいます。これはガンダーラの2~3世紀頃の品。
DSC05904.jpg
日本の仏像とは雰囲気が違うのがよく分かると思います。こうした貴重な品が並んでいて見ごたえがあります。

肝心の平山郁夫の作品もこんな感じで大画面に囲まれて鑑賞できます。
DSC06244.jpg
臨場感があり壮観な光景です。これだけでも十分に行く価値があります。

画室の再現なんかもあります。
DSC06445.jpg
近くには実際に使われていたテーブルセットもあり、座ることもできます。

2階にはカフェもあって、開放的な空間となっています。
DSC06300.jpg
ついでにここでミニ展示が開かれることもあります(写真の左側辺り)

ということで、恐らく平山郁夫に関することならこの美術館が一番充実しているのではないかと思います。平山郁夫がお好きな方は一度チェックしてみてください。


この美術館と線路を挟んだ向かい側に八ヶ岳泰雲書道美術館というのがあります。確か近くに踏切が無いので大回りする必要があった気がしますが、この辺は電車の本数も少ないので ゆっくりとこちらも合わせて訪れて観ると良いかもしれません。

また、この辺で大きな駅となる小淵沢駅の周りにも中村キース・ヘリング美術館や小淵沢絵本美術館といった美術館があります。(どちらも駅からタクシーで5~10分くらいです) 特に中村キース・ヘリング美術館は建物自体も斬新な形でポップな雰囲気なので、現代アートが好きな方はこちらも寄ってみると楽しいと思います。




続いては長坂駅周辺の 白樺派にゆかりのある清春芸術村についてです。

<清春芸術村>

20170826 160303

【公式サイト】
 https://www.kiyoharu-art.com/

【鑑賞時間目安】
 2時間00分程度

【過去の展示】
 記事一覧はこちら

【企画展・常設】
 企画展・常設ともにあり

【併設のカフェ】
 あり

【近くのカフェ】 ※古い記事の場合、閉店/移転していることもあります
 記事一覧はこちら

【ミュージアムショップ】
 あり

【ぐるっとパス】 ※記事にした当時の情報です
 不参加

【館内撮影可否】 ※詳しくは館員さんにご確認ください
 館内不可。庭園部分はルールを守れば可能

【特徴】
こちらは元々は小学校があった所に吉井画廊の社長が私財を投じて芸術村を作った所で、敷地内に様々な施設が建っています。

敷地内の地図はこんな感じ。
DSC_0427_enc.jpg
基本設計は東宮御所や帝国劇場の設計者でもある谷口吉郎が手掛けたそうです。2000年からは岸田劉生のお孫さんが館長を務めるそうです。

シンボル的な建物はこちらのラ・リューシュ(蜂の巣) オリジナルはパリのモンパルナスにあります。
20170826 160215
オリジナルはギュスターヴ・エッフェルが設計した集合アトリエで、シャガールやキスリング、モディリアーニなども住んでいました。こちらはそれを再現していて、現役のアトリエとしても使われています。

続いてこちらは清春白樺美術館。
DSC_0459_enc_20170923012032471.jpg
白樺派のメンバーが夢見た美術館を実現した施設で、中には白樺派が愛したルオーなどの作品が展示されています。結構色々あるのでここだけで1時間くらいは観てまわれるかな。

さらにもう1つ、光の美術館というのもあります。
DSC_0529_enc.jpg
設計は安藤忠雄 氏によるもので、人工照明が全くなく自然光を生かす設計となっています。中は抽象画などがあり10分くらいで観られる内容です。

こちらは日本画家の梅原龍三郎のアトリエを移築してきたもの。
DSC_0502_enc.jpg
吉田五十八による設計で、サポーター会員になれば中に入れるようです(会員以外は窓から覗く感じになりますw)

こちらはルオー礼拝堂。谷口吉生による設計です。
DSC_0486_enc.jpg
中にはルオーによるステンドグラスや版画が展示されています。白樺派の美術館に相応しい施設ですね。

他にもエッフェル塔の階段や木の上にある茶室など様々な建造物があり、美術だけでなく建物も面白い施設となっています。あまり知られていないように思いますが、オススメの施設です。


清春芸術村のすぐ近くには北杜市長坂郷土資料館というのもあります。
DSC_0418_enc.jpg
ここは地元に関する資料展示をやっているようです。

さらに長坂駅方面に300mくらい行くと一般財団法人アフリカンアートミュージアムという施設もあります。
DSC06572.jpg
アフリカの彫刻作品などがあるようで、非常に興味を惹かれるのですが入ったことはありません。この辺の移動はキロ単位なので時間との戦いだったりします。


ということで、北杜は個性的な美術館が多く集まっています。東京からは結構遠いですが、青春18切符などで訪れると日帰りで丁度いい距離だったりします。 景色も美しく都心よりも涼しいので夏に出かけるのがオススメです。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
2位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。